« オランダ・ベルギー⑮ブルージュ到着 | トップページ | オランダ・ベルギー⑰ハイライト運河めぐり »

2019年9月29日 (日)

オランダ・ベルギー⑯ブルージュ屋根のない美術館



我々の旅の一番いいところは「のんびり・ゆったり」というところです。
多くの旅行社のツアーなら半日で回るところを一日二日かけて回ります。
なかなかいけないマニアックな場所や辺鄙な村にも行きます。
みんなが公平に高齢化してきたので、こんな旅でちょうどいいのです。

Img_5367

 

ブルージュの一日目。午前の半日だけ現地のガイドさんをお願いしました。
この方があまりにも、親切で熱心でした。
3時間の間に持てる力を全て発揮しようという勢いです。
Japaneseにいっぱい話したいことがあるんだ~~~。
Img_5275
今日も 観光日和です。

Img_5323 Img_5324

Img_5309 素敵なガイド・ヨハンさん。リュックの中は資料でいっぱい。これ全部しゃべるつもりらしい。
右の建物:ブルージュで一番古いチョコレート屋さんだった。
様々な建築様式の混在している古い街を「ここが、ロココ、こっちがネオゴシック」と説明を受けながらブルグ広場へ

Img_5287
(ブルグ広場にある市庁舎。隣に聖血礼拝堂があります)
Img_5298
(オランダではみる事の無かったカトリック教会)

3時間の行程は
ホテル⇒ブルグ広場(市庁舎・聖血教会)⇒マルクト広場⇒運河クルーズ⇒聖母教会⇒ベギン会修道院⇒マルクト広場へ戻る
となっています。
「ベルフォート(鐘楼)?登りたい人は後で行ってね」(byヨハン)
運河クルーズに我々を乗っけて契約終了だった彼はきっと我々を気に入ってくれたのでしょう。ランチまであちこと連れ回して案内して下さいました。おかげで中世の面影の残る路地や石畳。普通のお家の中庭まで・・・ありがとうございました。
Img_5369
stoof straat と看板にあります。
ストイーフストラーツと読むのかな?英語読みでストーブストリート
人々が愛を暖めあうところ 
でも、やってくるのは多くの場合、寂しがり屋の愛を暖めて欲しい男性 
生真面目なヨハンさん、説明しにくそうでした。
Img_5368

ヨハンの後ろを、疲れ切って歩くHちゃん。
ガンバレ!もうすぐランチだ!


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« オランダ・ベルギー⑮ブルージュ到着 | トップページ | オランダ・ベルギー⑰ハイライト運河めぐり »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オランダ・ベルギー⑮ブルージュ到着 | トップページ | オランダ・ベルギー⑰ハイライト運河めぐり »