« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月27日 (木)

生きられなかった命。そんなんおかしいやん!



昨日、やっと、つゆいり宣言の当地。
もう来ないのかと思ってたよ。梅雨。

 

なんかね。最近しみじみ「年をとった」と思ふのですよ。

まず。いやなニュースを見ることができない。見たくない。
理不尽な事件や、特に子どもが被害に遭うのはだめ。
これは年をとった=心が弱っている。
受け止めるパワーがない。
そのせいだと自分では思ってる。

辛いニュースを受け止められない。
ちゃんと知って、怒るべきなのだろうけど、それができないのね。
新聞の見出しが目に入ると読まずに畳んで廃品の籠に入れちゃう。
テレビで虐待のニュースが流れると消してしまう。

(もっと心が弱るのを)自己防衛しちゃってる。

 

そういえば、夫が亡くなってしばらくは、そんな状態でした。
辛いニュース。怖い事件を見聞きするのが、ものすごくしんどかった。

・・・・・

   


スクールバスを待つ子の列が襲われた事件ね。
ガチャピンが来てわざわざ言うの。
「あそこの近くに住んでたのよ」「あの小学校はね・・」って
だから何やねん。あたしその話聞きたくない。って言いました。
けんもほろろね。友達失くすわ。
でも、年をとったんだから仕方ないでしょ。
ガチャ子は私よりお姉さんだけど、「あんた。若いよ。元気だよ」と思ふ。

 

昨日の判決。
何で、あの母親に執行猶予がつくのかなあ。
見殺しにしたんじゃない!と思ふ。

Dsc04843

 

アタクシ、ずっと「明朗温和素直な性格」と通信簿に書かれてた。


このブログでは好き放題に書いて・・と思われるかもしれないけど
そう、なんです。じつは。と。自分で言うか。

はあ~ヨワヨワ

・・・・・そんな梅雨入り・・・

     


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (9)

2019年6月26日 (水)

京都の女(ひと)


 


肩幅や腰回りは華奢なのに・・巨乳な先輩。(仮にK先輩と呼ぶ)
京都は御所の近くで生まれ育った生粋の京都人で今も京都市内在住。

ちょっとした連絡事項の電話を短く切った後
しばらくして再度ベルが鳴りました。

   

「わざわざ、言う事でもないんやけど、ものすご 嬉しかったから言うとくわ。
ほれ。さいぜん(先ほど)、おたまちゃん”今度,来たとき連れっててあげるわ”て言うてくれたやろ?
あれな。ものごっつ(ものすごく)嬉しかってん」

ど。ど・どないしたん。巨乳先輩!いや、K先輩。ちょっと涙声やないの。

Img_4762
今日のお花 オリエンタルリリー/希少
      ラークスパー/陽気

   
京都人は・・って一括りにしたらあかんのでしょうが
(それって、だから「女は」って言われてるのと一緒で
もし自分が言われたらつかみ合いのケンカをするところやけどね)

なかなか、人間づきあいに神経をつかうとのこと。

先輩は長らく家でパッチワークを教えている。
ご近所さんや一つ駅の向こうから生徒さんがやって来る。
お稽古の後はお茶とお菓子でねぎらう。
K先輩。気ぃ遣いです。

 
ある日、ご近所の生徒さん宅へお製図(「お」をつけるところが京都人)を持って行く。
いつも、家の中など滅相もない。玄関内にも入れてもらえないので、はなから、そんなつもりはない。
門口で立ち話をしていると、急に雨が降って来た。
まあまあ。こっちへと、雨の当たらない玄関先(家の外)までは入れてもらった。
立ち話が終わらない。体冷えて来る。
思い切って言った。

「〇〇さん。お手洗い貸してもらわれへん?」

・・・

おお。ここからは涙無くしては語れない。
自分も京都人でありながら、京都人に対する失望と絶望感。
この10年間のお付き合いはなんだったのだろう。
朝から頑張って作っておいた手作り蜜豆を
「ひゃ~どないしてつくらはったん?おいしいわ~」と〇〇さんが平らげたのは三日前だった。

 
話はつづく

次のお稽古日。
「※※さん(K先輩)こないだは、かんにんえ。つね(普段)なら上がってもらうんやけど。ほら、ウチ、今主人が居るでしょ?
それに、※※さんとこみたいに、お掃除もでけてへんし・・」

も~いいっ!
家まで間に合わへんから、コンビニ借りた。仕方ないから買いたくも無いチョココロネ買った。
アンタには、絶対にウチのトイレつかわせへんし!!
と、心の中で叫ぶ巨乳K先輩。

 

で、はなしは最初にもどるのだけど、
あたくしの「今度来たとき」に琴線・涙腺がぶるんぶるん振るえたらしい。

えっ!行ってもいいの?お家にあげてくれるのん?トイレも使わせてくれるん?

なんか、涙もろくなってるわ。巨乳。
優しくしてあげよう。絶対来てね。セレブのおしりふきも用意しておくからね~~

  


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2019年6月25日 (火)

長男の木



おたま城の天守閣(二階のベランダ )から望遠で撮りました。

Img_4768

タコウインナーではありません。
石榴(ザクロ)のつぼみです。咲いてゐるのもあります。

 

30年ほど前のことです。
もう名前も忘れちゃったけど、ご近所のものすごく声のきれいな奥様が、
ビブラートの掛かったソプラノでこうおっしゃいました。
「お宅、ご長男がいらっしゃるでしょ?石榴は”長男の木”っていってね、この木を植えると長男が出世するのよ」

そのお宅には大きな石榴の木があり横っちょから出てきた苗木を下さいました。
ご長男様がどういう方だったのかは存じ上げないけれど、たしかご長女(お医者様)の育児を手伝うために東京へ越されて行ったのでした。

あれから30年
30センチだった苗木は3メートルになりこ~んなに花をつけました。
そして小学生だった我が家のご長男は・・・

 

いえね。
誰が言うてんねんっ!!

