« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月28日 (土)

ではでは



今年のブログ納めです。
今年も覗きに来てくださった皆様ありがとうございました。
なんだかんだと、今年の九月でブログ開始から10年が経ちました。
アホアホな日々をアホアホしく書いてるだけやけど
最近は自分の弱り具合をチェックするのにとってもいいです。
どこが弱ってるねん!それが弱ってますねんがな・・・

 

以下、ことしの総括

年明け早々、がん検診でひっかっかる
思わず遺言書作成サイトをググりましたがな。
 「検診の結果良かりし黄水仙」

 

今年最大のできごとは「おたま家二二六騒動」でした。
葬祭屋の暦通り、ことしは「人のために動き回る」星周りだったのね。
 「春暁の山の端に月ケトル鳴る」

 

今年一番うれしかったことはちょっとしたところでちょっとした評価をいただいたこと
俳句でんがな。はずかし・・
「この人に読んでもらいたい評をいただきたい」とその一点だけで集中したのでね。
 「暗闇に瀬音のふたつ蛍狩」 ⇐出した句ではない
私だけの発見。言葉。初心忘れずやね。

 

今年で終わりかなあと言いながら海外旅行も行った。小さな旅もした。
 「小説の駅に降り立つ麦の秋」

 

幼馴染の京子ちゃん二回も逢えた
 「春光や話すに首を傾ぐ癖」

 

毎月の吟行と句会。楽しいからいいじゃない!
 「葉桜や膝に分け合ふ菓子いろいろ」 

  

 
ブログ上のお付き合いではお別れもありました
3月には「風のフェリシアさん」
淡い交流の中に深い思索の機会をいただきました。


昨年のスマイルさんに続き、古くからここを応援して下さっていた
「ダンボさん」
爽やかな5月の風の中、ダンボさんを慕う大勢の方に見送られた旅立ち。90歳でした。
「楽しみにしてるよ。blogつづけてや!」亡くなられる数週間前にもコメントをいただいていました。
(ダンボさんお元気ですか?と聞いて下さる方があるので、ここにお知らせします)

Img_6198

 
「貴女は人に恵まれてる」とお母ちゃんがいつも言ってたわ。
ほんまです。
年の瀬に、こんな気持ちになれて うれしうございます。

では。 今年の 納めの句をば

 

     「大阪の光の海をコート着て」 

女おたまよ どこへ行く~~~~

 

来る年が皆様にとって幸せでありますよう
お祈り申し上げます。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2019年12月27日 (金)

ハッシャバイ



ジャズのスタンダードナンバーで好きなのは?と聞かれたら
↑ この Hush-a-bye か エロル・ガーナの「ミスティ」


ロマンティックなメロディが心地いいのは勿論だけど
幼い頃、きっとラジオから繰り返し流れていたこれらの曲が、アタシの脳のエエ気持ち分野に刷り込まされているのだと思う。

おやすみ よいこよ
泣かないで
ママはどこにも行かない

赤ん坊の時代は長くない
大人になってもママは傍にいるわ

優しい天使の夢を見て
おやすみ よいこよ
泣かないで

 

そして Hush-a-bye といえば旗照夫さん
ずっと、外国の歌手が歌っているのだと思っていた
音色や声の響きが、子ども心に日本人とは思えなかったのだろう。

今月に入ってからだったと思うけど新聞で旗照夫さんが亡くなられたことを知った。
1959年にスタートしたNHK[おかあさんといっしょ」のレギュラーメンバーだったとあった。
そうだ!「ハタハタ坊や」といってたっけ・・
母に「このひとアゴがない・・」と言ったっけ・・
その時、Hush-a-bye を歌っている人だと聞かされ
アタシの頭の中はパンクしそうなくらい大混乱に陥った。

 

スタンダードジャズの楽しみ方は色んなアーティストの聴き比べが出来ること
色々な個性のミュージシャンがオンリーワンの世界を展開する。

森サカエさんのYouTubeを見つけた。やっぱりラジオできいていたのかな、なつかしい。
子どもの頃には分らなかった魅力が・・・うまいなあ。
懐かしくて温かい・・なんだろこの「音色」

朝から時雨・・ゆっくりと Hush-a-bye の聴き比べをしてみませう。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2019年12月26日 (木)

