« 元号が変はるといふこと | トップページ | 桜草 »

2019年4月29日 (月)

じゃばら


 


「ありがとう   平成! おめでとう   令和!」というミニコンサートが
近くの商業施設のフリースペースでありました。
ありがとう!おめでとう! 心から思っています。ホンマです

バンドネオンの実物を初めて見ました

120pxbandoneon_alfred_arnold_right_hand1

 (画像はウィキペディアより)
 左右どちらもボタン。これが鍵盤なのね
 アコーディオンより小ぶりです。

160pxbuenos_aires__bandoneon_tango_playe  


 じゃばらを開いたり閉じたり・・
そこはアコーディオンと同じです。

アコーディオンといえば横森良三さんですね
たった一つの楽器で何でも伴奏しちゃうんだから、
アコーディオンも横森さんもすごいと思いながら「NHKのど自慢」を見ていました。

 

ところで「じゃばら」ですが「蛇腹」なんですね。
誰が名付けたのかNHK「日本人のおなまえっ!」に聞いてみたいです。

谷折・山折・谷折・山折        
提灯・扇子・ストローの折れ曲がるところ・・
みんな「蛇腹」です。

あたしの中の「蛇腹」ナンバーワンは何と言っても
写真館の写真機のほら。レンズと機械をつなぐアレ
写真屋のおじさんが黒い布をかぶるとなんか、あの「蛇腹」の中にはきっと不思議な秘密めいたものが入ってるんだと思っていましたわ。
 

先週だったかしら、ポカポカ陽気の日にワタクシ生まれて初めて
「冬眠から起きてきたヘビ🐍君」に出会いました。
ヘビねえ。好きと言うわけではないけどギャッ!と騒ぐほどではない。
彼(彼女)も寝起きだったので、動きの鈍いこと。
穴から出て来て窪みのところでとぐろを巻いて日向ぼっこをしていましたよ。

「蛇穴を出づ」というのは春の季語です。
「蛇穴を出でてしばらくぼんやりす」 おたま

とりあえず、作っときました 

さて、コンサートですが、やはり生演奏はいいですね。
ギターとクラリネットが加わり「エルエスキナーソ」「ホテルビクトリア」という120年前のアルゼンチンタンゴ。
皆さんご存知、ピアソラの「リベルタンゴ」。アンコールは葉加瀬太郎の「情熱大陸」でした。

情熱大陸があんなにカッコイイ曲だと初めて知りました。
いつもF君(知り合い)のへったくそなギターで聞かされています。
ぜ~んぜん違う曲に聞こえました。

ささ。今からキュウリの蛇腹切りで酢の物でもつくろうかな

      


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 元号が変はるといふこと | トップページ | 桜草 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。。

スーパーなど令和おめでとうなんて書いてあると、なんで・・・と顔をそむけたくなります。

テレビはその話題で一日中、なんでそんなに大さわぎしないとだめなのかと思ってしまいます。

大騒ぎしていろんな悪事を忘れさせようとしているとしか思えないです。
 
令和になって、上からの命令が来ないようにと、素直になれない私です。

投稿: | 2019年4月30日 (火) 00時51分

これが載る頃には令和かしら、蛇腹と言うと思い出すのは鉛筆に薄紙(チリ紙と言いませんでしたか?)をきっちり巻きぎゅっと縮めてそれを何枚も重ねて外側に行くほと蛇腹を伸ばして作った薔薇の花、中学の頃運動会のダンスで使いました。は〜アレから・・・平成天皇のご成婚の頃だったわ。

投稿: パコ | 2019年4月30日 (火) 01時07分

(おなまえないさんへ)
お久しぶり!はきっと私が更新してなかったからですね。今月メタンコ忙しかったもので・・(いいわけはよし子さん)

別に「レーワ」でも「パンダ」でもいいのですが、天皇=元号が政治に利用されるのは嫌ですね。今回の選挙でも思いました。元号には首相の意向がはいってるんじゃね?とおもうほど、あべさんはご自分の手柄のように元号の説明をしていましたね。マスコミや国民は過去の歴史に学んでバランス感覚を正常に持たねばと思います。

(パコちゃんへ)
そうそう、運動会でお花を作りました。(アタシは小学校^^)
白やピンクのチリ紙で。
鉛筆ギュ~は作ったことないです。
山折・谷折の蛇腹で作りました。
また作ってみようかな。チリ紙が売っていない。ティッシュペーバーで出来るのかな?
真ん中を輪ゴムでとめて、中指にはめるの。デカイ指輪みたいで嬉しかった。
で、踊りました。
今、それやったら「変な人」かしら。

投稿: おたま | 2019年4月30日 (火) 06時46分

バンドネオンを初めて聴いたのは小松亮太のピアソラでした。
「リベルタンゴ」はヨーヨーマのチェロも有名ですね。「情熱大陸」圧巻だったでしょうね!

蛇と遭遇!うちの庭にも住みついていて、腰を抜かさんばかりに驚きました。
長くてニョロニョロしたものが大の苦手!夏になると出没しそうな所にナフタリンを置いておきます。ナフタリンの臭いが嫌いらしいです。それ以来見ないので効いてるのかも。
会ったことはないけどモグラも住んでいます(´;ω;`)

投稿: anemone | 2019年4月30日 (火) 08時45分

蛇腹と言ったら山陰方面のお神楽に出てくるヤマタノオロチですわ。あれ大好きです。生で見たことないのですがかっこいいです。お芝居で10mくらいの巨大な蛇を作りました。「たのきゅう」最後に大蛇が出てきて小判をじゃらじゃらだすやつです。龍も何回か作って長崎のお祭りのを真似たりしました。紙ではなくて布で縫ったんですけどね。紙の花は今も100均で花用に売ってます。去年の成人式の飾りに沢山作りました。

投稿: ばんび | 2019年4月30日 (火) 09時58分

三段腹、四段腹、これも蛇腹といふ。
もふひとつ・・・
いくないことばかり考えているやから、
これを邪腹ともいひける。

それはおいといて。
平成の御世、おたまさんにはちーっとばかり、お世話になりました。
令和となりましても、それなりによろしゅうお願い申し上げます。

なんでも令和の「令」は命令に従順な、
また「和」は忖度を旨とする倭人に相応しい元号と、某ニューヨークタイムズは評しておるそうな。
ほっとけ!!

「蛇穴を出てしばらくぼんやりす」
平成の名句でありますよ。

投稿: NANTEI | 2019年4月30日 (火) 12時09分

(パコちゃんへ)
ぱこちゃんのブルマー姿可愛かったでしょうね。あたち?もちろんイケてた。(と思ふ)


(anemoneさんへ)
タンゴいいですねえ。ノスタルジックで。
特に古いアルゼンチンタンゴは下町情緒たっぷりで薔薇を咥えてきりきり舞いしてる自分を妄想しながら聞きました。(変?)
お庭に蛇!ウチは蛇の抜け殻は発見したけれど本体さんにはお目に掛かったことがありません。デモ、居るんだわきっと。
モグラは土をもこもこ持ち上げているのできっと「居ます」


(ばんびさんへ)
10メートル!すげっ。
大迫力だったでしょうね。その大蛇さんは後継の方に譲られたのですか?手放す時お辛かったでしょ。あたし物にうじうじ執着するから考えられん。折角つくったのに。
(アタシが勝手にそう思っているだけです)
100均なんでもあるのですね。今度探してみよう。お花を作ってもつけていくところは無いけれど、作ってみたいです。


(NANTEIさんへ)
ニューヨークタイムス。大きなお世話やわ!
でも、座布団3枚ほど送りたい。航空便でいいのかな。

「蛇穴」きょろきょろ。わくわく。どぎまぎ。がっかり・・・色々置ける。
\(^_^)/

三段腹?ちゃいますよ。
あ。兄ちゃんの事かあ。

投稿: おたま | 2019年5月 1日 (水) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元号が変はるといふこと | トップページ | 桜草 »