ってはなしですわ。
ざくろ植えたら、長男が出世するって・・・

ソプラノマダム以外から聞いたことないわ!
図書館行ったり、ググったり散々調べましたわ

どっこにも、そんなこと一行も、一ミリもみつからなかった。。

ま。でも可愛いでしょ?おはな。
秋になると実になるんですよ。

紅葉もきれいだしね。葉っぱが落ちるのが困るけど広いおたま庭内に落ちるんだから他所にめいわくかけていないっす。
とげ、とげはちょっといやね。植木屋さんに頑張って貰う。
冬は裸ん坊になります。

石榴は鬼子母神が持っているところから何となく恐ろし気なイメージがあるけれど
あれは、吉祥菓という魔除けの果物だそうですよ。

個性的な色。カタチ・質感・・・石榴を詠むのはむつかしい

 「花石榴ダンサー強く床を打つ」 おたま

 

Img_4764

おまけ
天守閣から見下ろした
あぢさゐ

ホントはもっとこんもり咲いています。

   


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

俳句とわたし



句仲間のT子さんが、次の句会に二人の婦人を連れて来られるそうだ。
「プレバト」の影響力はすごい。
敷居が高い。年寄りのやるもの。と考えられていた「俳句」に門戸を開いてくれた。


 

「おたまちゃん。わかってるよね?」

はいはい。百も承知でございます。
飛んで火にいる夏の虫 
せっかく「はいろっかな?」と考えて下さっているのを、
ギュッとひねりつぶしてポイなんてこと
どうしてワタクシにできましょうか。オ・マ・カ・セ  あれ。

T子さんは俳句よりむしろ短歌歴の方が長く、
「俳句をやる人間」と「短歌をやる人間」は別の人種と思っている私には理解しがたい。
まあ、出来る人はなんでもできるのね。

出来る出来ない、上手いヘタは別として
趣味としての「俳句」をやってきて良かったと思う。

Img_4726

夫が亡くなった時、たしか、ひと月、ふた月休んだ。
その時、東京の先生から手紙をもらった。
「俳句から離れないで。俳句は必ず貴女の支えになってくれますから」
当時80歳半ばを過ぎておられただろうか、ダンディで憧れの先生だった。

今も続けているコチラのカルチャーの先生からも「みんなで待っていますから」という暖かい言葉をかけてもらった。
お二人とも今は空の上である。

そうだ!
「いつも、良い句のそばに居なさい」とも言われてたんだっけ。

新しく参加されるお二人にはホントに申し訳ないわ。
まあ。楽しくやっていきませうね。

まずは、「プレバト俳句」で手垢がついた頭をごしごしと洗って差し上げるわね。
いっけない!T子さんに叱られるところだった。

     


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (10)

2019年6月19日 (水)

プリキュアにはまる幼女



先日、真綿嬢から「すっかりプリキュアに・・すみません」と写メールが送られてきた。
顔の部分をくりぬいた、ピンクだらけの段ボールのタテカンにヨカちゃんの顔がはまっている。
相変わらず下がり眉毛だよ。

なぬ!?

あれほど、言ったではありませんか。
エミリーの孫娘 低年齢の女の子がりぼん・フリルでひらっひらしてるのをよく見かけるけど
「あれ。絶対アカンで。頭悪そうやん。」

そもそも、プリキュアって何なん?
「プリキュア とは」でググってみた。わけわかめ。
「3分間でわかるスター☆トゥインクルプリキュア」というYouTubeを見る。


どうも、パンツちらちらさせながら肉弾戦を展開する女子クループみたいだ。
ヒロインは一人ではない。仰山おる。
質より量、安価でたやすく手に入る・・おニャン子(ふるっ!)的発想。

(アタシの脳内の途中経過は端折るが)
いつになればこの国はデフレ経済から脱却できるのだろう。
やれやれ。

ヨカちゃんがやって来た。キラッキラだ。

Img_4734

ねえ。ヨカちゃん
ちょっとお話きかせてくれる?
うん。きかせてあげゆ(る)

Img_4750

コレ、好きなん?
うん。しゅき(好き)ねん
(関西弁だ!)


こえ(れ)、変身しゅるねん。
ぶっくり(びっくり)しゅるわ~

Img_4749

お写真撮ったげるわね。

うん。

力いっぱいカワユイ顔

海苔でつけほくろをつけてやる。
ちょっと色っぽくなる。
人の顔で遊ぶんじゃないの!