年末恒例行事



我が家でのXmasパーチーとドンジャラホイのXmasコンサートが無事終了しました。

クリスマスの飾りつけを(あたくしが)出して飾って片づけて
クリスマスのおご馳走を(あたくしが)作って
声を枯らして(あたくしが)歌いました。

やってられねえ・・
人間には二つ種類があって、
いつも、いつだって、いつまでも「お客さん」
と「お客さんじゃない人」
に分けられるのではないかと思ふ。

Img_6180
アナとトナカイのスヴェン(好物は人参)となぜかパンダ
 

コンサートは某建物の吹き抜けの玄関ホールでやるアットホームなこじんまりとしたものです。
70人も入ればいっぱいなのですが去年の倍くらいのお客様がありました。
プログラムも足りなくなるくらいの大盛況でした。みんな笑いたいのね。

内容につきましては、反省すべき点は反省して次につなげたいとおもいます。
でも「この音出ないから(あるいは、とれないから)貴女お願いね、おまかせしちゃう  」なんて客人は
ホント、心を入れ替えて欲しいと思います。
がんばれよ!がんばってくれよ!
「お客さんになれないタイプの人種は」音が取れるまで努力してるねんで 
誰だって、口パクで済む物ならすましたいわい!どんなグループやねん 

 
子どもに大人気の「パプリカ」が始まりました。
なんと、ヨカちゃんが舞台に出てきました。決してワタクシの仕込みではありません。
つられて少し大きなお姉ちゃんたちも出て来て大変盛り上がりました。

それまで最前列で「おたまさん!がっばって」と必死の形相だったので
ここはひとつ自分がやらなきゃと思ったみたいです。けなげ。

・・・・

そんなわけで、年末行事が無事終了。
髪もかわゆくカットしてきたし、年賀状も投函したし、
お正月用のみんなの肌着も買いそろえました。

早くこいこいお正月

その前に、掃除とおせち・・・

なんか、今ごっつ疲れております。燃え尽きたのかも・・

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

お年賀状欠礼



それにしても、京都!
なんでこんなに住所が長いん?
京都市○○区 ここからが長い
例えば紫野○○○○町。とか下鴨○○町の後に漢字がまだまだ続く
町にたどり着くまでに難しい漢字が六つも七つもはいりますねん。
で、やたら京都に友人知人多い。

年賀状の話ですわ。
あて名くらい自筆で書こうと思います。やんか。
さいな!さっき出してきました。頑張りました。

Img_6157

年賀状ね、毎年毎年面倒やなあと思っています。
でも
「来年以降は皆さまへの賀状でのご挨拶を失礼させていただきます」
というのをいただくとちと寂しい。
特に、今年の年賀状の中の「本年を持ちまして新年の挨拶を控えさせていただきます」
という10歳年上の先輩からの一枚がどうしても辛いのです。
この時覚悟してはったんやろか、もうずいぶん苦しかったんやろかと、色々思うわけです。
先輩は今年の春に天国へ召されました。
律儀な人だったからね。

わざわざ、そんな挨拶しなくても別れは来るのだから
面倒だから(アタシの場合)って言わず、出せるうちは出そうって
あらためてそう考えています。

 

  「来し方の日々積むごとく賀状積む」 

 

さて。来年も元気に生きるとするか。
あ。その前に、お掃除やね。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

文句なし!



ガチャピン(ご近所友)ったらね
うちのかぐや姫ヨカちゃんのことを

まあいいじゃない。色の白いは七難隠すっていうから
ってぬかしやがる。おっしゃいますのよ。

Img_4467_20191220094101
(2019/夏)

 

全国津々浦々。一億三千五百万の国民の皆様。
どない思います?

それって どうよ
ガチャピンってね。冗談を言える人じゃないんです。
本当に生真面目。

 

よ~く考えたら(考えなくても)
それって「難が七つもある」ということだわね
ナンってなんなん? インドのパンか?

