« 昨日のボーボー | トップページ | ママがサンタにキスをした »

2019年11月20日 (水)

垣根越し



お隣とは35年のお付き合いです。

子どもさんが居られないのでうちの二人の息子をそれは可愛がってくださいました。
バレンタインにはチョコ。クリスマスには決まって小っちゃなプレゼント。
其々が18歳になるまで、欠かさずいただきました。

初めてのお給料で平凡氏は何かを贈ったみたいやけど
明星氏はナッシングだよ。
赤ん坊だった彼の方が山ほど可愛がってもらったのに!

時々遊びに来ておられたお母さまは101歳になられたそうです。
じゃあ、あのころ66歳だったのね。
「きれいなお母さんやったね」
「ありがとう」

あたしは賢いのでここまででやめておくけど
匿名希望のガチャ子は
「きれいなお母さんだったわね。若くてどう見ても、姉妹にしか見えないわね。」
そこでやめておけばいいものを・・
「どっちが親か娘かわかんない」
と、言っちゃうんだよな。

一人だけをほめておけばいいのにねえ 

それほど、きれいなお母さんだったということなんやけどね( ´∀` )

お隣の奥さんは8歳年上なんだけど
アタシの事を「お母さん」って呼びます。
ご近所に古くから住む方(たいてい一世代うえ)も「お母さん!」

これは、ウチに「おばあちゃん」がいたからです。
そう言えば、新興住宅のこの辺りで「姑と同居」は少なかったかも。
おばあちゃんは「おたまちゃんが可哀想」と言っていました。
えへ。どうだったんでしょね。

 

ご近所でも(お隣でさえも)顔を合わせることが少ないです。
たまに庭仕事をしていると、声を掛けられます。
草を抜きながら、子どもが小さかった頃や、おばあちゃんの思い出なんかを話します。

Dsc05281

 

「菊苗をお隣と分く垣根越し」 おたま

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 昨日のボーボー | トップページ | ママがサンタにキスをした »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日のボーボー | トップページ | ママがサンタにキスをした »