« ここ、見てくれていますよね | トップページ | 二月の俳句・自句自解 »

2019年2月26日 (火)

所感雑感・二月



カレンダーを見てビックリ!
2月って、28日までしかないんや!
じゃ。もう三つ寝たら3月やん

NHKラジオ深夜便アーカイブスを聞きました。
今から6年前の2013年に放送されたものです。

当時すでに全身ガンを公表されていた樹木希林さんとコラムニスト天野祐吉氏の対談でした。
ご存じのように樹木希林さんは昨年。天野さんもこの年、2013年に亡くなっておられます。

とても興味深く感じた話がありました。

希林さんの娘夫婦がヨーロッパの、とある街で評判の高いタロット占いをしてもらったところ
「母・希林さんはガンでは死なない」と言われたそうです。
ガンではなく「ひょんな」ことで亡くなる。と。

「ひょんなことで死ぬんですって!たとえばけつまずくとか、ちょっとしたことでね!」
と希林さんは楽しそうに何度も言っておられました。

ご存じのように希林さんは転んだことが直接の原因で亡くなられました。
ガンのため足腰が弱り杖を頼りの生活でした。
ガンは遠因であり、彼女は「ひょんな」ふうに亡くなられたわけです。

ずーっと昔。私の人生の師が
「生き方」と「生きざま」の違い。
「死にざま」と「死に方」の違い。について教えてくれました。

当時の自分は若かったし、「死」が身近ではなかった。
だから、言われている意味がさっぱり分からなかった。

たぶん今も「な~んとなく」しか解っていないのかもしれません。

「わかる」ということは知識として知ることではなく
身をもって「知る」(気付く)
という事だそうですので

このアーカイブスを聞きながら、ああそうだったのかと
な~んとなく、気付く けふこのごろ・・2月の終わりでございます。

120517_017
               薔薇(むらさき)/気品・尊敬


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« ここ、見てくれていますよね | トップページ | 二月の俳句・自句自解 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

『紫のバラ』といえば、少女マンガ『ガラスの仮面』を思いだします。
夢中になって読んだ十代の頃・・・はるか昔になってしまいました。
登場人物、みんなに幸せになってほしい、今日この頃です☆☆。

投稿: ぱるちゃん | 2019年2月27日 (水) 08時33分

ぱるちゃんへ
美内すずえさんですね^^
「ガラスの仮面」の頃、私はすっかり大人になっていたので読んではいません。
でも、ガラスの仮面からさかのぼる〇年前には
京子ちゃん(ちょっと前にブログに登場)と月交代で「マーガレット」をとっていて、その中の一押しが美内すずえさんでした。彼女はまだ高校生でしたよ。
多分、単発か連載でも短いものだったのでしょう、題名は覚えていませんが。
あの頃は「漫画」っていったのよね。
わたし「アニメ」との違いがよくわかりません。

投稿: おたま | 2019年2月27日 (水) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ここ、見てくれていますよね | トップページ | 二月の俳句・自句自解 »