しかも・・

いいじゃないの前に「まあ」ってつきますねん。
まあってどゆこと?
なんか荒ぶるあたしを説得している体?
まあ。まあ。どうどう・・ 馬やないっちゅうねん。

てなことを、くっちゃべる昼下がり。
「おたまちゃん!早くXmas飾り出しなさいよ。ヨカちゃん喜ぶよ」

ヨカちゃんって「ナン」のこと?
いいじゃない・・っていいに決まってますやん。
完璧なベッピンさんであることに一ミクロンの疑いももって・・
ナイナイナイナイ。
さあ。頑張ってXmas飾りをだそうかい。

      
ちょっと前に、PCトラブルで凹んでいる。とご心配をおかけしていたごくごく一部の皆様へ
カスタマーサービスで調べて頂いたところ、ニフ側の不具合が判明し
修復していただきました。
やるときはやるやん という事で現在解決済みです。ご報告いたします。テンキュ。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2019年12月19日 (木)

IKEYAでお買い物



欲しいものな~んにもないんです。
お金も着物も貴方(チャン・ドンゴン)も要らない。

クリスマス ですもの
街は夜更け過ぎに雪へと変わりますねんよ。サイレントナイト
さいでんな~~そうでんな~~(ヤマシタタツロー顔怖い)

お買い物をすると気分がウキウキする。
あたくしとて、女ですもの人並みにこの高揚感はがってん承知。

無駄遣いしたという罪悪感は持ちたくない。
ウキウキするはずがウジウジしてはいけません。

と、いふことで「行けば必ずお得感」のIKEYAへ行ってきました。
云うとくけど、欲しいもの何にもないのですが・・

 
大阪駅前からIKEA/鶴浜まで、専用のバスが出ています。
45分も乗せてもろうて、片道210円。おまけに帰りの降車時には¥500クーポンをくれはります。
そのクーポン。行きしなにおくれ!って思いますがIKEYAもアホではありません。次回につなげるつもりですねん。

あ。さてIKEYAは大抵「目的があって」「車で」「土日に」「平凡一家」と行くので
人混み・混雑・疲れる・子ども騒ぐ・ゆっくり買い物でけへん。という印象がありますが
今回は、平日。ガチャピンとリュック背負っていきました。(買う気まんまん)
メタンコ空いていました。

 

では。お買い物の内訳一挙大公開です。
皆さま。何の関心も興味もないでせうが
指をくわえてごらんになってね。

   バスを降りて、まずはお向かいの「東京インテリア」へ

Img_6147 これは優れもの。
すべらないハンガー。
厚さ0.5センチと薄く何本掛けてもかさばらない。
6本組¥380(@63.3)
Img_6154

ブラウスを掛けてみました。
こんな感じです。うぷ。

ガチャピンも同じものを買いました。
もう木製のかさばるハンガー捨てる!そうです。
ガチャ子はスリッパを抱えています。
グレーとベージュ。
「あーたね、年寄の二人暮しなんだから、スリッパぐらい明るい色を選びなさいよ」と無理やりベージュを赤にとりかえっこ。
買いもしないのに、ダイニングテーブルやベッド売り場を見学したあと

さて、次はIKEYAにレッツラゴー

Img_6149 Img_6148

紙ナプキン¥199 & 二枚セットのおふきん¥129
ふきんは「お年玉お配り用」に10セットご購入
乾拭きでテレビ画面の静電気のほこりとか、サッときれいになりますよ。

Img_6151 Img_6150

これは、こうやって使うやつね
キュッと引き締まったウェストを作るためのヨガサイトを見ながら励むために買いました。
ええ。励みますとも。¥299

Img_6152 

また買うてもた一枚¥79のお皿(今回は19㎝)
今、家で使っている25㎝のは朝食のワンプレートなどにとても重宝しています。
なんてったて@79ですからね。惜しげもなく使える。
少々手荒に扱っても耐え忍ぶ健気なお皿です。
ガチャピンも6枚お買い上げ。

あとは単3・単4アルカリ電池 ¥199

 

はあ。リュックが重いぞ。
梅田まで戻り。とってもお洒落で美味しいアタクシ御用達のアイスクリームを食べました。
マダムやお嬢様に交じり、リュックのふたり。
いいもんね。気分上々だから。

 
まあね。東京インテリア・IKEYAの良いところは「内税」ってところだわね。
やられた感。つかまされた感。を持たなくて済む。
レジまで来て「え~300円以上するの?値札は275円になってるのに~もう商品戻してこようかしら・・」ともたもたしていたら
お姉さんにチャチャとレジ打ちされて「なにか?」という顔をされる不愉快さを味あわなくて済む

という話をしながら
アイスクリームに熱いエスプレッソをかけてお洒落にいただきました。
以上です。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2019年12月17日 (火)

