« オランダ・ベルギー⑪やってみてから考える?地下鉄 | トップページ | オランダ・ベルギー⑬世界遺産の風車群 »

2019年9月24日 (火)

オランダ・ベルギー⑫ハーグからデルフトへ



Img_4853

ホテル猫  のお見送りを受け、
本日のスケジュールは少々きつめ。
首都ハーグでフェルメールを観たあと、
焼きもので有名なデルフトに立ち寄り
あわよくば、キンデルダイクの風車群を見て
国境を越えて
ハンザ同盟の主要都市ブルージュへ入ります。

  

ハーグはアムステルダムから車で1時間くらいでした。
女王陛下が住む政治の中心地です。
政治・外交機関が集まり、確か小和田恒氏のハーグ駐在中に雅子さんが(遊びに)来はったのよね。
女王陛下が自転車で街へ買い物に出かける。そんなカジュアル過ぎる皇室をどう思われたかしら?

Img_5179 Img_5177
16世紀に国家が成立してずっと中心地
ビネンホフ(国会議事堂)はもともとホランド伯のお城だった。
朝は雲が多いけれど今日も 晴れの予報です。
城門をくぐるとマウリッツ美術館があります。



Img_5189
いつも貸し出されている「真珠の耳飾りの少女」がラッキーなことにいらっしゃいましたよ。
Img_5183 Img_5185
マウリッツハウス王立美術館へは開館を待って入りました。
(みんな上着を着てるでしょ。朝は13℃くらい
やっと皮のジャケットが役に立つ。お昼は27℃になる)
中はご覧のように宝石箱のように美しい小部屋が1・2階ともに7つ。
我々は真っ先に大人気の耳飾りの少女の部屋へ・・
こんなに独り占めしていいのかしらと思うほどゆっくり鑑賞できました。(13.5€≒1660円)

  

Img_5213 Img_5209 Img_5210
ランチレストランのチャーミングなお姉さんがいっぱいポーズをとってくれる。
見た限りこの国のタトゥー率は半端ない。
そそ。ここで名物えんどう豆のスープが出た
メインはパンケーキ。見た目の質実剛健さも半端ない。
中にクリームソースにまみれたたっぷりのハムとチーズが入ってる。
美味しいよ。流し込むには水代わりのハイネケンは持ってこい。
デザートはアップルパイ。見た目も味もザックリと美味。写真?もういいね。



ランチの後デルフト
ここはフェルメールが生まれ、暮した街。
伊万里の影響を受けたと言われるデルフト焼で有名です
Img_5909 あたしも一個。
記念に(10€≒1200円)
キャンデーとか載せたらいいんでないかい?

デルフトはゆうたら「嵐山」やね。
観光客が半端ない。
人人人。街の中にパーキングがないから大変。少し遠くに車を置いて歩く。
せっかくだから、フェルメールが愛したという水路沿いを歩く
Img_5242 

なんか、きちゃない。

Img_5239
でも。めげない。

マルクト(マーケット)広場は今日は何だったのだろう。お店がいっぱい出ていて、教会までたどり着けない。
人人人もあるけど、出店をちょこちょこ覗くからね。
お陰さまで真綿嬢に頼まれていた
「オランダの民族衣装に使うっぽい可愛い手芸用テープ」を購入
1mとか1.5mとかに切ってもらう。おまけしてもらう

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« オランダ・ベルギー⑪やってみてから考える?地下鉄 | トップページ | オランダ・ベルギー⑬世界遺産の風車群 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

やっと彼女に会うことが出来ましたね。
確か修復されてのではなかったですか?
キレイになり過ぎて現代的になり過ぎて・・
もっと点描が引き立ってたように思うのですが。

この絵は誰が見ても「美しい~」
「真珠の輝きがステキ」と思えるのですが、
「デルフト眺望」はその良さが素人にはさっぱりわかりません^^;

デルフト焼きがおたま家に・・なんやカルメラ焼きみたい^^;

投稿: オペラ | 2019年9月24日 (火) 21時26分

★オペラさんへ
カルメラ焼き^^
「デルフト眺望」は絵を見ながら美術ガイドさんに詳しい解説や絵の見方を教えていただきました。
絵の中の嘘と真実。何時何分頃の景色か。また鐘楼が工事中であることから日付(期間)まで特定できるそうです。なぜ人物が書かれているのか、考えられない「影」・・・等
大変熱心に説いて下さるので興味を持たずにはおれません。
かれはデルフトを愛していたことは間違いないと思います。

投稿: おたま | 2019年9月25日 (水) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オランダ・ベルギー⑪やってみてから考える?地下鉄 | トップページ | オランダ・ベルギー⑬世界遺産の風車群 »