« お彼岸に息子と語り合う | トップページ | ドンジャラホイ続報 »

2018年9月26日 (水)

夕べとなれば美しく川は流れる


baseballbaseball


心細い時、電話をしてくるS子さん。
まだ朝の9時前だ。

「何も用事は無いけど・・・・電話してん」
「○さん(ご主人)は?」
「出掛けてる。毎日ボランティア。今日は9時から4時まで」
「今、何してるの?」
「クーちゃん(犬)とお留守番。」

clover
私はこの日、夜まで予定が詰まっていた。

明日もお父さんは子どもの広場で昔の遊びを教えてあげるボランティアがあるという。
「あした、Sちゃんちに遊びに行こうかな」
「うん。来て。来て。」

「明日」になれば、今電話をしてきたことも忘れているS子さんなのだ。
でも
「今」寂しい事は事実である。

clover

S子さんの特技は洋裁。
洋裁はデザイナーから預かったデザイン画をパターンに起こし、縫製まで出来る実力だった。
神戸のオートクチュールに出していたプロである。
あんなに好きだったのに布地を触らなくなって久しい。

最近S子さんと親しくなったT子さんを誘う事にした。
彼女は前々からS子さんに「袋物」を教わりたいと言っていた。

近所で評判のパン屋さんでクレープ風のおかずパンと
りんご。かぼちゃ。栗。の形をしたパンを一個ずつ。
お昼ごはんにしよう。と持って行く。

clover

玄関を開けるとご主人の○さんが立っていた。
「おたまちゃん。何事?」
「Sちゃんが電話してきた」
「そっかあ。ありがとな」

この日、〇さんはボランティアの日ではなかったのだ。

Sちゃんは初めてのお客様のT子さんに家族写真をいっぱい見せていた。
お昼は持参のパンを切り分けて。
○さんがちゃちゃっとお惣菜2品と小さなおにぎりを作ってくれた。

「最高のお父さんやね」というとS子さんは嬉しそう。

Dsc07652

少し前までは、S子さんがどんどん忘れん坊になって行くのが悲しかった。
あの時こうだったね。面白かったね。あそこに行ったね。こんなことをしたね。
楽しいことをいっぱい積みあげて我々は付き合ってきた。

でも今は、悲しいとか寂しいとか、あまり思わなくなったな。

今が楽しいならそれでいいわ。

「いっぱいおしゃべりできて楽しかったわ」
と見送られる。

clover

夫が亡くなったとき、この夫婦にやさしくして貰った。
支えて励ましてもらった。
映画に連れ出された。菊人形に引っ張ていかれた。
アレも食べろ、これも食べろとお鍋から色々取り分けてくれた。

二人の姿がバックミラーにいつまでも映っていた。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« お彼岸に息子と語り合う | トップページ | ドンジャラホイ続報 »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

文章が下手なので・・コメントは控えます・・
読み終えて・・ほっこりです・・
こんな日本語有りますよね・・

投稿: | 2018年9月26日 (水) 18時53分

いいお話ですね・・・

私の娘のお姑さんもS子さんと同じです。
おっとりされていて、お料理が得意でいつも家の中は物が片付いていて、、

それに比べて、私は料理も下手、家の中は散らかり、一日何もしなくても平気・・・

私のほうが呆けてもしかたないのに、きちんとしておられる方のほうが、忘れん坊になり、お医者さんに進行を止める薬を処方してもらって飲んでられます。

悲しいですが、仕方ないです。

おたまさんの優しさが感じられるこういった文は大好きです。

投稿: ペコ | 2018年9月26日 (水) 23時51分

baseballshadowさんへ
「ほっこり」ですか?ありますあります。
京都の先輩がよく使っていました。
用例「おたまちゃん。いつまでほっこりしてるの?おいどに根っこが生えるえ~~」
「ほっこり」全国区になっているのですか?
「ひょっこり」はんとちがいますよね。
そういえば「はんなり」も全国区でつかわれるようですね。

baseballぺこちゃんへ
何事にも「永遠」はないですよね
物事は変化していく。その時その時を受け入れて楽しまなきゃねって思います。
S子さんとは思い出がありすぎます。
おしゃべりしながら私のスカートをさっさと縫ってくれたりしました。

投稿: おたま | 2018年9月27日 (木) 07時59分

うまく言えませんが、、、
S子さんの様子が伝わってきました。
おたまさんのことばがやさしいからなのでしょうね^^
昔のお友達や、ずっとお付き合いが続いているお友達を
綴る時、おたまさんの優しさを感じます。
私、人生初の長い入院生活から戻り、思うようにならない我が身のもどかしさと焦りの毎日。
心のよりどころ おたまさんの所を訪ねて
クスッと笑ったり
ぐすっと涙したり
きょうのお話は心にしみました。
私もゆっくりと頑張ろう^^
明日は笑顔で過ごそう^^生きていればこそ。
元気をもらいました^^

投稿: ポコ | 2018年9月27日 (木) 21時24分

baseballポコちゃんへ
入院なさっていたのですか!
病院では、やって貰えることも家に戻れば自分でやらなければなりません。どうぞ予後をお大事にしてください。
以前、ドクターに、元の生活に戻るまでには入院期間の3倍かかると言われました。10日の入院で一か月。一か月の入院で3か月後にやっと戻れる(それも経過が順調な場合)
退院=元気になったという事ではないので、無理せずボチボチやって下さいね。

先ほど「半分、青い」の最終回のひとつ前の回を見終わりました。
「生きろ!」 ユウコちゃんが主人公スズメに語りかけます。
いいメッセージですね。
意志的に「生きる!」これ大事だわ。
普段そんなこと考えずに生きていますからね。

投稿: おたま | 2018年9月28日 (金) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お彼岸に息子と語り合う | トップページ | ドンジャラホイ続報 »