チーター



お家のストーブで芋なんか焼いておりますと
スピーカーから大音量
昨日の竿竹屋さんではありません。

あまりにも賑やかなので〇翼の街宣車かと思いました。
よくよく聞いて見ますれば 「軍艦マーチ」ではなく
 「365歩のマーチ」の替え歌のようです。

こういう場合、水前寺清子さんに許可をいただなくてもいいのかしら?
どうも、よさげです。ご心配なく。
なぜならば、歌っているのは「警察の女性お巡りさん(たぶん)」なのですから。
国家権力のヤルことに何の、問題がありませう。
法律なんて雲古召し上がれです。

  どろぼうは 年寄ねらう
  そ~んな言葉はサギですよ

  う~まい言葉にゃ 裏がある
  み~んな声かけ いたしましょう
     ア ソレ  ワンツー ワンツー

 

有難過ぎて、涙が出ました。
ウソつきました。ごめんなさい。

笑いすぎて(お歌が)へた過ぎて 涙が出ました。
元気はつらつ。
水前寺チーターもハダシでランナウェイですわ。きっと。
ものごっついインパクトです。

Img_6112

歳末防犯パトロール ご苦労様です。
効果絶大だと思います。
我ら年寄、けっして うまい話には乗りません。

ア ソレ ワンツー ワンツー

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2019年12月16日 (月)

さおだけ、どんだけ~~



た~けや~ さおだけ~~
スピーカーから大音量。午前九時(早っ!)

少し前に「竿竹屋はなぜなくならない?」みたいな本が話題になったでしょ
どんなことが書いてあったのかしら。ご存じの方教えて欲しいわ。

4メートル 二本で1000円  って言ってます(安い!)
20年前と同じ値段       って言ってます(ほーっ)

しかし、その後に気になるフレーズ。

また 丈夫で錆びないアルミ製の竿竹・物干し台もあります

げ!
また、ってことは、その前の「4メートル・・20年前・・」とは全く別のハナシということよね。
また、ってことは「さてさて」とか「話は変わり」ってことよね。

じゃあ。4メートルのソレって何製?なんだろ。
まさかの「竹」?
だって、「さおだけ~~」って言ってるんだものね。
「竿竹」としか言ってないよね。

とうぜん 「竹」だわね。

なんか、朝から頭が混乱して痛いわ。
ちょっと、頭の使いすぎっぽい。

 

「竿竹屋はなぜなくならない」(正しいタイトルではない)図書館に置いてるかしら
読んでみたくなりました。
竿竹売りとは世を忍ぶ仮の姿で・・・
例えば越中富山の薬売り=隠密 みたいな話だといいんだけどなあ。

Img_6126

冬の恵みがてんこ盛り
この八百屋さん大好き 
140円のレンコンを買ったら80円のレンコンをおまけしてくれた。
(可愛く生まれてよかった。自分 )ハイハイ。



 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2019年12月15日 (日)

大阪府池田市・猪買いの里



今年最後の吟行へ行ってきました。

 「山裾の猪買ひの町布団干す」

季語:「布団干す」

  

上方落語に「池田の猪買い」という噺があります。
(米朝・枝雀をYouTubeでみる事が出来ます)

上記の俳句「猪買い」が判ってもらえるかなあと心配しましたが
「ししかい」と言えば「池田」
ツーと言えばカー
さすが関西の老舗句会。大方の人がローカル色に好意的でした。
調子こいて(乗って)東京の方にも提出しましたが、いかがざんしょ。
わっかんねえだろな~

  

「池田」は、大阪の北部。
(宝塚歌劇団を作った)小林一三翁により、日本で始めて「電鉄会社が開発した」新興住宅地です。

枝雀さんの枕にもありましたが、
今でこそ阪急電車で20分高級住宅地ですが
昔は大阪からトコトコ歩いて一日掛かり。
旅支度で出かける道中はのどかで主人公とお百姓さんの掛け合いが知ってる人にはよくわかる、北摂・池田の風景です。

妙見信仰のメッカである妙見山への道筋にあたり、人の行き来も多かったのでしょう
今でもR176沿いには「刃物」の店が多く残ります。
鋤・鍬・鎌・・・田畑仕事に必要な道具が飛ぶように売れたことでせう。

  