Img_4751

ヨカちゃん。にしゃい(二歳)。デカイ。
変身して闘う戦士。

闘う女。あたしも嫌いではない。

あたしの思い描く軌道からどんどん外れていくけれど、
人の子やし、口は出せない。

   


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (5)

2019年6月18日 (火)

小学生はチュライ



グッ坊によると「二年生。全部変やねん。」
だそうだ。

「みんな 歯抜け やねん」

 

「そういうお年頃じゃないの?」
「だって、クラスだけでも34人中34人が歯抜けやで」
「その上、34人中19人が阪急電車がすっきゃねん。」(それは歯とは関係ないと思うけど・・)
「おかしすぎるわ・・」

  

二年生にもなれば歯も抜けるし、宿題も山ほど出るらしく
我が家へ来るときはリュックにてんこ盛りの宿題持参である。

私らの時代は勉強は学校で教えて貰いなさい。と言ったものだが
今は学校も考えたのか、親を上手に巻きこむ。
コメント入り「見ました」のはんこや、計算のタイムをはかったり、大忙し。
共働きの家庭なんか大変だろうな。

漢字ドリル。計算ドリル。計算カード。音読。日記・・・
宿題地獄だよ。

「おたまさん!励ましてな」と励まし係を仰せつかる。
彼の横に座って、一問ごと、一行ごとに絶叫する。
「ヤッタ!」「よっしゃっ!」「さすが!」「すごい!」
横目で新聞を読んでゐようものなら、ブーイングの嵐である。

  

懇談会で先生が「日記に書くことがないからといってアチコチ、お出掛けされなくてもいいですよ」と言われたそうだ。
ぎゃくにいうなら、日記の為にあちこちでかける家庭がある?
笑うに笑えない。お家の方。おちゅかれさまです。と申し上げたい。

ふっふっふっふ

不肖おたま「日記なんざお茶の子さいさい」に、やらせてみせるぜ。
教育実践から生まれた作文指導法をバッチリ伝授してもらってるからね。
小学生に戻って自分自身に教えてあげたいくらいですわ。
このやり方で、息子たちは日記や作文、感想文にさほど苦労しなかったと思っている。
作文はテクニックだ。ちょっとしたヒントを与えれば、こどもは生き生きとした文章を書く。

Img_4742
(ヨカ怪獣に固められるG坊)

  

グッ坊にコツを教えてあげようかな?
いや。やめておこう。

すらすらスイスイと書けるようになった我が子に
家庭内の洗いざらいを書かれ、あたし、何度痛い目にあったか!

平凡家の平和のためにも。うん。やめておこう。

せいぜい、あちこち連れて行っておあげ。
なぬ?行くところないからウチに来る?
それは困った。
 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2019年6月17日 (月)

蛍の飛ぶ季節になりました

 


田んぼに水が張られ、一斉にカエルが鳴きだす。
むせ返るような栗の花の香り。
石榴の木に鮮やかな朱色の花が咲き始め
新じゃがとインゲン豆の炊き合わせで冷酒をすこし舐めてみる。
この時期、山に咲く花はなぜか白い。
ウツギが川面をかすめてしだれ咲く。

湿気が多く、不快指数の高いこんな夜は蛍が高く高く舞い上がる。

 

も~ほんまに「季語」の宝庫に住んでるやん!

東京の句仲間には「羨ましい。うらやましい・・」と言われる。
「椿山荘」で蛍が見られるそうだけど・・・ 

・・・・

Img_4718

(今日のお花:シャクヤク/つつましやか
       ギガンジューム/正しい主張
       かすみ草/清らかな心 )

・・・・・・・・ 

6月10日を挟んだ前後の一週間ほどの期間に蛍が飛ぶ。
住民の中には「蛍博士」が何人も居られ、色んなことを教わってきた。
源氏は川に、平家は森にすむこと。
オスもメスも光る事。ただしオスは二節。メスは一節。
気温によって明滅速度が変化する事。(西にいくほど気ぜわしいって言うんだけどね)
気温によって上昇の具合が変わること・・・。
夜の20時にならないと飛ばない!なんて、どの図鑑にも載ってないだろうことを
地元民は実感として知っている。

 

ココに住んで30数年。
「今年は、今日はたくさん飛ぶ」と予想できる正しい住民になっちたよ。
蛍のトンネルのような所。
光の帯が続く、まるで蛍川。
蛍の乱舞がクリスマスツリーのように見える場所。
知ってるけど、教えてあげられません。

だって、新聞に載ると、みんな虫かごと網を持ってやって来るから
(業者は掃除機持って!)

 

 「手囲いの蛍夫の化身とも」 おたま
  (テカコイノホタルオットノケシントモ)

 

夫が亡くなってまなしに作った句だから、おセンチ極まりなし!
はずっ 


   


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

「明日に架ける橋」

 


自分のことが一番好きで、自分の事しか考えていないワタクシにとって
この歌は、信じられないくらい荘厳に光り輝いている。
まぶしいったらありゃしない!

「明日に架ける橋」Bridge Over Troubled Water
 サイモン&ガーファンクルというユダヤ系の心優しい二人の青年が
1970年に発表したこの曲は、その年のグラミー賞6部門を受賞し、彼らの最大のヒット曲となった。

 

 
 

君が疲れ果て、途方に暮れ、涙を浮かべていたら
僕がその涙を拭いてあげよう

僕はいつも君の傍にいるから
辛いとき、友達もなく、君が激流に立ち尽くす時は
この僕が橋となって、君を救い出してあげるよ

もし君が挫折し、希望を失い一人街をさまよう
そんな辛く寂しい夕暮れを迎えたときは
僕が慰めてあげるよ。
僕は必ず君の味方だ。

激流にかかる橋のように この身を投げだしてあげよう。

 
 

去年「スカボロフェア」をやったのね。
(あ。ドンジャラホイの話です)
それが、なかなかで(というのも楽曲が良いからなんだけど)
好評に気をよくした先生が、
今年もサイモン&ガーファンクルで二匹目のどぜうを!
っておっしゃるのですよ。
しかも、凝りに凝ったコーラスアレンジを自分で作ってきはった。
三部混声です。
ウチラの実力わかってるはずやのに・・・

英語覚えるだけでも大変やのに(そそ。他にも覚えなあかんのが仰山ある)
曲の心 ・・これ大事!って言わはります。

あーた。自分の事しか考えていない人間に歌えますかねえ。
他のメンバー見渡してもあたしと似たり寄ったり(人間性が)やと思います。

 

自分の人生を振り返ったとき、
親・兄弟・夫・子ども・友だち・・もろもろに対して
身を投げ出そうなんて思ったこと、これっぽっちも無いです(キリッ!)

