« ボルドー&異郷バスク⑳ゲルニカへ | トップページ | ボルドー&異郷バスク㉒ゲルニカ写真 »

2018年11月25日 (日)

ボルドー&異郷バスク㉑ゲルニカの意義


baseballbaseball


ピレーネのふもと主要な河川がビスケー湾に流れ込む地にゲルニカはあります。
バスクの中心部です。
フランスの思想家ジャンジャックルソーは「地上で一番幸せな人々が住んでいる」と言っています。「聖なる樫の樹の下に集う農夫たちがみずからを治め、その行動はつねに賢明なものであった」

ゲルニカとはバスク語で「聖なる柏(樫)」と言う意味だそうです。
この地を治める者はゲルニカの木に向かってバスクの特権を宣誓するという習慣がありました。この伝統は今でも引き継がれ、バスク自治州の首相はその就任に当たり、宣誓をこの木の元で行います。

Img_3481
ゲルニカはバスクの伝統と自由を象徴する、まさに聖地だったのです。

clover1分で分かるスペイン内乱(by おたま)
1930年頃のスペインって王様の国でしてん。もちろん政治的権力も握ってはります。
ところが王様自ら王制を放棄するのです。
平たくいうたら、も~ヤンピ!嫌になったんやろね。飢饉で経済は大混乱。市民は戦争始めるし、地方選挙でずっこけるし・・パリで奥さんと示し合わせてマルセイユに脱走しはりましてん。名前?アルフォンソ13世です。

さ。その市民戦争ですわ。スペインvsスペイン 。政府の責任を追及する内乱ですわね。
(日本人が間違えやすいのは政府と反政府の概念。ここ真逆と思おう)
ザックリいうたら

共和国(政府)側・・共産主義・自由主義・・人民戦線
反政府側・・・・・・・・軍国・国家主義・ファシズム・右翼的要素

ゲルニカは共和国側につきます。カソリックまでもコチラ側に。
バスクナショナリズムの色彩濃いゲルニカは独立の可能性を探ったのです。
民族として全く異なり、独自の言語文化を持つバスク。自分の国を持ちたかったという独立と自治へのあこがれとして当然だったと思います。

方や、反政府側のボスは中学校で習ったでしょ?フランコ将軍ですわ。
後に長期に渡り独裁政権をとったお方です。
そしてこの、フランコがナチスドイツと深く結びついていたことが「ゲルニカ」の悲劇につながります。ドイツが反政府側についたメリットはサルでもわかるわね。

(いややわ。どないしょ。1分過ぎてしもうたやないの)

ココで、わたくしが言いたいのは日本との関係。歴史の流れです。
遠いスペインの事やと思うたらあきません。地球は丸いんです。昔の話やと思うたらあきません。今日は昨日の続きです。

ゲルニカの街が破壊された1937年は昭和でいうたらえ~っと11年かな?
昭和10年代という先行き暗い日本の社会背景に思いを馳せましょう。
このとき、かの地スペインでナチスドイツがどんなことをしたかを知っていたら知らされていたら・・・ロイターが日本にも打電してくれてたら・・(いや絶対してるとおもうけど)
戦争の恐ろしさとナチスが少しは解った…と思います。

ゲルニカの爆撃で「戦争」の形が大きく変わりました。
無差別攻撃はそれまでにもありましたが、
大型爆弾で建物を破壊する⇒機銃掃射で個人を殺戮する⇒焼夷弾の雨を降らせる

大型の爆撃機と大量の爆弾を使えば短時間で一つの街を消滅できる
ナチスドイツによる戦略的で都市型の大型爆撃はこのゲルニカが最初だったという事です。

この十年後には日本で同じことが起きるとは誰も予想していなかったのかしら。

後にフランコ軍はこういっています。
「若い空軍を試す絶好の機会を与えた」と。

お金があれば武器を作り、武器を持てば試したくなる。愚かさの極みだと思います。
世の中には武器を使いたい人。実際に使った人がいるのです。

バスクの人はヒロシマ・ナガサキそしてベトナムの事をよく知っています。
無差別大量殺りくを経験した同じ地球人として我々もゲルニカの事をもっと知らねばと思いました。

clover(以上は歴史家でも何でもない「おたま」の申す事でございますから、詳しい方、変なところは鼻でせせら笑っておいてくださいませ。

Img_3448(ピレーネ山脈から切り出した石はこの黄色が特徴だそうです)

・・・・・・・

まあね。フランコが勝利して、彼の死までは、バスクの人達は長い受難の道を歩むことになります。
そんな時、各家庭に飾ってあったのはピカソの「ゲルニカ」の複製だったと言います。
そして、フランコの死まで、ピカソはこの絵を決してスペインに渡さなかった。スペインには帰らなかったそうです。

有名な話です。ピカソがドイツ将校から

「ゲルニカを画いたのはあなたか」と問われ

「いや、あなたたちだ」 と答えています。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« ボルドー&異郷バスク⑳ゲルニカへ | トップページ | ボルドー&異郷バスク㉒ゲルニカ写真 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボルドー&異郷バスク⑳ゲルニカへ | トップページ | ボルドー&異郷バスク㉒ゲルニカ写真 »