さて、主人公は冷えの病気(淋病といふ説も)にかかってしまいまして  
薬喰(くすりぐい)をすすめられ、池田まで猪肉を買いに来るわけです。
薬ったて美人女優さんが捕まっちゃったナニではありません。
いうたら、当節大人気のジビエやね。
「薬喰」は冬の季語でもあります。
・・・・・・
奥様!年の瀬のお台所仕事でもなさりながらYouTube聞いてみてください。
約30分。この演目については米朝さんの方が好きかな。あたくし。

 

まだまだ、見事な五月山の紅葉に冬の日が当たっていました。
「布団干す」は実景です。
やっぱり、吟行は楽しい。

嘱目の「商店街」はまた明日にでも・・

Img_6144 Img_6143

(へ~~。池田の子やったんや!)

 「ビリケンさん両の手で撫で冬ぬくし」

 

ビリケンさんも「地域限定」じゃな?


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2019年12月13日 (金)

オヨヨ、こんなものが・・



Img_6134

「オヨヨ」といえば「いらっしゃ~い」

 

今、話題の・・(といっても世間ってもう忘れそうになっている)
ナニを見る会(by 内閣府)

へ~呼ばれてはったんや。行きはったんや。
ええな。うらやまし。

平成18年(2006年)といえば第一次安倍内閣が出来たのがこの年の秋やから
文枝はんは小泉さんに招待されたということかな?

文枝さん・・三枝さん。
エラならはった。しみじみ。

おリボン、ガラスケースに陳列してはった。
嬉しかったんやな、やっぱり。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

今日もいい天気



昨日はご近所の屋根が霜で真っ白だった。
霜の降りた朝はお昼間が温かい。
福井さんがそうおっしゃてました。


福井さん。ご存じ?
「気象予報士」なんて資格がまだなかったころの「お天気おじさん」
気象庁にお勤めの方だったのかしらね。
独特の徳島なまりで「ばいうじぇんしぇんが北上しておりましゅる」っておっしゃてた。
今、テレビでみるお天気お兄さんはカッコ良くて、お姉さんは可愛いけれど
アタシは福井さんみたいな人がいいな。
なんか信じられる。人は見た目が100%(アタシの場合)

で。今朝もいいご陽気で。
年末までずっとこの調子らしいですよ奥様。
嬉しいです。お掃除はかどる。
人って年末になるとなぜ掃除をしたがるかねえ。
と、思いながら
アタクシもお皿やお茶碗をぜ~んぶ出して食器棚拭いています。

Img_6024
(海芋/カイウ って今頃咲くのね)

今週はクソ(失礼!)ほど忙しいけれど、これを乗り越えるとちょっと落ち着く。
年賀状、やっぱり書く?
出さなきゃ死んだと思われるからね。思われてもいいんだけど。


クリスマスは、もう覚悟しています。
いいんです。働きます。
その代り、アタクシのXmasコンサートに動員をかけています。
子どもさんにたくさん来てもらいたいのに、少子化でしょ。夜でしょ。
だから。サクラです。よろしく。

あ。プレゼントね。
うじうじしていないで、自分で買う事にしました。
今回の吟行は「歳末の商店街」です。
何か、素敵なものをみつけます。
ま。ぎんなんとか棒鱈とかですがね。地味。

だって、欲しいものが何もないんです。
欲望のままに生きていた、この、おたまちゃんが!です。
もう・・おしまいやな・・とおもっています。

じゃね。良い一日を!


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2019年12月10日 (火)

プレゼント下さい



クリスマスだわね。
クリスマスといえばプレゼント  

 

そうね
アタシの人生。プレゼント攻勢の連続だったわ。
もちろん、あまたの「をのこ」からだわ。
寄せては返す(返したらアカンがな)
寄せては押し来る怒涛のような・・

大きなものは車から、小さなものは 落ち葉まで。

・・・・

「詩」を貰ったことがあるの。
男子って恋をすると「乙女」になるんだわね。
あれは、19の春だった。
一つ年下の男子がね「朝日と夕日どっちが好きか」と聞くので
あたし、その年になるまで早起きして朝日なんか見たことないから「夕日」って言ったの
・・・・あ。この話長くなりそうね (端折ります)

