« 京都の女(ひと) | トップページ | やっと終わった、あれとこれ »

2019年6月27日 (木)

生きられなかった命。そんなんおかしいやん!



昨日、やっと、つゆいり宣言の当地。
もう来ないのかと思ってたよ。梅雨。

 

なんかね。最近しみじみ「年をとった」と思ふのですよ。

まず。いやなニュースを見ることができない。見たくない。
理不尽な事件や、特に子どもが被害に遭うのはだめ。
これは年をとった=心が弱っている。
受け止めるパワーがない。
そのせいだと自分では思ってる。

辛いニュースを受け止められない。
ちゃんと知って、怒るべきなのだろうけど、それができないのね。
新聞の見出しが目に入ると読まずに畳んで廃品の籠に入れちゃう。
テレビで虐待のニュースが流れると消してしまう。

(もっと心が弱るのを)自己防衛しちゃってる。

 

そういえば、夫が亡くなってしばらくは、そんな状態でした。
辛いニュース。怖い事件を見聞きするのが、ものすごくしんどかった。

・・・・・

   


スクールバスを待つ子の列が襲われた事件ね。
ガチャピンが来てわざわざ言うの。
「あそこの近くに住んでたのよ」「あの小学校はね・・」って
だから何やねん。あたしその話聞きたくない。って言いました。
けんもほろろね。友達失くすわ。
でも、年をとったんだから仕方ないでしょ。
ガチャ子は私よりお姉さんだけど、「あんた。若いよ。元気だよ」と思ふ。

 

昨日の判決。
何で、あの母親に執行猶予がつくのかなあ。
見殺しにしたんじゃない!と思ふ。

Dsc04843

 

アタクシ、ずっと「明朗温和素直な性格」と通信簿に書かれてた。


このブログでは好き放題に書いて・・と思われるかもしれないけど
そう、なんです。じつは。と。自分で言うか。

はあ~ヨワヨワ

・・・・・そんな梅雨入り・・・

     


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 京都の女(ひと) | トップページ | やっと終わった、あれとこれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔は母親の苦労話を隣の部屋で聞いてて密かに涙した事が何度もあり。それでいて気が強い、血も涙もないどうしようもない女の子?とみられてました。どうやって演じてた?子供の虐待はもう新聞テレビはおたまちゃんと同じく読みません。虐待したと同じことを刑罰にして欲しいと思うほど腹が立ちます。孫が出来て一層涙脆くなってます。

投稿: パコ | 2019年6月27日 (木) 10時06分

私も、こういうニュースはスルーします。 
あと、病院関連のドラマや、ルポので
特に子供のは娘のながぁい闘病生活のトラウマで
スルーします。

娘には言わないけれど
人生の一生分のエネルギー使いました。

幸い13年前に自分でめっけた人と結婚しました。

投稿: ひとみ | 2019年6月27日 (木) 11時17分

まったく同じです。
虐待のニュースになるとチャンネル変えるか消します。
一番守ってくれるはずの親に虐待される子どもが可哀想すぎて正視できません。
動物以下じゃないか。
そして虐待した親への懲役は驚くほど軽い事実。司法の判断に疑問を感じることが多いです。

投稿: anemone | 2019年6月28日 (金) 08時26分

(パコちゃんへ)
抵抗できない弱い立場の者。本来守るべき存在を・・それはもう、人間のやることではないと思う。
心が沈んでいくわ。


(ひとみさんへ)
私たちは突然おばさん(おばあさん?)になったわけではなく、一人一人がそれぞれの歴史を持っているわけで、
それ(歴史)を完璧に消化(昇華)して自分の血肉にした人が「勝者」だと思う。
何かがあって、何かがわかるんですものね。
これから先はVサインしながら生きていきませうね。


(anemoneさんへ)
昔から同様な事件が同時期に多発します。
犯罪は時代や社会が作りだす側面があるからです。
人が人間性を失ってしまう「虐待」
これは社会として末期症状です。
みっともなくて情けなくて許せません。 

己を律すること、誇りを持って生きること
そのことがこの国の人からすっかり無くなっているような気がします。

投稿: おたま | 2019年6月28日 (金) 09時46分

はい! 「サインはV」で いきます。
有難うございます。

私は、実は「よくなる教」の教祖様なんです。

、、、なぁんて書くと警戒されそうですが
信者は私、ひとり

〇〇がよくなる、を  
体の疾患がヒザだったら
「ヒザがよくなる」

ものごとがスムーズにいかないと
〇〇の部分に、それをあて

「〇〇がよくなる」
を、心で念じたり唱えたりしてます。

投稿: ひとみ | 2019年6月29日 (土) 07時19分

本当に  
つぎから次へと悲惨なニュースばかりです。

私は逆にあらゆる情報を探してしまいます。
そして、寝付けなかったり、夢見が悪かったり・・・

遠い過去に全く違う内容ですが、事件的なものを経験し、世間に対して小さく小さくなってすごし、半世紀近く経っても、心が敏感になっています。

この母親は双極性障害だったらしいです、それは、夫とのことから発症したのかもしれません。けれども、執行猶予がついたとはいえ、一生苦しむでしょうし、弟さんも可哀想ですよね。
普通の考えは、じゃあなんでと思うのが常識だと思いますが、もう、メンタルを病んでいたのだと思います。
公にも、多大な責任があると思います。

おたまさん、ごめんなさい、再燃してしまって。 
本当に生まれてきたからには、みんな愛されて育ってほしいですね。


投稿: ペコ | 2019年6月30日 (日) 00時02分

(ひとみさんへ)
昔、中国人のかたに「好意念」(ハオイーネン)と言う言葉を教わりましたよ。
良い概念を持って生きなさいという事らしいです^^

(ペコちゃんへ)
ペコちゃんの方が真摯な生き方かもしれない。私はしんどいことから逃げてる?弱虫かもね。
ペコちゃんは、詳しくは存じ上げないけれど、色々な経験をなさったようですね。
今のペコちゃんは。とても素敵だもの(長い付き合いだからわかる!)

事件だけど
かつて神経や心因性の症状と考えられてきたものが実は精神の病であったとするのは最近の趨勢、しかもこの数十年の事ではないでしょうか。双極性障害や統合失調であるかどうかの診断も治療も未だ発展途上でまだまだ不十分だと思うのです。

本物と言える精神科医。心療内科医。が今、育ちつつある段階です。

裁判の中で精神鑑定があったのかもしれませんが、
その診断を得たことで、上手く言えないけれど、なにか犯罪を犯した者が「権利」を得てしまったような。(誤解を招くような書き方をしちゃっています)
この様な大きな事件が起き「そうか!そうだったのか」とみんなが思ってしまうのはちょっと怖い気がしています。

私の知っているBIPOLARの人達は深い感受性を持ち、人の気持ちのよくわかる(判り過ぎる)そんな人間です。

投稿: おたま | 2019年6月30日 (日) 20時28分

本当にそうですね、事件をおこして精神鑑定で執行猶予になったり・・・
被害者の方は耐えられないですよね。
そこは、きのう言葉足らずで上手く言えませんでしたが、おたまさんと同じ考えです。

おたまさんに、優しい言葉をかけて頂いたら
涙腺がゆるんでしまいました。そして、温かい気持ちになりました。ありがとうございます。

でも、おたまさんの方が、もっともっと素敵です。

投稿: ペコ | 2019年6月30日 (日) 21時46分

(ぺこちゃんへ)
でへ (/ω\)

投稿: おたま | 2019年7月 2日 (火) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都の女(ひと) | トップページ | やっと終わった、あれとこれ »