« 俳句とわたし | トップページ | 京都の女(ひと) »

2019年6月25日 (火)

長男の木



おたま城の天守閣(二階のベランダ )から望遠で撮りました。

Img_4768

タコウインナーではありません。
石榴(ザクロ)のつぼみです。咲いてゐるのもあります。

 

30年ほど前のことです。
もう名前も忘れちゃったけど、ご近所のものすごく声のきれいな奥様が、
ビブラートの掛かったソプラノでこうおっしゃいました。
「お宅、ご長男がいらっしゃるでしょ?石榴は”長男の木”っていってね、この木を植えると長男が出世するのよ」

そのお宅には大きな石榴の木があり横っちょから出てきた苗木を下さいました。
ご長男様がどういう方だったのかは存じ上げないけれど、たしかご長女(お医者様)の育児を手伝うために東京へ越されて行ったのでした。

あれから30年
30センチだった苗木は3メートルになりこ~んなに花をつけました。
そして小学生だった我が家のご長男は・・・

 

いえね。
誰が言うてんねんっ!!

ってはなしですわ。
ざくろ植えたら、長男が出世するって・・・

ソプラノマダム以外から聞いたことないわ!
図書館行ったり、ググったり散々調べましたわ

どっこにも、そんなこと一行も、一ミリもみつからなかった。。

ま。でも可愛いでしょ?おはな。
秋になると実になるんですよ。

紅葉もきれいだしね。葉っぱが落ちるのが困るけど広いおたま庭内に落ちるんだから他所にめいわくかけていないっす。
とげ、とげはちょっといやね。植木屋さんに頑張って貰う。
冬は裸ん坊になります。

石榴は鬼子母神が持っているところから何となく恐ろし気なイメージがあるけれど
あれは、吉祥菓という魔除けの果物だそうですよ。

個性的な色。カタチ・質感・・・石榴を詠むのはむつかしい

 「花石榴ダンサー強く床を打つ」 おたま

 

Img_4764

おまけ
天守閣から見下ろした
あぢさゐ

ホントはもっとこんもり咲いています。

   


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 俳句とわたし | トップページ | 京都の女(ひと) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 俳句とわたし | トップページ | 京都の女(ひと) »