« オランダ・ベルギー㉒埼玉・羽生市の姉妹都市です | トップページ | オランダ・ベルギー㉔美食・芸術ブリュッセル »

2019年10月 8日 (火)

オランダ・ベルギー㉓ディナン



Img_5608
ディナン:シャルル・ド・ゴール橋
Img_5499
橋の上には、ポップなオブジェと万国旗。楽し気な音楽も聞こえてきます。

アドルフ・サックスという名前を聞いてピピン ときたあなた様はミュージシャンね。
ここ。ディナンが産んだサクソフォンの発明者であります。
ユーロになる前のベルギーフラン紙幣の肖像画になっていたお方です。

12世紀(うんと昔)から銅・真鍮の加工をしていたこの町で
アドルフのお父さんは楽器加工の職人さんでした。
Img_5599
シタデル(城壁)から乗ったロープウェイからの眺め
右にノートルダム寺院の塔。シャルルドゴール橋が見えます
ムーズ川。あとで45分のクルーズを楽しみます。

ご覧のように凄い傾斜です。
本当は対岸からの景色がカッコイイと思います  
奥様!だいたい地形を把握してくださったかしら?
Img_5625
ムーズ川ギリギリまで切り立つ崖。その直下に川の流れに沿って街並みが続きます。
団体ツアーではあまり訪れません。なんでや?可愛くないからね。
でも、アタクシ。個人的にはこういう街がワクワク 
築城の匠(誰がやねん)の血が騒ぎます。
アタクシが騒がなくとも、何世紀も前からここは戦略的要所であり、戦いで多くの犠牲者を出したところです。
シタデル付近にはその跡や資料館がありました(未入場)
Img_5624
城壁が築かれたのは1050年といいます。むき出しの岩肌を背に立つノートルダム寺院は、それゆえに力強さと荘厳さを感じさせます。
そしてこの後、教会内部に立ちすくむ(アッと驚く)為五郎たまごろうなのでありました。

Img_5601
丁度、宗教行事である「沈黙の一週間」に当たるため内部見学はムリ!と聞いていました。
しかし、現場に語らせろ(by危ないデカ)です。スムーズに入場OK
今までヨーロッパで見てきたどの教会よりも美しかったです。
光りがすばらしい。

Img_5602 Img_5606
巨大なステンドグラスを内部から見たところと
外から見たところ。この壁全体がステンド硝子の部分です

 
旅行初日からず~~~と。晴天続きです。
この時期のオランダ・ベルギーは曇りがちで霧雨多しというデータでした。
其々、自分が「晴れ男。晴れ女」と自負して
ささ。クルーズへどんぶらこ。
と。ここでハプニングなり~~~
日本からネット予約していた船が、ありまへんがな。
ぷかぷか浮いてるのはもぬけの殻船。よその船会社のチケット売り場で聞くと「ああ。あそこ、今やってへんで~」
もうすぐ出る  という船のチケットを急遽購入。無事出発であります。

水上スキーやったはりました。
この辺り、写真上手く撮れなかった

Img_5500

 
ディナンでとっても有名なのがLeff ビール これは日本でもよく見かけますね
あたしも飲んだことある  コチラも修道院ビールのうちのひとつ。
ディナンの修道院で造られていたんだ~。感激も新たにぐいと  いっぱいひっかけて
遂にブリュッセルへ向かいます。ここから1時間半ばかりです。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« オランダ・ベルギー㉒埼玉・羽生市の姉妹都市です | トップページ | オランダ・ベルギー㉔美食・芸術ブリュッセル »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オランダ・ベルギー㉒埼玉・羽生市の姉妹都市です | トップページ | オランダ・ベルギー㉔美食・芸術ブリュッセル »