« プリーズ・プリーズ・ミー | トップページ | 父と子の距離感 »

2019年7月10日 (水)

あなたを絶賛応援します



悲しみというものは
誰とも分かち合えない。

その悲しみが誰にも分って貰えない。ということではなく
自分の悲しみは自分で引き受けるしかないということだ。

(今日は、朝から深いこと言うてまっせ!ついてきて卓袱台)

なぜならば、その悲しみは自分が作りだしたものだから・・
だから、誰にも代って貰う事はできないのだ。

ならば・・と私は考える。
この辛く苦しい時間。底の無い悲しみから抜け出すには
「悲しむことをやめればいいのだ」

 

明日に架ける橋を今レッスンしてますの。
「ボーカルレッスンのカテゴリー」の前の前に詞の内容をご紹介ずみざます。

自分にとっての身を投げ出してもいいという相手は誰なのか
考えて来てね。と言われました。

友人・恋人・親・兄弟・配偶者・子ども・ペット・
もし自分が教師なら生徒。 逆に尊敬する人や師。
人物ではなくても、芸とか技能とか・・組織とか思想

B

 

人生には困難や悲しみに立ち向かわな、あかんときが必ずあるけれど
己で始末をつける以外に術はないと思っている。

でも、困難に直面しているとき
先の見えないトンネルの中にゐるとき
誰かが傍にいてくれる。黙って寄り添ってくれるなにか・・
人でもペットでも自分自身の指針でもいいのだけど。

それが確かにあった。
と、じぶんのささやかな人生経験から確実にそう思える。
そして、自分がもしかしたらだれかの「なにか」であったら嬉しい。


この歌をレッスンしながら
あたし「激流に立ち尽くして誰かの身代わり」になんかなれないわ!
って、ずっとおもってたけど

まあ。そんな感じでエエんちゃう?
と、ゆ~るくおもふ、けふこのごろ・・・

  


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« プリーズ・プリーズ・ミー | トップページ | 父と子の距離感 »

ボーカルレッスン」カテゴリの記事

コメント

★おたまさま、
絵文字のアドバイス、ありがとうございます!、
さっそく試してみたところ、、できました!、(*^。^*)

それで、もしよかったら、ほかにもお悩みのお方がいらっしゃると存じますので、
戴いたお返事を、そのまま、ココログのサポートページに張り付けさせていただいてもよろしいでしょうか、、、

どうぞ、よろしくお願い致します、m(__)m

投稿: こつ | 2019年7月11日 (木) 08時34分

(こつさんへ)
お役に立てて良かったです。
他にも残念がっていらっしゃる方がおられるかもしれませんね。
ココログは仲間同士のサポートが有難いと思います。私の変な文で良ければお使いください。

あとは、このコメント欄にも以前のように絵文字が使えたらいいのにとおもいますね。

投稿: おたま | 2019年7月11日 (木) 16時42分

ありがとうございます!
では、ココログにコピペさせていただきます!、
m(__)m、

投稿: こつ | 2019年7月11日 (木) 19時45分

(こつさんへ)
了解しました。
ご丁寧にありがとうございました^^

投稿: おたま | 2019年7月12日 (金) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プリーズ・プリーズ・ミー | トップページ | 父と子の距離感 »