夫は他人やし。
あほ抜かせ! 馬鹿おっしゃい。てなもんですわ。

よく、子どもの為なら何でもできる。と言う人がいます。
母親だもの・・・てか?
物理的に守るべき存在である時期は生物学上、守ってしまうというのはあると思う。

でもデカくなった我が子を「愛してる」なんて・・
それって、究極の自己愛なんじゃね?と私は考える。
口ひねったろか!あんたは自分が好きなだけなんだよ。


・・・・ああ。こんなことばかり書いてたら、
せっかく「おたまちゃんって、中身も外見も美しいのね」と思って下さっている皆さまにがっかりされてしまいますわね。


だれも、そんなこと。

はなから思うてへんてか!・・・さよか。

ま。とにかく。それですわ。(中途半端にまとめる)

 

おお。こんな気持ちでこの歌に立ち向かってよいのでせうか。
サイモン&ガーファンクルかて、幼馴染でずっと仲良しやったのにこの曲作った後から離れてしまう。
お金がらみなんじゃね?と心の汚れたあたしは思う。じゃなければ名声。

あかん。あかん。考えれば考えるほどズブズブだ。

そして
自分は身を投げ出すわけない!とか言いながら、きっとひっちゃん(夫)は身を投げ出してくれただろうと思っている。
いや。思いたいわね。
あたし前に言ったかしら。私が救急車で運ばれたとき、彼はご飯のおかわりしてたって・・。
ま。いいけどね。

兎に角。頑張って曲を仕上げます。エエ人の仮面をかぶって。

 

「君の友だち」「ローズ」「ヘイジュード」そして「明日に架ける橋」
最近のドンジャラホイって人を励ます曲ばっかり歌ってない?
こっちが、励ましてもらいたいわ!

(曲をもっと深く知りたいあなた様に耳打ち)
3番の Sail on silver girl / Sail on by 
さあ、立ち上がって!(無限の可能性を持つ少女よ) 前に向かって進むんだ!

と言う感じで訳されていますが、silver girl って何を指してるんだろって思いませんか。
我々は、「船」かな?と思っていました。女性に例えられるので。
舳先に立つシンボルみたいな・・船をこぎ出そう!って。
検索しても答えは見つかりませんでした.。 が

実はsilver girl はポールサイモンの妻であると彼自身が語っているのをウチのメンバーが聞いたそうです。
グレイではなく光り輝くシルバー

ほら!見てみ。ひっちゃん。よその旦那さんは奥さんのために激流にかかる橋になるって言うてはるで~~

 

しかしながら、この歌を聞く人、歌う人は自分に引きよせてどんな解釈をしてくれても良い
とも、彼は言っているそうです。
又 Bridge Over Troubled Water とは聖書に出て来る言葉であり
この曲はそれが土台になっているということでした。

そっかあ。神様ね。神様ならきっと守ってくれはる。味方になってくれはる。うん。

    


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

「兄消える」


 


この映画、小学生の男の子と40代の女性が出ているのですが
この二人以外は出演者ほぼ、オールドピーポー(old people)
そして、観客も見事なまでに「中高年」「超高年」でした。
なんてったって、火葬場の煙を見上げるシーンから映画が始まるんですから 

「兄消える」(2019・5公開)監督・西川信廣

(これから見る人はスルーして下さいね)

長野県上田市で鉄工所を営む男(高橋長英)は真面目にコツコツと工場を守り独身のままに76歳になった。
老老介護で100歳の父親を見送り、周囲に「これからは自分の為に好きなように生きろ」と言われている。
そんな彼の前に40年も行方の知れなかった80歳の兄(柳沢愼一)が現れる。
訳アリの女を連れている・・・

この映画を観たかった第一の理由が「柳沢愼一」さんです。
今年86歳になられるそうです。

我が家にテレビが来たのが1959(昭和34)皇太子と美智子さんの、ご成婚パレードを見るためでした。
それまでは町内には(電気屋さん以外は)散髪屋さんにしかテレビが無かったのだけど、店が閉まったお客さんの椅子にちょこんと座ってテレビを見上げていたのを覚えています。そのころ、いわゆるテレビ創世記に柳沢愼一さんはよく出ておられました。
よろめきドラマでスターになる池内淳子さんと結婚。そしてスピード離婚。
アメリカの人気ドラマ「奥様は魔女」のダーリンの声もやっておられました。


2005年。夫ひっちゃんの亡くなった年だからよく覚えているんだけど。
「メゾン・ド・ヒミコ」という映画を観ました。
主人公(オダギリ・ジョー)の恋人である元ゲイバーのママ(田中泯)が作った「ゲイのための老人ホーム」を舞台にした、
切なくて、温かくて、ハッピーで素敵な映画でした。
この映画にゲイの元教員と言う役で柳沢さんが出演しておられたのです。
子どもの頃に夢中で見ていたテレビに出ていた人です。驚きました。
計算すると、当時72歳ですね。良い味を出しておられました。

