« 3・19の乱 覚書の2 | トップページ | Hay Paula ヘイ・ポーラ »

2019年5月 8日 (水)

119代光格天皇


 


  この度の譲位(践祚)は1817年(文化14年)以来200年振りときき、
へ~。その時は、どんな事情やったんやろ・・と調べてみました。

119代光格天皇の譲位については最近ネットにあげられているようですが
内容は「即位期間中に死んじゃあイカンから・・(そろそろと思ったら)その前に」みたいなザックリしたものでした。
個々の事情まで調べたらいいのにね。
じゃ。その話はそゆことで    



ここでは光格天皇の即位事情について触れませう。

徳川幕府の皇位継承に対するスタンスはあくまでも「主上次第」お好きにどうぞ。
でありながら
その実態は幕府によって立てられるものだから、突然譲位させられたり、はたまた、自分ちの七歳の女の子が突然帝になったりします。
まあ。徳川さんもたいへんなわけ、事件のしりぬぐいや反抗的な人。金遣いの荒い。遊びが過ぎて変な病気になっちゃった人。
好ましくないことは国民の目から隠さなきゃいけないし・・
それは徳川さん(幕府)の言い分、こっちはこっちで腹に据えかねることもあるんだよ (by天皇・朝廷)
色んなことがありまして、茶色い時代がありまして・・

118代後桃園天皇はラストエンペラーでした。彼の死によって皇統は絶えます。
(え~!萬世一系じゃなかったの??)
し~~かたが無いので、(遠い親戚)閑院宮家から9歳の男の子を迎えることになります。
系図を見ると、後桃園にとってこの男の子は
お父さんの、お父さんの、お父さんの、兄弟の、息子の、子 です。
(ほぼ誰だかわかんない )

次の人を決めるのにバタバタしてたんやろね、後桃園の死はしばらくの間伏せられていました。
(え~!こないだの践祚の式のとき皇位は一日たりとも空白があってはならないってテレビが言うてたよ。
かめへんねん亀万年。昔の話です。テレビも2チャンネルもなかったし)


この9歳の坊ちゃん、閑院宮兼仁が119代光格天皇です。
皇位継承の前年、京都は大火事にみ舞われます。
御所も丸焼けだわ。大急ぎで建造しなきゃ~。
この時、老中松平定信が入京してちゃっちゃと差配するのです。
定信と言えばケチ 質素倹約のおかた。
そうでもしなきゃ、朝廷お金かかるしねえ。引き締め引き締め。

 
その光格天皇はしばらく(4年)すると、僕のお父ちゃんを「太上天皇」にしてもいいかな?と言い出す。
お父ちゃん(閑院宮典仁)は先に述べたように皇統から遠く離れた、お父さんのお父さんのお父さんの兄弟の息子なわけで、
身分はメチャ低い(三公の下位)。勿論いまのところ息子光格天皇の臣下ですわ。

ねえ奥さん。ウチのグッ坊よりちょっと大きいくらいで天皇になった子が、まあ4年経って13歳になったとしてもね、
どんなに賢い子でも、こんなことを自発的に言いだすやろか。
太上天皇と言えば、今でいうたら平成の明仁天皇ですわ。力関係位でいうたら天皇より上になります。
あたしは、お父ちゃんの待遇改善要求闘争だったと思います(キッパリ)
で、徳川に要求書を突きつけるのですが拒否られます。

あきらめるもんか!最後まで闘い抜くぞ~
が~んばろ~ 突き上げる空に~
くろがねの男のこぶしがある~~

そ。闘いはここから、闘いは今からであります。
その後、ふたたび、みたび。よたび・・・幕府に対して要求を突きつけます。

ま。天皇といえども勝手に要求貫徹出来ないところがチュライ。
だって、名前だけで実力のない存在なんだもん。
勝手に実行しようとしては弾圧されるし、そうかと思えば加増してもらい(まあまあ、これで堪忍しといてえなあ)なだめられるし
そんなこんなで、ことをやっているうちお父ちゃん典仁は亡くなります。
光格即位から15年の歳月が流れていました。

 

このお話はこの辺にしようと思うけど
この、15年の出来事ってこの先の歴史を暗示しているようで自分的には興味深いです。
天皇が幕府に歯向かった。結構粘り強く。
結果はアカンかったけど、この時間の中でじわじわと何が起きたと思います?
は~い。これは皆しゃまの宿題にしておくよ。(上から目線)

ヒント。京都の三条大橋のたもとで両手をついてる人がいらっさるでしょ?
別名「土下座像」ともいふのですが・・・・

 

Img_9057
(photo/ケセラ)

 

ハイハイ、今日も好き勝手に書かせていただきました。
ご迷惑の掛かったお人がございますれば。ゴメンチャイ

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 3・19の乱 覚書の2 | トップページ | Hay Paula ヘイ・ポーラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3・19の乱 覚書の2 | トップページ | Hay Paula ヘイ・ポーラ »