« 疲れる私が悪いのか | トップページ | すごいですね! »

2018年12月15日 (土)

ボルドー&異郷バスク・お土産編



「買ってしまった後悔より買わなかった後悔の方が大きい」
なんと素敵なスローガン。
旅の大きなお楽しみが「お土産」です。
忘れないうち、お土産編まとめておきます。
今回の両替レートは1€≒132円
ちょっと前を思えばニヤニヤだけど帰国後126円だったわ!ぷんぷん。

先ず。買わなかった後悔。4点

Img_3928 Img_3937

左)ホルニマンスのtea
ホテルの部屋に置いてありました。飲んでみたらとてもおいしかった。スーパーマーケットで買おうと思ってこの袋をポケットに入れておいたのに買い忘れた。
ググってみると日本の若いお嬢さんに大人気らしい。
特にはちみつカモミール。通販メチャ高っ!あちらでは(日東紅茶風に)安価である。

右)「エスパドリーユ」(これはキーホルダーだけど)
麻の靴底のバスクの伝統靴。元々船乗りが履いていた、デッキシューズ。
上質な物でもお手頃価格。可愛いデザインがいっぱい。
数年前から日本のファッション雑誌に取り上げられていて、店もちらほら。しかもお高い!となれば、一足買っておいても良かったかな?

写真なし)サン・ジャンド・リュスの「メゾン・アダム」の「元祖マカロン」
素焼きクッキーみたいで日持ちしないと思ったので未購入
友人によると、滅茶苦茶美味しかったらしい。ぐやじい。

あとは、ず~~と飲んでいた「チャコリ」
日本に帰って大きなワインの店で聞いたけど輸入元が少なくて取り扱っていないとのこと。
「それにお高いですしねえ~~」
うそやん!水より安かったで~。

教訓)今の時代は「そこでしか買えないモノ」が少なくなっているけど、「そこでは安く手に入る」と言うのはせっかくだから買うこと。お得感で心満たされる単純なワタクシ。


買わなかったことを悔やんでも仕方ない。次(買ったもの)いってみよ~

Img_3914グッ坊にバスク・サッカーチームの公式ユニフォーム
正式なのは白とブルーのストライプだけど着易さでこちらに。
80€頑張った。

Img_3917_2 Img_3918_2

バスクは金持ちです。
税収を中央に一部納入すれば、あとは自由に使えるという「徴収権」があります。(カタルーニャはこれでもめている)
GDPでいえばヨーロッパ平均より高いです。

サッカーチームを持つという事は経済力があるということです。
その潤沢な資金力でビルバオを再生させたことからもわかります。

アトゥレ・ティック・ヒルトオは1898年設立のバスクの誇るサッカーチーム
しかし、いくらお金があっても他所からは決して優秀な選手を呼んでこない。
ALLバスク人で構成されています。
そして。そこそこ強い!(詳しくないのでこんな言い方でごめんちゃい)
常にトップレベルだそうです。

Img_3888ヨカちゃんにお洋服
サンジャン・ド・リュスで「プティバトウ」の店を見つけたので走った。(おかげでマカロン買いそこなった)89.8€頑張った。

Img_3890
可愛すぎるのでアンサンブルで買ってしまいましたがな!
着せるとスカートのフレアーのラインが美しく出る。

プティバトウはレディスもあるそうで、カットソーなんかお洒落で大好きだわと旅仲間の東京人が言ってました。↑この店は子供専門店だった。


子どもたちに頑張ったのでその両親には手を抜く

平凡氏には無難なネクタイお手頃価格
真綿嬢にはリクエストのあったマスカラとアイブロウのセット(ランコム)&スーパーで買った山盛りのお菓子

以上、写真はあるけど省略


世界で一番好きな次男坊殿下・明星氏にはへへへへへ
別に、いいんじゃないですか?長男は家族ぐるみなんだし。
彼らには普段からちょこちょこと支出があるわけですよ。
それに比べて離れて暮らす次男坊殿下・・涙
明星氏にはお誕生日プレゼントも兼ねてということで。

Img_3896Img_3897でへ。嬉しそうに紙袋まで撮っちゃってます。

ロンシャンのビジネスバッグ
紺とこの色と迷ったのです。
モード系の明星氏にはこっちかなと。

彼からは「かっこいいね。自分では絶対に選ばない色やからよかったです」というメールが来る。

ちょっと微妙な感想だわね。深く考えないことにする。

後は、自分のお土産と、お友達へと配り用。
もう、ええね

ではこの辺で終わります。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 疲れる私が悪いのか | トップページ | すごいですね! »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 疲れる私が悪いのか | トップページ | すごいですね! »