ま。そんなわけでこの映画を観に行って来たのですが、
スラリとしたスタイル。役柄とは言え小粋なファッション。劇中でチラッと見せる元ジャズ歌手の力量。
名ボードビリアンの軽妙で洒脱な味わいは変わっておられませんでした。

今の、お笑いの人と違い、昔の喜劇人は「芸人」という呼び名にふさわしく「芸」を持っておられたと思います。
なんてったって、86歳ですからね。
多分アフターレコーディングかなと思う箇所はありましたが、
自由で気まま(ある意味好き勝手)でありながら寂しさと優しさを抱えた人物にぴったりだったと思います。
映画を観て来てウィッキペディアを覗いたら、柳沢さんは「福祉活動家」として長年にわたり生きて来られたようです。

高橋長英さんが素敵でした。
無口で、朴訥としてピュア。男は無口がええなあ・・。
老人を演じているのか、本当にこんな老人になっちゃったんだろうか高橋長英さん。

銭湯の浴槽でアダムスミスを語るところが如何にもな江守徹さん。
これは文学座からのプレゼントだと思いました。
(西川監督は文学座の演出家)

そして、もう一つ、あっと驚く特別出演。
エンドロールの画面の中で振り向いたピンクのスーツの女性!
高橋長英さんのお見合いサイトに応募してきた「雪村いづみ」さん。
共鳴できる二人になれる予感をのこすラストシーンもおしゃれでした。

あ。この映画見たいなあ。

と思っても私の場合、そそられるものがマイナーなのか
大抵の場合、上映期間がすぐに終了してしまいます。
例えば、田中泯主演の「ほかい人」またどっかでやらないかな。
(この映画も信州が舞台?門付けをし、泊めてもらったお礼に「俳句」を一句置いて帰ったという。実在の漂泊の俳人がモデルです。)


そんなわけで、ぴゃっと行って来て良かったです。終演の前日でした。

映画は映画館で見るのが好きどす。

(私の見間違いかもしれないけれど、劇中歌の作詞がトシコ・ムトーさんだったやうな)

    


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

姑とゐた日々



もうすぐ姑の法事をします。17回忌です。

我々夫婦の家が完成した一か月後に舅が亡くなり
姑は49日を済ませて私たちと同居をすることになりました。


同居を想定せずに家を建てたので不便なところが多々あります。
姑に一人暮らしをさせるという選択肢は我々夫婦には在りませんでした。
本人はどうだったのでしょう。
後から聞いた話では、迷ったそうです。
「一人の方が気楽よ」と周囲からもアドバイスを受けたそうです。
60歳。まだまだ元気です。
考えた末の決断だったのでしょう。住み慣れた家を処分しました。

「この家に来たとき、おたまちゃんが、お茶碗とお箸を買って待っていてくれた。」
亡くなるまで、何度もその事を言っていました。
まだ赤ん坊だった下の子の世話をよくしてもらいました。

Img_4708

 

我が家を出て、右手が登り坂になっています。
5分ほどで丘のてっぺんにつきます。
我が家を建てた数年後、そこに有料老人施設が出来ました。


姑は週に二回ほど、その施設にお花を活けに行きました。
ボランティアというほど大層なものではありません。
前の家では、お花を教えていたので家に花器が沢山あり
庭の花を剪っては、一個ずつ花器を運んでいました。

喜んでもらっていたようです。
その内そこで働く人たちが、自宅に咲いた花を持って来られ
施設内のアチコチが花でいっぱいになりました。

新しい施設はピカピカで、働く人たちはみなさん優しいと言っていました。
「あんなところに入れてもろたら幸せじゃ」と言っていたある日、事件が起きました。
入居して間もない一人の女性の姿が見えなくなったと館内は騒ぎになったそうです。

まさかと思い職員さんが外に出てみると、車いすのその人は坂の頂上で下をみつめていました。
急こう配の突き当り、コンクリート塀に激突するつもりだったようです。

多分、姑はちょっぴり、このホームをうらやましく思っていたようだけど
その後、「いいところだ。いいところだ」とあまり言わなくなりました。



入居者の中に、頑固で意地悪で口やかましいおじいさんがおられました。
みんな、その人を煙たがっていたようです。
ある日、車いすの女性が入所してこられました。結構なお婆さんです。
すると、そのおじいさんが女性のお世話をこまごまと焼くようになりました。
食堂へ行くときや散歩などいつも車椅子を押しながらニコニコとおしゃべりをされています。
他の人に対してもとても優しくなって・・・人が変わったようだと言っていました。

姑は「幾つになっても”想う人”が居るということは素晴らしいことだ」と言っていました。

「おばあちゃん!もし、いい人が見つかったら、いつでもお嫁に行っていいよ。立派なお仕度をしてあげるから」と良く、言ったものです。

施設の玄関だけは業者さんが入り、豪華な花を活けておられたのですが
その知りあいの「華道の師匠」と言う人が、やって来られ館内の生花を一手にされることになり
姑はボランティアを終わらせることにしました。
多分10年間くらい通っていたと思います。
親しくなった人も沢山出来て楽しかったのではないかな。

Img_4706

姑とは18年間同居しました。
最後の一年は夢の世界で暮らしていましたが、それも遠い思い出になりました。
最後の最後、病院のベッドなのに
「おたまちゃん!丹後ちりめん!」といいます。
お気に入りの縮緬のブラウスを持ってこいというのです。
「なんで?」ときくと、「今晩パーティーがあるねん」といいます。

