« サンホセへの道 | トップページ | 則巻アラレを考える »

2019年6月 6日 (木)

誰かヨウコさんを知りませんか?



今朝の朝刊「武士のサムライ」の文化文芸欄に
「人生の贈り物」という10回のシリーズものがあります。
今、バレリーナの森下洋子さん。

あたしが牧美也子や渡辺まさこの少女バレー漫画によだれを垂らしていた頃の、あこがれの天才少女です。
必ず、お金持ちの意地悪娘と貧乏な可愛い子が登場するのよね。
金持ち娘は札びらにものをいわせ、主役の座・オデット姫を勝ち取ろうとする。
しかし、しょせんそいつ金持ち娘は「黒鳥」の役がまわってくる。

え?違ったっけ?そんな話ばかりだったよね。

以下は2010・3・7に書いた、前ブログのコピーです。
タイトルは「少女雑誌2」

Mrg196305193

左は大原永子(のりこ)さん。そして右はバレー界の
至宝、森下洋子さんです。
なぜ、菜の花畑に海なのか意味が解りませんが、この本持っていました。(カラー劇場というのが時代を感じさせます)
おたまの計算によると、森下洋子さん15歳くらいです。

この、週刊マーガレットに「三人の天才ようこ」という特集がありました
もうおひとりは

Photo 佐藤陽子

天才少女バイオリニストとして,当時ソ連へ留学中。
大人になってからは、池田満寿夫氏のパートナーとしてTVにもよく出ていらっしゃいました。

・・・

そして、残るもうひとり・・・
もちろん名前は「ようこさん」です。小説を書く少女だったと記憶しています。
とても賢そうな女の子でした。この方、今どうなさっているのでしょう。

ご存知の方は。「あの人は今」おたま係りまでご連絡お待ちしています

以上コピーでした

(話が横に逸れるけど、他人のブログ記事を完全コピーして、自分のブログにあげているケースがあります。
私の場合、自分で気付いたのが1件。人に教えて貰ったのが2件ありました)

それでもって、本日の本題です。(忘れるところやった 

この3番目の「ようこさん」のことをどなたか、ご存じではないでしょうか。

怖ろしく昔の事なのにそのようこさんが強く印象に残っています。
写真のお顔も覚えているし、こけしを抱いたポーズや美智子さまから褒められたエピソードなども覚えています。
どんな女性になっておられるだろうな・・ってよく考えていました。
あたしより、ちょっとお姉さんのはずです。

マーガレットの創刊号から50号くらいまでバックナンバー揃えていました。
その中の一冊に載っていたと思います。

以上、あの人に逢いたいシリーズ(シリーズかい!)でした。
ご協力よろしくお願いします。

  

ヒマか?

うん・・・・。

     


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« サンホセへの道 | トップページ | 則巻アラレを考える »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

http://bit.ly/2KtzI8h 三人目は「ようこ」じゃないかもです。検索してみました。

投稿: ばんび | 2019年6月 6日 (木) 10時01分

(ばんびさんへ)
わっ・わっ・わっ!
も~~~ばんびさん大好き!!
私の勘違いだったのね。ヨウコさんではなかった^^。小さく写真がありますが、間違いなくこの女の子です。

もう懐かしすぎて涙が出ました。
そうです。創刊号は無料だったのです。
毎週。50円を握りしめて本屋へ買いに行きました。先行していた「少女フレンド」を買っていた真由美ちゃんと交換して読みました。

写真に上がっているのは全部覚えています。
牧美也子の「あにき」は両親のいない兄・妹の話だと思うのですが、望月あきらの「東京っ子」とごっちゃになっていて、タクシードライバーのお兄さんが妹の編んだ手袋をはめてハンドルを握っていて事故に遭うのはどっちだったんだろ・・・
と、また、夜も眠れない疑問が湧いてきました。

榊原ルミちゃんの「全部さしあげます」も食い入るようにみました。

週刊誌として内容も濃く。読み物も手ごたえのある社会派でした。毎週の企画大変だったと思います。少女向けの雑誌でもこんなに力をいれていたのだと、当時の大人達に感服です。

ばんびさん。ほんとうにありがとう。
ヨウコさんの謎もとけたし。きっとどこかで素敵な人生を送られたと思います。
わたしが、なぜこの人の事が心に残っていたかは訳がありまして
後年、目にすることになる「横田めぐみさん」の中学生当時の写真に面影が似ていたからなんです。
だからというわけではなけれど、ずっと気になっていました。

投稿: おたま | 2019年6月 6日 (木) 11時13分

名前がね~。私…天才じゃないし。(ばれそうだな)バレエ漫画、食いつきました。同級生でバレエを習ってる子がいたのでトウシューズに画びょうを入れられないか心配しちゃった事思い出しました。渡辺まさこって案外ホラーも描きましたね。1949年生まれなのでまだご存命だと思います。

投稿: ばんび | 2019年6月 6日 (木) 13時17分

(ばんびさんへ)
バレバレ^^
ヨウコ=天才 間違いない!

渡部まさこは1949? チッチッチ。計算が合いません。あたしが子どもの頃すでに大人だったもん。1929年生(今見てきた)ご存命みたいですね。
(どうでもいい話ですが聞いて下さい。語りたい)
一番好きだった牧美也子の漫画の中に、違うタッチ絵が入り込みようになるのね。
作者は牧美也子から「MMプロ」に変わっていて、このもう一人のMが「松本あきら」です。
ワタシすっごく嫌だった。この人がのちの松本零士です。当時は牧美也子の方が稼いでいました。今や彼はおフランスから勲章をもらう世界的な漫画家です。あたし(こたま)が気長に育ててやったと心の中でおもっています。
もう一人の「あきら」望月あきらに、手紙を出しました。ファンレターというより、「ここをこうしてください」という要望書みたいなものです。自画像を描いたお返事をもらいました。「参考になりました」って
ああ。エエ人やと思いました。
そのとき、マーガレト以外には単行本を描いています。ということでした。単行本って、貸本の事ですよね。貸本っていつの頃無くなっちゃったんだろ・・・。
望月あきらものちに「サインはV」でブレイクされますが計算すると当時25・6歳なんですよね。子どもの手紙にも真面目に対応して下さって、ほんまにエエ人です。
この二つの事は前のブログに書いたことがあります。

少女フレンドやマーガレットはそれまでの「りぼん」「なかよし」からそろそろ卒業しなきゃ・・でも「女学生の友」「美しい十代」にはまだ早いなあ・・という私世代にぴったりはまったのでしょうね。
松島トモ子ちゃんや浅野寿々子ちゃん。安田章子【由紀さおり)ちゃん。たちから
内藤洋子・榊原ルミちゃんにゆっくり変わっていきました。
りぼんやなかよしと決定的に違ったのは海外文化(特にアメリカ)の紹介だったと思います。同年代の女の子の暮らしぶりみたいな。
テレビでもパティデュークショーが始まったりしてわくわくしてみました。
記事でよく覚えているのはドリスデイの生涯。そばかすの女の子がスターになった!みたいな・・・

はあ・・きりがないから。この辺で止めます。
あたしのマーガレット熱も「別マ」がでるころはすっかり冷めていました。
牧美也子も大人読者にシフトを変えていったし、まんがそのものが「少年少女」の物ではなくなっていったように思います。

今回判った、天才小説少女の本
ヤフオクで3000円で出ていました。
この方「めぐみさん」だったのですね。
私の紐づけ(この言い方流行ってる)はそこに在ったのかもしれません。

投稿: おたま | 2019年6月 7日 (金) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンホセへの道 | トップページ | 則巻アラレを考える »