というわけで、「詩」をもらった。
ついでにギターを弾いて歌まで聞かされた。歌ってくれた。

アタシ。思ったわ。プレゼントなら・・
目に見えるものの方がいい。
形にしてくれぃ!って。

おっといけない。サイテーな女ね。
アタシの好感度が急落だわね。最初からそんなもの無い?
じゃ。続けるわ。

別の人からも「詩」をもらったの。
男の人って「詩」が好きなのね。


日本海に向かって泣いているみたいな内容だった。
自分の事を覚えておいてほしいって。
ごめん。さっきまで忘れてた・・・。
あはは。笑い事やないっちゅうねん。

やだ。やっぱり、あたしの好感度だだ下がりね。

心配しないで、あたしだって泣いたことあるんだから
人生、お互いさまだわよ。

Dsc05443
(よっ!まいど!)

夫に貰った最初のプレゼントは「卓上扇風機」と「ゴキブリホイホイ」だった。
ロマンチックのかけらもない。
それと、自分が歌って、それを吹き込んだカセットテープを渡された。
あたしって、よっぽど、歌を聞かされる宿命なんだわね。

しかも、そのとき彼は、友達でもなんでもなかった(思い出したら腹が立ってきた)

「俺はおたまに弱いんだ」とか、歌詞に出て来る名前がみんなあたしになってるの
お母ちゃんと二人で聴いてお腹抱えて笑っちゃった。
「エエ子やんか」と母は言った。

ま。そんなことはどうでもいいけど、

クリスマスね。
サンタのおじいさんは良い子のところにしか行かないらしいから
ムリねアタクシ・・・こんな性格じゃ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2019年12月 8日 (日)

聖なる調べをチャペルにて



友人の、お連れ合いが出演されるコンサートに招待されました。
「専制」と「横暴」の極み(アタシが言ってるのではない)
妻から「暴君」と呼ばれているご主人様ですが
学生時代から鍛えた素晴らしい声の持ち主です。
今回は混声合唱で「祈りの歌」を中心にしたチャペルコンサートでした。

Img_6097

この教会では色々な事件が起こる。
こないだも、殺人がらみだった・・・
そそ。前回は「科捜研のなんたら・・」だったかしら
テレビドラマの話です。

クラシックな外観、内装が素晴らしいこの教会はたびたびドラマや映画の撮影に利用されるそうです。

 
教会の創立が明治3年。
来年は150周年にあたります。
明治3年ってあーた。
つい昨日まで「江戸時代」
江戸時代ってあーた。
キリスト教ってご禁制じゃなかった?

大阪市内にはこういったレトロ建築が「探せばある」
礼拝や集会はどなたでも出入り自由なので,機会があれば訪問されては?おすすめです。

 

ただし「祈りの場」ですのでね、
男性は「脱帽」お願いしますね。その下の被り物?ご自分で判断なさって!
聖堂内の飲食はだめですよ。

この日もお祈りの卓にペットボトルを置いていたり、ひざまずくところに土足を乗っけてたり
あたし。いちいち注意してやったわよ。(もちろん小さな声で)
上等です!おせっかいと言われようが、小姑といわれようが。
いいもんね~~~

クリスチャンの友人に聞くと、最近はお祈りの時、ひざまずかないそうです。
でも、ここはさすが、古い教会。ベンチは「躓き台」のあるタイプでした。

 

コンサート。素敵でしたよ。
練習不足と謙遜されていましたが、歌える方ばかりの集団なのでたっぷりと堪能させていただきました。
アンコール曲はグノーのアベ・マリアでした。

Img_6099

友人は「も~ほんとに~」とか言いながらいそいそと
嬉しそうに「暴君」のお世話をされていました。
ごちそうさま~~

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

みんなついに・・・



10年以上続いていた呑み会が、アコさんの大病で中止になって、もう何年になるのかな。
トシちゃん宅は我が家から南に1・5キロ。アコさんちは北に2キロしか離れていないのだけど
毎月の例会が無くなると、顔を会せる機会も少なくなり
前回出会ったのは一年半もまえ、アコさんのご主人の初盆にお線香をあげに行って以来でした。

  

昨日は本当に久しぶりのお食事会
山奥の「そんなところにこんなお蕎麦屋」へ行ってきました。
一組限定の予約が入っているのを
「がんばって!」とおそばを打ってもらい強引な予約。

  