そのブラウスと白いスカートを持って行くと、子どものように嬉しい笑顔を見せてくれました。
(思い出すとなんか・・泣けてきたわ)

もちろん着替えることはできません。最後はお棺に入れました。
おばあちゃんが最後に私に掛けてくれた言葉。
前に、ブログに書きました。
こっぱずかし過ぎるので、もう書きません。(*ノωノ)

法事が近づき、おばあちゃんの事を色々思い出しています。

     


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (8)

2019年6月 8日 (土)

仕切り直し



こんな ブログですからね。
大したこと書いてるわけじゃないんですよ。
あなた様に言われなくても十分承知でぃ。

でもね、折角書いたのに(UPする前に)途中でパッと消えちゃう
って、そんなことあり?
ニフティ3.19騒乱から、もう2回目ですねん。
リニューアル前にこんなことなかったよ。

しかも、処理がめんどくさ~くなった画像挿入を、一生懸命にがんばったぶんですわ。
だから、ちょっと長め。スクリプトの関係ってなあに?
あ。別にスクリプトエラーって出たわけじゃないです。パッと消えた。

ニフに聞いても、「あーたのブラウザの問題ですわ」って言われるやろな。
前からの問い合わせてることも、ちっともお返事もらえないし・・

   

ヤル気失くすわ。
俳句ね、3月の途中で尻切れトンボになってたから・・
もう6月だしね、記録しておこうかと。。

いらんいらんいらん

そうですか・・。そうですね。
ほっといて下さい私の記録です

誰に向かって怒ってるんやろ。

見えない敵と戦ってる?ほぼビョーキ?

  

今夜は蛍を見に行く(すぐ近所)ので
名句作ってきますわ。
気を取り直して、またUPしましょう。

いらんいらんいらん

ほっといてください

意地でもダラダラとUPしてやる。

     


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

則巻アラレを考える



江戸っ子のC子さんが「おせんべい食べる?」と下さるのは
私に言わせれば「そりゃあ、おかきでっせ姐さん」なのだが
大先輩にたてつくことも出来ないまま、C子さんは天に召された。

そして、おかき・あられ・せんべいの境界線不明のまま生きてきた。

  

ここら(阪神間のごくごく標準的な)へんの満中陰志の定番
「京のおかき・せんべいの専門店。小倉山荘」のHPによると


せんべい は うるち米
おかき・あられ は もち米

を原料としているとのこと。
そっかあ。原料で呼び方がかわるのかあ。

さらに、もち米原料のうち、大きなものをおかき。小さなものをあられ といふ。
しかしながら、関西ではおかきもあられも おかき と総称することが多い
そっか。そかそか。それでここらでは雛あられくらいしかあられって言わないんだな。


でも、それなら、「則巻アラレ」って名前はおかしいんじゃない?
海苔巻きに出来るくらいの大きさなら、そりゃ、おかきでしょ。

則巻アラレ 改め 「則巻おかき」 あまり可愛くないわね 

ちなみに「則巻千兵衛」
せんべえさんはアラレちゃんの生みの親だけど血縁関係が無いのはわかっているし、彼自身アラレちゃんを「妹」として育てたかったみたい。
原材料が違って当然。 それは〇だ。

  

遅くなりましたが、鳥山明先生。フランスの立派な勲章を貰わはったそうです。
おめでとうございます。アラレちゃんファンとして心からお祝い申し上げます。

  

Img_4724

何気に買った、このおせんべい

神戸市の製菓会社が作っている。
リーズナブルかつ美味しい
お徳用袋であります。

Img_4725

 

鶏卵・フライビンズ・みそ・生姜・ごま
其々が、しっかりと味を主張しなおかつ
生地の美味しさを際立たせます。

  フンフンフフン
大石内蔵助さんちの家紋いりだよ
ん?大石さん?
播州赤穂・・あそこ「神戸」だっけ?
ま。いいか。「姫路」にはカリントで負けてるし。
だから・・姫路じゃなくて赤穂。いいからいいから。

  フンフンフフン おいちいな。
おせんべい食べながら袋をひっくり返して見ますれば
ななななな なんと 原材料 小麦粉・砂糖
うそやん!うるち米じゃないんや

表を見てみる。正々堂々の「国内産小麦100%」

 

あたま痛いわ。
何が何だかさっぱりわからん。
私が今食べているのはコナモン?
バター抜きクッキー??

     


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (3)

2019年6月 6日 (木)

誰かヨウコさんを知りませんか?



今朝の朝刊「武士のサムライ」の文化文芸欄に
「人生の贈り物」という10回のシリーズものがあります。
今、バレリーナの森下洋子さん。

あたしが牧美也子や渡辺まさこの少女バレー漫画によだれを垂らしていた頃の、あこがれの天才少女です。
必ず、お金持ちの意地悪娘と貧乏な可愛い子が登場するのよね。
金持ち娘は札びらにものをいわせ、主役の座・オデット姫を勝ち取ろうとする。
しかし、しょせんそいつ金持ち娘は「黒鳥」の役がまわってくる。

え?違ったっけ?そんな話ばかりだったよね。

以下は2010・3・7に書いた、前ブログのコピーです。
タイトルは「少女雑誌2」

Mrg196305193

左は大原永子(のりこ)さん。そして右はバレー界の
至宝、森下洋子さんです。
なぜ、菜の花畑に海なのか意味が解りませんが、この本持っていました。(カラー劇場というのが時代を感じさせます)
おたまの計算によると、森下洋子さん15歳くらいです。

