« ボルドー&異郷バスク⑩PARADOR DE HONDARRIBIAその1 | トップページ | ボルドー&異郷バスク⑫ピレーネ山脈霧の中 »

2018年11月13日 (火)

ボルドー&異郷バスク⑪PARADOR DE HONDARRIBIAその2



その2です。
かおる(兼高)。キョロキョロし過ぎてちょっとくたびれちゃった。

Img_3035_2食堂に面した中庭
幾たびも包囲戦を経験したであろう城壁。
「おとーさまコワ~イ・・おたま姫」(さっきまでかおるだったのに)
Img_3026打って変わり、こちら明るい朝食レストランです
Img_3027きれいな方でしょ?
クリスチーヌボルドー三日目からサンセバスチャン到着までを担当してくれたドライバーさんです。
実は彼女このバス会社の女社長(人手不足なのか?)
エレガントなんだけど運転は確かな男前!
Img_3029色んな種類のハムやチーズが出るのだけど
朝食ベジタリアンのアタクシはこんな感じ。この棒みたいな揚げパン(チュロス)が凄く美味しかった。

最後に、お部屋の様子も記録して置こう。

Img_2984今回の旅は一人でお部屋を使います。無駄なダブル仕様。
Img_2983
部屋の窓から見える景色。対岸はフランス/アンダイエ
あそこから敵が攻めてきたのね・・
怖~い~(もう。ええっちゅうねん)
Img_2985
一人では広すぎるお部屋
天井にはクラシックなファンが回っています。

Img_2982
アメニティは全てのパラドールで統一されているようです。(知らんけど)


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« ボルドー&異郷バスク⑩PARADOR DE HONDARRIBIAその1 | トップページ | ボルドー&異郷バスク⑫ピレーネ山脈霧の中 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

さんへ
おっしゃる意味がわかんない
でも、合点承知いたしました。

投稿: おたま | 2018年11月13日 (火) 12時03分

おたまさん、こんばんは。

こちらへは初めてのコメントをさせて頂きます。私の方はパリ経由でボルドーから入るかトゥールーズから入るか迷った末にトゥールーズから西に向かいバイヨンヌからオンダルビアとなりました。オンダルビアでは同じホテルに宿泊ですね。

実はおたまさんの「旅・おでかけ」カテゴリーのボルドー&異郷バスクの旅を順を追って読まさせて貰いました。

もう、読んでいて楽しくて仕方ありません💕 旅先が重なることもありますが、なんたっておたまさんの表現が実に小気味よく楽しかったです。ご一緒に旅をさせて頂いた気分です。

今年は旅行が出来なくなると凹んでいましたが、個性的な(😊)おたまさんブログを見つけて楽しみが増えました(決してストカーではありませんので😅)

新しい旅行記は書けそうもありませんので、昨年の旅を引き延ばして延々と書いてみたいと思います。

これからも宜しくお願い致します💖

投稿: omoromachi | 2020年6月27日 (土) 21時31分

★omoromachiさんへ
わお!コメントありがとうございます。
皆さんが「先生」と呼んでおられるので「先生」とお呼びします(独断)

旅は行く前の準備。行ってから。帰ってから。と一粒で3度楽しめますね。
今回、先生のブログで懐かしいバスクの旅に再会でき嬉しいです。

年に一度は(主にヨーロッパを)古くからの友人たちとワイワイとでかけています。
今年は9月初旬の出発で計画があったのですが、ほぼほぼムリだと思います。
残念ですが仕方ないですね。

バスクは今までの旅でベスト1か2です
先生の旅行記楽しみにしています。

投稿: おたま | 2020年6月27日 (土) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボルドー&異郷バスク⑩PARADOR DE HONDARRIBIAその1 | トップページ | ボルドー&異郷バスク⑫ピレーネ山脈霧の中 »