« オスよりメスがよろし | トップページ | 昨日の道頓堀 »

2020年1月24日 (金)

見ているだけでうっとりするケーキ



     

   「枕木の下に川あり冬桜」
            
(季語/冬桜・冬)

 

Img_6273

明星氏がこちらへ帰っていて、大阪に出たときにケーキを買って来てくれました。
「ここのケーキ、マダムに大人気らしいで」


なんか、垢抜けしてる。
東京のお菓子屋さんのん?
明星君な~んか、東京に染まってるし
大阪の百貨店も最近、油断ならん。魂は売ったらあかんえ!
いやいや大丈夫
伊勢丹追い出してルクアにしたのは大阪のおばちゃんや!!

天童よしみちゃんも歌ってる
「負けたらアカン♪ 東京に♪」

・・・・

明星氏が東京へ行くとき、ひっちゃん(我が夫)がキッパリと言いました。
「ええか明星。東京弁になって帰ってきたら、この家の敷居は跨がせへんぞ!」

なので、こちらへ帰ると
「わらっかしょんな。」「やっぱ、ひらぱ~やな」・・と意識的にご使用。


明星氏、隠しきれずに、ケーキで尻尾を出しよったな。

え?エーデルワイス??
そうか。そうか。神戸の?ふんふん。さすがやね。

四季に合わせて季節限定のケーキしか作っていない?
それって「和菓子」のコンセプトやん!!(上機嫌)


ほな。早速いただきましょか。
お仏壇に10秒程おそなえしましょうね。

で。私がいただいたピンクのほう。
御銘を「ふゆさくら」といふそうです。

無茶苦茶 美味しかったです。

2019winter_slice_031
(画像はHIBIKAのHPより)



このケーキを食べた翌日に彼は突然
「そうだ!京都へ行こう!」とJR西日本のキャンペーンみたいなことを言いだしまして
嵐山へ行ってきたですよ。
パーキング2000円やで!ビビるわ。
ぼったくりやな!いっぺんイワさなあかんな

(いいぞ!関西弁 

「冬桜」は「寒桜」とも言われますが語感的にはFUYUSAKURAの方が好きです。
「十月桜」「四季桜」「緋寒桜」・・と交配の種類により色々種類があるそうです。

嵐山で見つけた冬桜。小ぶりな木に薄い色の一重の花が満開でした。
寒い季節に咲くその花は、健気であはれで、楚々とした風情でした。

誰かさんみたい? いや~ん恥ずかし ぽっ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« オスよりメスがよろし | トップページ | 昨日の道頓堀 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

甘いものが好物で
ケーキ・饅頭・カステラ良く食べましたが
ここ一年ほど口にすることは少なくなりました。

何でか~~っ!
血液検査でひっかかったからです。


「骨壺と林檎並びて居待月」

季語はありませんか?
居待月は好きな言葉ですが
毎月訪れますもんね^^

投稿: オペラ | 2020年1月26日 (日) 16時10分

君は怒ってるだろうか
泣いているだろうか
風となり見守ってくれるだろうか

「林檎より 小さき骨壺 笑ってる」

投稿サイトじゃない?
ガチョーーン!

投稿: オペラ | 2020年1月26日 (日) 19時05分

★オペラさんへ
残念です!
オペラさんの御句が・・ではありません。
ワタクシなどが到底及ぶべくもない遠大な世界。
読み切れないのが本当に無念であります。

甘いもん。リラックス効果があるそうです
御障り無き程度に召し上がって下さいね

投稿: おたま | 2020年1月27日 (月) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オスよりメスがよろし | トップページ | 昨日の道頓堀 »