« オランダ・ベルギー⑤運河のほとり。アンネの隠れ家 | トップページ | オランダ・ベルギー⑦アイセル湖畔の美しい村 »

2019年9月17日 (火)

オランダ・ベルギー⑥水と戦うオランダを実感



アムステルダムでは五つ星★★★★★ホテルに3連泊しました。

ジョンレノンとオノヨーコが「ベッドイン」で世界平和を訴えた
ホテルがアムステルダムヒルトンです。
宿泊はできませんが部屋はそのままにしてあり見学もできるようです。

我々が泊まったのは其処ではなく(どっぴゃ~) 
すぐ目と鼻の先にありました。周辺は高級住宅地っぽい。
我々のような個人旅行の一般ピープルにとって五つ星の要件は必ずしも必要ではありません。
デカイ会議室も要らないし、何か国語も話せるスタッフも必要ない。
四つ星、三つ星で素敵なホテルはたくさんある。
ただ、一定の快適さを求めるなら・・という事でそこになる。
ホテル選びは難しいですね。なんかもう行って見ないとわかんない・・みたいな。
(以上独り言でした)
Img_4958 ホールや廊下に
「持ってって!」と書いてある。
赤いリンゴを齧りながら
エレベーターに乗り込む
Img_5166 遊び疲れて帰って来るので
結局バーも使わないのよね。
Img_4851 朝食風景。
昨日、スタッフさんに「おはようございます」を教えてあげたので何回も言ってくれる。
さすが五つ★。朝からシャンパンを抜いてもらう。
「今日もナイスなスタートだね」
とウィンクしながらのサービス


 

この日はアムステルダム北部へロングドライブです。
ヒンデローベンという可愛らしい村を訪ねます。
ヨーロッパで訪れたい美しい村ベスト20に選ばれている(誰がきめるんやろ)
其処へ行くのに締切大堤防を通るんです。
全長32キロの大堤防。まさに干拓地オランダという国はオランダ人が作ったと実感させられるスケールでした。
Img_4977
(たぶんやで自信ないけど)左がワッデン海(北海につながる)で右がアイセル湖。

Img_4974

石を一個一個、人の手で積み上げる。
も~オランダ人尊敬します。
海を湖(淡水)にしちゃうねんよ。
20世紀初めの事でした。

 

Img_4984

Img_4992 Img_4993

村に近づくにつれて家並みがどんどん可愛くなっていく。
たまらん可愛さです。マーガレットとか少女フレンドに載ってたわ。

   

前記事のばんびさんのコメントで木靴からのツッカケ(サボ?)を多くの人が履いていたとありました。見てみたかったですね。
(おたま一口メモより)
オランダの民族衣装に合わせて可愛い木靴は私たちもお人形などでお馴染みですね。
ポプラや柳など、水を良く吸い上げる木は柔らかいので加工しやすく
逆に乾燥するとメタンコ(でたよ!)堅くなるそうです。
防水性があり、安全靴の役割を果たし、軽い。
今でも農家では長くつとして、多く使われているそうです。
形や柄などで地域のセンスを競い合うそうです
Img_5926

 お土産の小物
ヒンデローベンで買いました。

可愛い村の紹介は明日


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« オランダ・ベルギー⑤運河のほとり。アンネの隠れ家 | トップページ | オランダ・ベルギー⑦アイセル湖畔の美しい村 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

出ましたメタンコ❣️ラッキー回(神回みたいな)。
アンネの記事はジーンときました。
オランダ、一緒に旅して楽しんで読んでます。

投稿: 関谷知可 | 2019年9月17日 (火) 20時29分

★知可さんへ
おお!会員番号一番^^
3回に一回は出そうかと・・
ウケてるのは二人だけだったりして・・
旅日記、だんだん飽きて来る(私が)のが、いつものパターンですが頑張って書きます。

投稿: おたま | 2019年9月18日 (水) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オランダ・ベルギー⑤運河のほとり。アンネの隠れ家 | トップページ | オランダ・ベルギー⑦アイセル湖畔の美しい村 »