« ボルドー&異郷バスク㉖ビルバオの人気バル | トップページ | 発声から始める »

2018年12月 2日 (日)

ボルドー&異郷バスク㉗おしまい



行事や予定がサクサク片付き、日曜日の朝です。エエ感じや。
子の一家も今週は来ないし。は~っ。のんびり。
 アカンアカン。残ってましたわ。旅日記。


ビルバオ旧市街の中心部にあるサンティアゴ聖堂までぶらり歩きです。
Img_3761
ノーマン・フォスターによる
メトロの入り口
楽しいデザインですね。入る人、出る人もアートの一部になるのが面白い。

Img_3773
ビルバオ駅舎(現役です)どことなくイスラム風の美しい装飾!
そう言えば、さっきの老舗ランチレストランもイスラム風だったわ。
Img_3781
ヨーロッパで感心するのは建造物がしっかり保存されているということ。
石造りということもあるのかな。↑路面のタイルには全てバスク十字のデザインが。
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路として、また鉄鋼の街として成長してきたビルバオの歴史がこの旧市街を歩くとよくわかります。
Img_3790
おたまちゃ~ん
デシグアルがあるよ~~
(そら、本場スペインやもん)

今回の旅仲間にはデシグアル好きが約3名

Img_3800
バスクカラーのベランダにたくさんの花
この道の両端は可愛いお店がたくさんありました
Img_3793おお!
14世紀の残り香が・・
巡礼者が利用したのね。
Img_3794
大聖堂につきました。
旧市街の中心地。ここを中心に放射状に道が伸び、それぞれバルがいっぱい
でも今はお腹いっぱい。
仲間はショッピングに走り。敬虔なワタクシはお祈りと日向ぼっこ。Img_3796
14世紀にこんなカフェは出ていなかったと思う。たぶん。


ついに最後の観光スポット。
世界遺産のビスカヤ橋へ行きました。ネルビオン川にかかるこの橋は・・・
と言っても、私らのイメージの「橋」ではありません。
川のあっちとこっちにケーブルを張ってつり下げたゴンドラで人や車を運びます。
世界最古の「運搬橋」
聞いてもわからん人は写真をみてつかあさい。

Img_3843
いいお天気だこと!なんて言うてる場合と違います。宙ぶらりんですねんよ。
Img_3808見よ!この勇姿を。

真ん中は車両。左右のBOXみたいなところに人。
乗り心地はgood

Img_3816エレベーターで上へ行って見ましょう。
この時点で「お家に帰りたい」
「お○っこちびる」と言ったヘタレが3名。
Img_3837


結構高いわね。
アタクシは煙とナントカですもの
高いところ大好き

Img_3835
日本で言うたら明治の半ばに出来たんだよ。
さすが鉄鋼の街だ。と感心しました。

は~い。ながながながながながながと旅日記にお付き合いいただきましてありがとうございました。
いま、ワタクシ未亡人おたまは4500gの赤ん坊を産み落とした気分です。
スッキリしました。オオキニ。
Img_3871
おまけ(お土産編)は気が向いたら書きます。

さよならパーティーは新市街にある有名店LA VINAにて


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« ボルドー&異郷バスク㉖ビルバオの人気バル | トップページ | 発声から始める »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

我が胸をバスクの風が吹き抜ける
 愉しき旅の終わり来るとも

 ステキな旅行記、ありがとうございました!! 

投稿: ぱるちゃん | 2018年12月 3日 (月) 08時11分

ぱるちゃんへ
ずっと読んで下さったのですね。ありがとうございました。
ブログを書きながら温かいバスクカラーの窓々を思い出していました。
バスクの人達の歴史や暮しは知らないことばかりでした。特にフランコ政権下での弾圧についてここでは触れませんでしたが大変勉強になりました。禁止されていたバスク語はいまではむしろ勉強を奨励されています。
旅日記挫折しそうなところでぱるちゃんに励まされました感謝!

投稿: おたま | 2018年12月 3日 (月) 08時46分

おたまさん、こんばんは。

時間は経っていますが、コメント反映されますでしょうか?

おたま姉様とは同じ箇所を回っていることも多いのですが、旅のスタイルが違うので新たな旅の発見があります。

「デシグアル」?・・・中国人風に「デシグ」あるか?と思ってしまいました。なら「デジグ」ってなにと思った次第です😓・・・「デシグアル」はバロセロナ発のファッションブランドだったのですね。

私は不覚にも時間切れで運搬橋の上層には登ることが出来ませんでした。おたまさんは高所大丈夫のようですね。

投稿: omoromachi | 2021年2月 8日 (月) 21時51分

★omoromachiさんへ
ココログは優秀ですから( ´∀` )ちゃんと反映されていました。
旧ブログなど8年前記事にコメントが付くこともありました^^

こちらこそ先生の旅日記で「見落としてる!」と口惜しがったり、うらやましく思ったり、楽しかった思い出に浸らせていただいています。

デシガルは「デシグァル」と発音するようですが今でこそ日本に上陸して数年経ちますが以前はどこのブランド?とよく言われました。独特のデザインで「ど」派手ですがしっとりとしています(どないやねん)価格も非常にカジュアルで、スペインではもちろんEUの空港で見つけては喜んでいました。

海外でしか見られない風景や建物は最大の魅力ですがそれに加えて「ショッピング」と「美味しいもの」が先生の楽しみ方との大きな相違ですね。男性が可愛い雑貨店に押し寄せているのを見たことがありません^^
手芸用の指ぬき・ヴィンテージのポストカードなど旅仲間(女性)それぞれに目指すお買い物があります。

先生との共通点は超ごきげんに旅をしているところですね。バスクの旅はもう少し続きますか?楽しみにしています。

投稿: おたま | 2021年2月 9日 (火) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボルドー&異郷バスク㉖ビルバオの人気バル | トップページ | 発声から始める »