« 天神の町の岩田屋デパート | トップページ | 呑み会その後 »

2018年8月27日 (月)

マンボを踊る。ウ~ッ!ウ!



この歳になってこんなめにあうとは・・・
と、直立不動。グリークラブ出身のお父さんがのたまふ。

チッチッチ。甘い!

「名月赤城山」を歌うわけではないからね(東海林太郎。誰が知ってるねん!)
ウチラ陽気なドンジャラホイでっせ。
(注)ドンジャラホイ=わたくしたちのお歌のグループ


去年の秋からやってる「キエンセラ」
なんちゃってラテン語も板についてきたところで、振り(踊り)を入れませう。ということになった。
秋の音楽祭(客層は60歳以上100歳未満)に向けて特訓ちう。

懲りないメンバーだ。
つーか。去年のロコモーションで大恥かいた自覚が全くない。

西野バレー団出身のSさん(女性)は
根が真面目で、自分が振付をせねばと考えている。
技術先行型はえてして伝達能力に劣る(本人の弁)というのだ。

そこで、おたまちゃん。
アタクシが教える振付をみんなに説明してほしい。とおっしゃるのだ。

なんでやねん。なんであたしやねん。
といったら、みんなおたまちゃんのいう事やったら聞く。

って、あたしはジャイアンか?

マンボのリズムは至って簡単。
おたまより少し上の世代なら社交ダンスやった人は結構多い。
アチクシも壁の花として美しく咲いてゐたものでございます。

ところがSさん。あまりにもカッコ良すぎて、ただのクイック・クイック・スローには見えません。
絶対ムリ! とみんなが思うわけですよ。

そこでジャイアンの出番。「文句がある奴は前に出ろ」
そんな怖ろしい・・。おとなしい私にできますかしら。

キャン ノット だよ。(たぶん)


明日の午後。Sさんに呼び出しを受けている。
「作戦。練り直しや!」って

Sさん。ハードルを上げ過ぎやねん。
もっと。腰振って~~
は~い。もっとセクシーに~~

爺さんたちが腰イワしてもアタシは知らんで。

顛末最終形は目鼻がついたらご報告します。いらんか!)


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 天神の町の岩田屋デパート | トップページ | 呑み会その後 »

ボーカルレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天神の町の岩田屋デパート | トップページ | 呑み会その後 »