この、週刊マーガレットに「三人の天才ようこ」という特集がありました
もうおひとりは

Photo 佐藤陽子

天才少女バイオリニストとして,当時ソ連へ留学中。
大人になってからは、池田満寿夫氏のパートナーとしてTVにもよく出ていらっしゃいました。

・・・

そして、残るもうひとり・・・
もちろん名前は「ようこさん」です。小説を書く少女だったと記憶しています。
とても賢そうな女の子でした。この方、今どうなさっているのでしょう。

ご存知の方は。「あの人は今」おたま係りまでご連絡お待ちしています

以上コピーでした

(話が横に逸れるけど、他人のブログ記事を完全コピーして、自分のブログにあげているケースがあります。
私の場合、自分で気付いたのが1件。人に教えて貰ったのが2件ありました)

それでもって、本日の本題です。(忘れるところやった 

この3番目の「ようこさん」のことをどなたか、ご存じではないでしょうか。

怖ろしく昔の事なのにそのようこさんが強く印象に残っています。
写真のお顔も覚えているし、こけしを抱いたポーズや美智子さまから褒められたエピソードなども覚えています。
どんな女性になっておられるだろうな・・ってよく考えていました。
あたしより、ちょっとお姉さんのはずです。

マーガレットの創刊号から50号くらいまでバックナンバー揃えていました。
その中の一冊に載っていたと思います。

以上、あの人に逢いたいシリーズ(シリーズかい!)でした。
ご協力よろしくお願いします。

  

ヒマか?

うん・・・・。

     


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2019年6月 5日 (水)

サンホセへの道



大きなニュースが飛び込んで参りました。
iTunesが廃止され三つのアプリに分割されます!
6月4日Apple社が年次開発者会議(wwdc)で発表したそうです。

なあんてね。

何言ってるんだか えへへ(〃´∪`〃)ゞ

あたしはよく解ってないんだよ(おおいばり)
注目したのは、この、なんたら会議の開催された場所です。

カリフォルニア州サンノゼ

  

ドンジャラホイでは今、次から次へと課題が出されておりまして
まあ。そこから目鼻がつけば、コンサートの発表曲にしようか。といふ先生のお考えですねん。
その中の一曲が「サンホセへの道」です。
ボサノヴァですわ。おっ洒落ですわ。軽快ですわ。
そして、英語覚えるの大変ですわ。
舌がもつれて蝶々結びできそう。

そもそも。サンホセってどこにある残暑(はまだまだ暑い)
メキシコかなあ。きっと中南米方面やで~とみんなで言うておりました。

ちゃいますねん。⇑ ⇑ ⇑ さいな!(そうです)
カリフォルニア州サンノゼ のことですねん。
(サンホセって日本読みなんだって)

世界中のIT企業が集まる情報通信産業のメッカ。
 シリコンバレーってあなた様もガッコで習ったでしょ。
あ。そうかそのころは「半導体のシリコンバレー」やったな。
そこにサンノゼ=サンホセがございますのよ。

  

サンホセに住む女の子が夢をかなえるためにLAに行きます。
夢って。そりゃまあ、「スター 」だわね。
彼女、努力はしたと思うのよ。たぶんね。
でも疲れ切っちゃう。

二週間やそこらでスター 
になれると思っていたのに
瞬く間に数年経っちゃった。

車買って派手にLAの高速道路をぶっ飛ばしてるはずが
ガソリンスタンドで働いてたりしてね。

夢を追っているときは孤独なんて感じなかったのに
夢は塵のように飛んでいき友達も去り、あたしは一人ぼっち。
さあ。車に荷物を詰め込んで、
あたしはサンホセに帰るのよ。        

生まれ育った、心の休まるふるさとにね。

  

こんな内容の歌なんですよ。彼女の未来を応援したいわね。
では。皆さんご陽気にどぞ。歌詞でます。

サンホセへの道・ディオンヌ・ワーウェイク
「雨に濡れても」で日本でもおなじみのバートバカラックの作曲です。
ちょっと、奥さん。聞いた?
彼はデートリッヒの恋人だったんだお~

      


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2019年6月 4日 (火)

スペアキーが見つからない



Img_4266


「イョッ!」

3か月前のヨカちゃんです。
相変わらずの「ナニ」べっぴんさんです。

今は、また巨大化しています。

・・・・・・・・・

車の「スペアキー」を探しています。

もう2か月以上になります。
這いつくばり、のぞき込み、ひっくりかえし・・・
大坂城(我が家)本丸(一階)は調べ尽くしました。

あとは・・・二の丸・三の丸(二階)か。
ヨカちゃん、結構二階に上がって来てたしね。

犯人はヨカちゃんと、決めつけています。
たぶん。ほぼ。絶対に間違いない。

ヨカちゃん!おせーて。

(あの頃のヨカちゃん)
Img_4263
チョットだけよ~ん

 

お父さんがヨカちゃんに尋ねてみました。お返事は
ちらんっ!(知らない)もいーっ!(もういい) プン(怒 )」

 
この態度、尋常ではありません。
身に覚えがあるのです。
自分が何かやらかしたことは、うっすらとお分かりの様子。
叱られる前にプンプンしとこ~っと。と言う計算がありあり。

 

アタクシ、以前から不思議でたまりませんの。
なんで、久美子さんはお父さんのいう事をきかないんやろう。って。
あ。日本一のじゃじゃ馬娘 某・大〇家具の話やけどね。
立派なお父さんやのに・・教えを乞えばいいのに・・。

ワタクシからも、ヨカちゃんにその話をしてあげました。
「ね?突っ張っていないで一緒に解決しよう」といいました。

(あの頃のヨカちゃん)
Img_4275
おとぼけは通じないわよ!