何も知らなくてごめんね。

トシちゃん。未亡人100日目なんだって!
聞いたのはほんの1週間前。
三人ともwidowになっちゃったね。と、しみじみ。

Dsc07690


ただでさえ、おしゃべりのトシちゃん。
この日は倍ぐらいしゃべった。
そして、泣きに泣いた。蕎麦喰いながら。
いいのよ、だからこのお蕎麦処を選んだの。
いいところでしょ。お蕎麦も美味しいし。


  

「おたまちゃんって、しっかりしてたよね。あの頃。あたしはダメだわハゲシク落ち込んでる」
と蕎麦喰いながら・・泣きじゃくる。
トシちゃん、ああ見えて情の深いひとだから・・・。
中東の危険な国に単身赴任しているお父さんに、離婚届を送り付けたことなどすっかり忘れて
落ち込んで、しょげ返ってる。

大丈夫!元気を出して・・
今はそうとしか言えないけれど、大丈夫!ってアコさんと二人で慰める。
  

帰りに家の近くのお花屋さんに寄る。
頼んでいたお花は期待以上に美しくアレンジしてあり嬉しかった。

トシちゃんまたまた(´;ω;`)ウゥゥ泣く。

ゆっくりと素敵なお部屋で過ごさせてもらい、たくさん話を聞いてもらい
良かった。と又、泣く。

そうや。泣いたらエエねんよ。と二人で慰める。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

オオアリクイ未亡人



ブログ作成する時、1・2回、下書き保存をします。
特に写真を入れる前なんかね。

3.19のココログ改訂以降、何となく(こちらの一方的な)信頼関係が希薄になり、こまめに下書き保存するように心がけています。
(折角書いたのに途中で消えちゃって泣いたことがおおあり名古屋です)

で。その時に「タイトル」と言うのを入れておかないと
「何してるねん。タイトル入ってへんやないか!」と言われるので
とりあえず、「仮」で入れておきます。「あ」でも「う」でもいいんです。

 

きのう、そんなわけで「太もも 思う」と、「仮」に入れて
で。うっかりそのまま「投稿」しちゃった。

たくさんの方が見に来られたみたいです。
大笑いや  
「未亡人・ふともも」に食いついたで何かを期待して下さった貴方様。
ごめんね

 

「未亡人」と言うのは、あるムキにはなかなかの「人気ワード」であるらしく
ブログを始めたほぼ10年前、(その頃のココログって検索ワードがみやすかった?)

農家・未亡人。戦争・未亡人。のインが多かった。特に不思議だったのは
カレー・未亡人。オオアリクイ・未亡人で仰山やって来られるのです。

カレー・未亡人は又の機会にお話しますが、
「オオアリクイ」の話はこうです

当時巷を席巻していた「迷惑メール」がありました。
出会い系に誘導するものなのですが、その内容が面白すぎる

29歳の未亡人。一年前に夫を亡くしています。死因は「オオアリクイに殺された」と言うものです。
なかなかでしょう?
オオアリクイに食い殺されたという発想が秀逸というか、超個性的  
スパム行為は勿論ダメダメですが、この話作った人どんな人やろ・・と


昨日のうっかりタイトルで久々に思い出しました。

  
では、このあたりで一旦、下書き保存をして、

P1

 

写真をいれておくわん。
はい。うまいこといきました。

あ。タイトルは今日はこのままです。.


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (8)

2019年12月 2日 (月)

12月に思う



カレンダーが残り一枚になりました。
スケジュールを書き込むと、なんか「真っ黒」やん 

用事を済ますだけならいいけれど、宿題とかレッスンとか準備とかがついて来る
ああ。せわしない。

新聞にいいことが書いてありました。
「せせこましくなく生きる」ことが肝要だと。
押し寄せてくるものにゆったりと構えよと。

で、「押し寄せてくるもの」とはもしかしたら自分が生み出す「思い」かもね。
なんてワタクシは思いまして、それならば自分の心次第。

あれもこれもと次々に湧く思いは、自分がコントロールすればいいだけ。
「追い立てられる」ような気持ちは自分が作っているだけ。

Img_6076
太もも、あらわでごめんあそばせ
ちっこい落ち武者がノミを取っている・・。わけないやん
お風呂上がりのY嬢です。

Img_6077

そそ。今できることを着実に。こつこつとね。

 
と、いふことで、朝からのんきなブログ書いています。

今日は一日、おこもり勉強や!何とか、カッコつけます!
あくせくあくせく


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »