« 3.11 原発事故から・・ | トップページ | 身軽になって・・・ »

2019年3月13日 (水)

春のカジュアルコーデネイト



何でもかでも「オッケーGoogle」に訊くのね!と
人を罵倒いさめながら

今日の○○市のお天気は?

小さなマイクの絵に向かって言ってみる。
オネイサンが「今日の○○市は快晴。気温16度です」とおっしゃった。

うそや~ん。隣町のここが今こんなに寒いんやで。
震えてるんやで。
と、思ったけど、あたし権力にひれ伏すタイプ。
権威にメチャンコ弱いので、はは~~と信じちゃう。

大人の品格漂う(そやで!)ちょっぴり春仕様お出掛けコーデを致しました。

コンセプトは「軽やかに春を始める!!」

毛糸?そんなもん気温15度になればおさらばです。
コートを捨てて街にでよう!だわ。
ま。その時の我が家の気温は6℃だったんだけどね。

トップスは上品な(ここ大事)大人のためのブルゾン
明るいグレイに白のレース使いがトレンド感を出す
(っぽくない、デシグアルです。どんだけデシグアルが好きやねん!)

寒いけれど腕まくりをして抜け感(ここ大事)を演出。
小娘みたいなブレスレットは致しませんことよオホホ。
キチンとした革バンドの時計をかっちり見せるのが オ・ト・ナ。

ボトムスは歩くたびに爽やかに揺れるスカーチョ。
ネイビーでキレイめを目指す春らしい一枚でございます。

シューズは脚長効果を生み出すバスケットシューズです。
色は勿論「白」。
そう。「白」で抜け感。(抜け感すっきやなあ)
おお。厚底ウェッジの心地よいフィット感!

シンプルな清潔感で女っぷりが上がったところで
まさかの小物使い。
ここがセンスの見せ所でございますわ。

裏切りのゴブラン織りの小さ目トートバッグ。
色はラクダ色?柄は何やようワカラン。
むか~し。誕生日のプレゼントにエミリーから戴いたものです

電車に乗ったら、みんなコート着てはった。
マフラー巻いてはった。
でも、Googleのオネイサンは16℃って言ったんだもん。

なんか、寒い。ひゅ~。

でも、駅前ビルで友達とご飯食べるだけやもん。
隣町やもん。
ピャーっと行って、ピャーっと帰ってくるもん。

待ち合わせ場所につくとオバサン二人が立ってはった。
「おたまちゃん!寒うない???」

     黙れ!おばば!

「お洒落はやせ我慢」
天の法則をこんな奴らに説いたところで判らないだろう。

その日、お昼からほんまに暖かくなりました。
調べてないけれど16℃くらいだったかもしれない。

やっぱり、Googleネエサンは正しかった。

(本日、画像は御座いません)


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 3.11 原発事故から・・ | トップページ | 身軽になって・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

画像ないんですかあ!残念~(≧m≦)
昨日の新聞に大人コーデのソックスって出てました。チラ見せで足長効果、なんだかようわかりません。やせ我慢して風邪ひかないようにして下さいね。

投稿: ばんび | 2019年3月13日 (水) 10時55分

前回は初めましてのご挨拶もせず失礼いたしました。

厚底の白いバスケットシューズ、オシャレ~
昔々mcシスターと言う雑誌が好きで、赤いバッシュに紺のVネックセーター(腕に赤いライン)プリーツのミニスカート履いてた美しい十代を思い出しました。

この時期ダウンコート着てる人もまだいますね。
春を先取りのおたまさんカッコイイ!
画像がないのがヒジョーに残念です

投稿: anemone | 2019年3月13日 (水) 17時07分

ばんびさんへ
お洒落な方はソックスにもこだわるのですね。あたち?まかせといて!
15足1000円の福袋ソックスをはきこなしていますのよ。おほほ。
ペロンペロンだから重ね履き。
色柄まちまち。上級テクの極み^^

スカーチョの下にはヒートテック仕込んでいます。そこら辺は年の功。抜かりはありません。

anemoneさんへ
あらま。mcシスターという雑誌。聞き初めですねんよ。で、wikiしらべたら専属モデルは小川ローザさんしかわからんかったです。
anemoneさんはお洒落さんだったのですね。
あたしが知ってるファッション(服飾と言ったわ)雑誌は装苑とドレスメーキングくらい。装苑って昭和11年創刊なんですって!!
で。その雑誌見ながら型紙とって、習ったこともないのに服を作ってたのですよ。
もちろん、かんたんなものだけど。
昔の子(アタシの事)って偉かったわ。
あ。戦時中の話ではありませんよ。
ミニスカート。似合いもしないのに・・みんなはいていましたね。

投稿: おたま | 2019年3月13日 (水) 22時03分

何度もスミマセン

おたまさんも洋服手作りされてたんですね!
装苑やドレスメーキングっておしゃれで大人っぽいイメージ。私は「若い女性」の型紙で作ってました。洋裁を習わなくてもミシンで結構作れましたね。ジーンズ生地を買ってバッグを作ったことあります。
既製服が高かったのか?気に入った服がなかったのか?
昭和の女子はなかなかのもんでした。ちなみにワタクシ昭和28年生まれ、花のニッパチです。

投稿: anemone | 2019年3月14日 (木) 08時16分

anemoneさんへ
そそ。「若い女性」ありましたね^^
全く器用な人間ではないのに、ボタンホールとか自分で作りました。誰かに習ったのか本を見たのか忘れましたが今どきあんな丁寧なボタンホール。ヤレ!と言われてもよう作りません。
やはり既製服が少なかったし自分で好きなように作るのが楽しかったのかな。
働くようになったら、たま~に「あつらえ」ました。
「あつらえ」てくれる方もこだわりがあって
自分で焼いた七宝焼きのボタンなんかを使ってくれました。懐かしいなあ。

私は細心の注意を払って「トシがばれないように」ブログを書いています。
(もうバレバレやで~)ってか?
花のニッパチですか・・・。
教えて下さったのでanemoneさんだけには「そこそこ」です。とお教えいたしますわ。

投稿: おたま | 2019年3月14日 (木) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3.11 原発事故から・・ | トップページ | 身軽になって・・・ »