« ミッチーバンド | トップページ | 昨日のボーボー »

2019年11月15日 (金)

昭和30年代に子どもだった



今月の吟行は

Img_6028こんなところにある
Img_6034
こんなところで・・・

新蕎麦(秋の季語)を食べてきました。お蕎麦のフルコースです。
メンバーの信州男子が蕎麦にうるさい蕎麦通です。
私達は奥の部屋に案内されました。
二時間ほどかけてゆっくりと料理が出されます。

  

この集落に電気が通ったのは昭和36年。
昭仁皇太子と正田美智子さんの結婚が昭和34年。
なのでミッチーバンドが大流行したころ、ここはランプで暮らしていたという事になります。
でもねえ、ミッチーバンドですが
こことさほど変わらぬ四国の山の子だったアイちゃん(でさえ)も、持っていたといいますから
凄い!何が凄いんだかわからないけど。

  

アイちゃんはお父さんが戦争から帰ってきて生まれた子で、二人の姉さんと少し年が離れています。
そして、たてつづけに妹・弟・妹が生まれました。
戦争で負傷したうえに病気をしたお父さんに代わり、お母さんとおじいちゃんが朝早くから野良仕事です。
学校を休むのがどうしてもいやだったので、妹をおぶって学校へ行ったそうです。
当時、アイチャン2年生か3年生です!えらいなあ。

同窓会に田舎へ帰ると必ずでるのが、
先生が教室の後ろでアイちゃんの妹か弟のオムツを替えていた話です。
独身の若い女先生だったそうです。

  

なんだかメルヘンみたいです。
のどかだった昭和30年代のはじめ

そう言えば、あたしが小学生の頃
教室に迷い込んできた犬を先生に内緒で飼ったことがありました。
あの時のクラスメイトの結束の固さ!
でもすぐにばれちゃいますよね。

結局はどうなったのか記憶にないのだけど、2~3日は教室にいて
先生が飼い主を見つけてくれた(と信じている)

  
ネッカチーフを買ってもらったら「真知子巻」にしたよね。とアイちゃん。
さすがに、そこは「わかんないわ」とワタクシともう一名は大きく手を振りました。
この期に及んでも、年の差にこだわる。うぷ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

 

|

« ミッチーバンド | トップページ | 昨日のボーボー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ〜,そんな話できてー
奈良は遠いかな?
次回は来てやー!

投稿: ヘルブラウ | 2019年11月15日 (金) 09時59分

★ヘルブラウさんへ
今度、そんな話しましょ。
こんなところにある、こんなところへご案内しますよ。
もうおかえりですか~~??

投稿: おたま | 2019年11月15日 (金) 22時14分

お父さんが戦争から戻った後に生まれた人を復員っ子って呼んでましたね~差別用語?かしら。私は母のお腹の中での戦争体験者?、人数が少なかったけどすぐ下からはすごい人数でした。真知子巻き懐かしい!そうそう幼い弟妹をおんぶして学校に来てた子も居ましたわね、まあ色々思い出させていただきました、この調子なら認知症はまだ大丈夫だわ。

投稿: パコ | 2019年11月18日 (月) 10時38分

★パコちゃんへ
お父さんが帰ってこなかった人も沢山おられたのですよね。
牛の餌がいっぱい入った籠を背負ったお母さんが夕日を背に帰って来るのを山のてっぺんから見ていた・・なんて話をアイちゃんに聞くのが大好きです。
昔は親も子どももよく働いたのですね。

投稿: おたま | 2019年11月18日 (月) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミッチーバンド | トップページ | 昨日のボーボー »