 

あの時確かにスペアキーをもって遊んでいたんだわ。
お出掛けする時、いそいそとご自分もキーを持って・・
げ!外に持って出た?

Img_4464
先週。もいっぺん聞いてみた。

「かったいわー こえ(れ)」

スルーされた。

      


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

エスプレッソマシーン



アタクシだって「スターバックス」へ行ったことくらいある。
自慢げに言うけど国内だけではない。
上海のスタバにもヨーロッパのスタバにも入ったことがある。

しかしながら

何を頼めばいいのかわからない(キッパリ!)

エスプレッソ
カフェラテ
カプチーノ

の違いがわからない。
カフェマキアート・・・??なんじゃ~そら~である。


そうだ。あたしは「違いのわからない女だ」

   

でも、店員さんに「こいつ。しらねえな・・」と思われたくないので
ふるえる声で「かへらて・・」などとオーダーしてしまう。

ちょっと待って。

あたしって、そもそも コーヒーが飲めないんじゃなかったっけ?
でもスタバに「ひやしあめ」などおいてないじゃろ?

ああ。入らなきゃよかったスターバックス・・
見栄をはり、気を遣い、金を払い、苦いものを飲む。
これは苦行だ。
しかも、自分で席まで運ぶんだよ。

   

家庭用エスプレッソマシンを買おうかなあって友人が言ってます。
いろいろ楽しめるそうね。私にはわからんけど。

その前に、コーヒーマシンとエスプレッソマシンの違いが判らない。
前者は、ポトポトで後者はシュッととのこと。ますますわかんない。

Img_3632

スペインのホテルの朝

マシンの上に二種類のコインのようなものが。
ミルク多め。少な目ということかな?

Img_3634 

このままここに入れる
うん。中身を出さなくていいの

ボタンを押すと

Img_3635 すぐに「何か」出て来る。

あまりにも、すぐになので
これって、私の前の人の分じゃないの?などと疑ってしまう。

結局自分は

本当にこれが飲みたかったのか、
ただ、マシンを使って見たかったのか
自問自答しながら席へ

結構おいち。

でも、朝から疲れる。

 
なので、友人には「エスプレッソマシン」って疲れるで。
といっておいた。

でも、マシンを買ったら飲ませてね
席まで自分で運ぶから・・・

     


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2019年6月 2日 (日)

何か変だよ

 


今朝の朝刊「武士のサムライ」に面白い特集が乗っていました。

「何か変だよ校則 今も昔も」

といふタイトルです。

  

へ~。「校則」まだそんなこと言うてるんや・・・
子どもがおっさんになってしまったので、すっかり忘れていた「校則」
学校が荒れた時代に学校生活を過ごした彼らにはへんてこりんな校則がまかり通っていたっけね。

長男平凡氏の高校入学式の後に親と教師のクラス懇談会がありました。
「え~最後に何か質問、ありますか?」との男性教師の問いに、あるお母さんが立ち上がる。

「あのう・・トランクスですか?ブリーフですか?」

せんせ。絶句! そんなこと聞かれてもね。

 
  「下着は白のブリーフを着用」という校則が出身中学校にあったらしい。
続いて、髪型についても他のお母さんから質問あり。

先生の答えは、
「下着は好みの問題ですので・・」
「髪型も基本自由ですが、コック帽みたいに突っ張って上に伸ばすと、黒板が後ろの生徒に見えませんので、そこは注意します。」
といふことでした。

人の迷惑になるか、ならないか が判断基準というのです。

自由な校風が魅力でこの学校を選んだ平凡氏は三年間を大いに楽しみました。

 

笑い事ではない。そう言えば私の中学校も下着に関する校則があったわ。
「スリップは白!」そそ。ピンクを来てる子は不良少女  
その理由。
なんでも、昼休みにバレーボールをする時に、セーラー服の上着の裾からみえるから。
(白なら良くて、ピンクはなぜダメなのかという説明はなかった)
月曜日の朝に、服装検査があり一列に並んだ女子は順番にセーラーの上着の裾をチラリと捲り上げる。
男子の場合はズボンのベルトをみせる。(当時ヤンキーベルトという布バンドが流行った)

   ばかじゃね?

 

新聞に取り上げられていた一例
マフラー・手袋禁止。
弁当は必ずおかずをつける(先生のチェックあり)
給食係は廊下を走っても良い(つーか走る)
頭髪検査(違反3回で親の呼び出し。場合によればバリカンで刈られる)
チャイムのながれている間は直立不動で静止
男女二人で遊びに行かない。
異性と歩いてはいけない。

 

思春期に自分の頭で考え自分の力で行動する力を身に付けるよう導くのが教育だとおもうけど・・
これが私たちの時代の話ではなく、今も・・なら驚き桃の木山椒の木だわ。

校則ってホント変!
まあね。今の子は校則は破るために在るんだ。くらいの勢いで生きてくれていると思いますが。

Img_2951

思い出したけど、我が高校に面白い校則があったです。
「3時間目と4時間目の間の休憩時間に弁当を食べてもよい」

なんやねん。それ・・。
言われなくても、一時間目の授業時間から教科書を立てて弁当食べてる男子がいたけどね。

      


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »