« オランダ・ベルギー⑱楽しい街巡りで迷子? | トップページ | オランダ・ベルギー⑳古城や美しい村が点在 »

2019年10月 2日 (水)

オランダ・ベルギー⑲ゲント


 


ブルージュを発ち次の訪問地ゲントへ。車で50分。

Img_5391 Img_5392 わ~い。風車だよ

今日もいいお天気
(車窓から)
わ~い。跳ね橋だよ

Img_5393 Img_5396
ラッキーにも橋が跳ね上がったところを見ることが出来ました。
お船通過ちう。
 
ゲントは13・14世紀から毛織物で発達した街で、様々な建築様式の重厚な建物が見られます。
ここでの最大の眼目は聖ハーフ大聖堂の祭壇画「神秘の仔羊」です。
ファン・アイク兄弟作による15世紀フランドル絵画の最高傑作であります。
そんな事言われたってねえ。あたしゃそんな話初めて聞くだよ。
豚に真珠・馬の耳に念仏・おたまに絵画最高傑作 イエイ
 
専用車のパーキングから世界遺産の鐘楼や大聖堂まではぶらり歩きで行けるのですが
Img_5435 Img_5436 Img_5434
さてどれに乗ったでしょう?
真ん中のジャバラ付きバスです。5分で到着。
Img_5438

貸自転車で観光するグループ
街並みの素敵なゲントは大人気。
お天気良すぎる。
Img_5450_20191002163101
聖ミヒール橋からの景色は最高!
Img_5451 皆さん暑そう。
運河めぐりのボートは40分ほどで、ゲントの街を一周するそうです

Img_5453
水辺を歩こうと、下へ下りました。
橋の上でシマちゃんと「神秘の仔羊」の解説のためだけについてもらった、おじいちゃんガイドさんがおしゃべり中。
ガイドさんホントはパーキングからここまで徒歩で説明したかったのだけどブルージュで懲りた散々歩いた、我々がバスを主張!
帰りは17番に乗るんだよ~ととても心配して下さいました。
 

大聖堂は素晴らしかったです。
あたしみたいな豚子  と違い、今回この祭壇画をとても楽しみにしていた仲間もいるわけで、
お国を発つ前にカラーコピーしてきた祭壇画を配ってくれて解説もいっぱい。(ガイドさん要らんやん)
Img_5422
説教壇の脚の部分。す・・ごい。
Img_5424
この先に祭壇画が・・おっとその前に
Img_5427
レプリカにて解説を受ける。半分開いた状態。
実物は撮影禁止。600年以上前とは思えない鮮やかさと、驚かされるのはその精緻さ。ここでしか鑑賞できないとなれば、なんかメチャありがたかったです(単純)

まあ。今日のところはこれくらいにしとくわ。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« オランダ・ベルギー⑱楽しい街巡りで迷子? | トップページ | オランダ・ベルギー⑳古城や美しい村が点在 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オランダ・ベルギー⑱楽しい街巡りで迷子? | トップページ | オランダ・ベルギー⑳古城や美しい村が点在 »