« ボーッとテレビを見る | トップページ | プリーズ・プリーズ・ミー »

2019年7月 8日 (月)

幸せだった話をしてください



子どもたちが子どもだったころ、私は働いていました。
上の子は生後8週間から市役所に紹介された保育ママに預けました。
(保育所の待機児童問題は今もあまり変わっていないようです)

下の子も保育所に通いました。
小学校にはいり
其のころは夫の母が家に居ましたし、
六歳上の兄がそれはもうよく面倒を見てくれたので彼の放課後のことはさほど心配していませんでした。

2歳ごろから何処にでも兄にくっついて行き、
兄の友だちの家。公園での野球。なんにでも仲間に入れてもらっていました。

Img_0590

ある日、バスの中から天然パーマの小さな男の子が見えました。
停留所の柵に体を預け、遠くからやって来るバスを見ています。
背伸びして首を伸ばして、バスの中を確かめているようでした。

私は降りるのももどかしく、バスのステップのところから
大きな声で
「明星ちゃん!待っててくれてたん?」といいました。
「うん!」
バスの運転手さんがニコニコ笑っておられました。

兄とは生活時間が異なるようになり
この日はたまたま、遊び相手がいなかったのでしよう。
彼は小さい頃から、お兄ちゃんさえいればいいというふうでした。
私もそれに甘えていたのかもしれません。

明星氏。6歳。ちょうど今頃の夕方のことです。

幸せだったはなしを。という事で
あの時の彼の姿を思い出しました。
    


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.

|

« ボーッとテレビを見る | トップページ | プリーズ・プリーズ・ミー »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

雨降ってなかった?
雨の停留所でバスを待ってるトトロの一場面を思い出しました。あんな田舎じゃなさそうだし、昭和30年代でもないけど、親の帰りをバス停で待つ明星ちゃん、いとおしいよね。ちょっと泣けました。

投稿: ばんび | 2019年7月 9日 (火) 10時53分

(ばんびさんへ)
晴れていましたね^^
いつまでも暗くならないような夕方でした。
彼はあまり親にべたべたせず、とにかく好奇心いっぱいで寝るまで走り回って遊んでいるような子どもでした。
口数が少ないのに思いがけず親を喜ばせてくれるのは今も変わっていないかも^^

投稿: おたま | 2019年7月10日 (水) 08時12分

名文ですね・・。
情景が鮮やかに目の前に浮かんできます。
このエッセイだけで、充分に、一本の映画になりそうです。
素適な『しあわせ』をアリガトウゴザイマシタ!!
ワタシも幸せにしてくれた、おたまさまに乾杯!!!

投稿: ぱるちゃん | 2019年7月11日 (木) 15時14分

(ぱるちゃんへ)
ありがとうございます。
照れまんがな・・(/ω\)

投稿: おたま | 2019年7月11日 (木) 16時58分

心に響きました♪
この感動を句にしたいと。(素人の怖いもの知らず)
≪背伸びして バス待つ幼児 梅雨の夕≫
「凡人中の凡人、ど・凡人! いぇ、才能無し! 皆さんと同じ句です!」
で、赤線びーっね。(>_<)
まぁ、最初で最後の句かな?(-_-メ)
おたまさん、お手本を一句詠んで下さいませ。<(_ _)>

本、読み始めたのですが、読み進む度に門が狭まっていよいよ入れなくなりました。(T_T) 鑑賞するのに参考にします!(*^^)v

投稿: 熱烈 | 2019年7月15日 (月) 20時14分

(熱烈さんへ)
わ~。凄い凄い!一作目ですね。
基本の基は「575」で作ること。「季語を入れること」です。
ちゃんと出来ておられますよ。頑張って^^
私が最初に言われたのは「恐れずどんどん作りなさい」です。とにかく⇑二つの事を守って、ノートに書きためていってください。
半年後、一年後に振り返ると力がついて行っていることがわかりますよ。
楽しみですね。( ´∀` )

投稿: おたま | 2019年7月16日 (火) 07時51分

”才能無し”の句に拘っています。
最初で最後の句ですので、、、(^^ゞ
で、おたまさんに質問!(^^)/
背伸びして バス待つ吾子や 梅雨の夕
この”や”は使えますか?
何か他の助詞は?
ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。<(_ _)>

投稿: 熱烈 | 2019年7月17日 (水) 18時21分

(熱烈さんへ)
最初で最後なんて言わずどんどん作って下さい。
「や・かな・けり」などをキレ字といいますが、これらはすぐ上の言葉を強調します。
熱烈さんの一番感動したところが「背伸びをする子ども」ですのでこれでいいのですよ。
位置ですが、中七の「や」はとても便利でこのカタチなら「俳句」になるのですが、少し上達すれば、この形に頼らなくても、表現できます。言い換えればこの形は諸刃の剣で、多用は避けた方がいいという先生もおられます。
でも、最初(最後ではない!)でちゃんとした句を作っておられると感心しています。
もしよければ、こちらには載せませんのでメルアド教えて頂ければ、もうすこしちゃんとした(いいかげんな?)アドバイスができるかも???

投稿: おたま | 2019年7月17日 (水) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボーッとテレビを見る | トップページ | プリーズ・プリーズ・ミー »