« オランダ・ベルギー⑭次いってみよ~ | トップページ | オランダ・ベルギー⑯ブルージュ屋根のない美術館 »

2019年9月28日 (土)

オランダ・ベルギー⑮ブルージュ到着



オランダは九州くらいの大きさですが、ベルギーはそれよりも、ちっこいんですよ。
オランダは本名(?)ネーデルランドといいますが、ベルギー
ベルジャンって呼びましょうね。と日本の教科書が変わるらしいです。
ジャパン・ハポンでなくニホンて言ってね・・みたいな?

でも、ワタクシ生まれて結構長く日本人やってるんですけど
ニホンなのかニッポンなのかいまだに、ようわかりません。
どっちでもエエのですかね。
ニッポンといえば「チャチャチャ」と言いそうになるので、個人的には「ニホン」と申しております(どうでもいいですね)

Img_5308
私達が最初に訪ねたのはブルージュ
街の中心に運河が流れ美しい橋が沢山架かる水の都です。
旧市街全体が世界遺産に登録されています。

Img_5278 ホテルの前にも運河が。
もう一つ先には可愛い跳ね橋が架かっていました。

Img_5390 Img_5267

こちらがホテル
オイルヒーターが設置してあります。
冬は寒いのね。
ブルージュでは2連泊しました。
ホテルといえば、ベルギーでは宿泊税というものが課せられます。(大坂でも始まったっけ?)
一人一泊いくら・・と決まっていれば話は早いのですが、ホテルのランクや場所によりさまざまです。
5日分で9.5€だったかな。

 
奥様!ベルギーと言えば何を思い浮かべられますか?
チョコレート・ビール・ワッフル・・・いやですわ食いしん坊ね。
産業革命・三国同盟なんてすっかり記憶の彼方ですわよね。
アタクシが真っ先に思い浮かべるのは、オードリー・ヘップバーンです。
ベルギーは立憲君主制、王様の国。「ローマの休日」の王女様はベルギーから来てたんじゃないの?って思っています。
グレゴリーペックと佐田啓二の見分けがつかなかった幼いころからず~~~とそう思ってきました。

Img_5271 Img_5273 Img_5274
Img_5272 ベルギーで美味しいもの。いっぱい食べさせてあげるさかい。
と、なだめられ、なぐさめられて
遂に美食の国へ
(ベルギー最初のディナー:フェタチーズとクルトンの入った大きなサラダ。
ポークフィレwith野菜・ポテト。フルーツサラダwithアイス)

ビールはウーガルデンの白ビールです
グラスは人気のジュピリャールビールの絵ですが  

うまうま(旨)だ~~ びみびみ(美味)だ~~~

 

ベルギーの国旗 =力 =充実 =勝利
日本の国土の1/12の土地に1000万人の人が住むカトリックの国
この国は三つの国語をもっています。オランダ語。フランス語。ドイツ語。
色んな国と結びついてきた歴史によるものでしょう。
言語で棲み分けが出来てるのかどうかちゃんと聞いてこなかったのだけど興味のある方は自力で調べてね。
(フランダース人はフランダース語をしゃべると言ってたから)
言語の壁ってないのかしらね。
多言語であるという理由だけではないと思うけど
首都ブリュッセルはEUの中心的な役割を果たしています。金融・通信網・政治・・それらの核となる都市なのです。
我々が行ったころは丁度、英国のEU離脱問題で喧々諤々の議論がなされている最中でした。
英吉利。残っといたらエエのにな。

Img_5336_20190928115501
今日もいいお天気です。
ギザギザの屋根。17~18世紀。ギルド建築

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« オランダ・ベルギー⑭次いってみよ~ | トップページ | オランダ・ベルギー⑯ブルージュ屋根のない美術館 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オランダ・ベルギー⑭次いってみよ~ | トップページ | オランダ・ベルギー⑯ブルージュ屋根のない美術館 »