« 懐かしい人 | トップページ | ひょんなことからお近づきになる »

2018年6月 2日 (土)

ブログの終わらせ方


baseballbaseball


先だってヘルブラウさんに会ったときブログの止め時の話を少しした。
例えば不測の事態が起きて、いつまでも残るのはイヤだな。
と、私は言った。
ヘルさんは娘さんにたのんでおこっかな。という事だった。
でもね。
例えば、もう長い間更新の無いブログがあって、きっと管理人さんはお空に召されたと十分に考えられるケースがあるのだけど。
たまに、その方のところを訪ねるの。とおっしゃる。
ある時期、交流をした。気持ちを通わせた。その人はいなくなっても
懐かしい人に逢いに行くようにそこを訪れる。
だから、ず~と宇宙空間を漂っていてもらいたい。管理人さんもそういうおつもりだったかも・・

というお話だった。

clover
私がPC98を触ったのが、1993年くらい。
その数年後にはホームページサービスが始まり普及した。
それがブログやSNSに移行してゆく
ココログでは1999年に開始したHPサービスは2016年に終了した。

それを考えると、今「終わり時とか後始末」とか考えなくても良いような気がしてきた。
ブログサービスそのものが無くなる日だってくるんだ。
新しい手段が生み出されると、今のデーターはブロバイダーのサーバーから自動的に消去される。自分から閉鎖しなくても待っていればいいんだわ。

アタシ。終活とか老い支度とか全く興味ないのに
このブログの終わらせ方がやけに気になっていました。
きっと、恥ずかしいことばっかり書いてるからだわね。

(なら。世間様に恥ずかしくないこと書けよ!
って。むりむり。そこがワタクシの不徳の致すところであります)

と、いふことで、大船に乗ったつもり?でダラダラ続けるかも。

happy02

ココログで、
ひとつ不便・残念・不満に思っていたのがカレンダーです。
「前月」leftright「次月」の表示ができないのね。

前ブログではそのカスタマイズを教えて貰って「最強カレンダー」といふのを使っていました。
ところがテンプレートの仕様変更に伴いそれも使えなくなり、今の「おたまの未亡人日記Ⅱ」では諦めていました。

昨日、別の方法があると知りやってみたら。どーよどーよ。
ちゃんと表示できました。おまけに更新日にカーソルをあてるとタイトルまで出てくる優れものです。よろしかったら皆しゃま。使ってみてくださいませ。
賢くて親切なサポートの方ありがとうございました。

気持ち切り替えるとより使いやすくしたい。単細胞。

clover

相変わらず、春駒Ⅱ(myPC)は不調です。
一番困るのは文字変換。もたもたしてやんねん。英字と日本語の切り替えもつっかえ気味。

PCのリフレッシュというのをやりました。
デフラグ等は自動的にやっています。全く内容が解ってないけど、要は
ワタクシ(春駒Ⅱ)顔を洗って出直しますわっていう事じゃないかなと思って、決死の覚悟でやりました。ごっつう時間かかった。
お陰さまで、折角入れてたソフトがどっかに隠れたor消えたかわからんようになって、また入れ直しですわ。べつにかまいません。自分の尻は自分で拭く。
二つ三つは巧いこといきました。

アタシが何のためにPC使ってるかと言えば「ダクカンリ」です。
わからんですか?「駄句」です。
なのに。そのソフト入れ直しですわ。そのためにナンタラキーのナンタラナンバーを入れてくださいとなります。知りまへんがな。そんなもの。
もう。どないしましょ。
汗と涙と根性の結晶です。
俳句人生の歴史です。女の一本道です。
この道は辛いけど歩きながら、石ころだらけでも歌いながらやって来た道です。
(ほんまかいな)

でも泣かない!
私の座右の銘は「こけたら立なはれ」(松下幸之助)です

ちょっと冷静に、真面目に再チャレンジ(設定のし直し)してみませう。

clover

お蔭で文字変換のもたつきが無くなりました。
サクサクです。
画面もすごくクリアになりました。

そんなことは、どうでもよかってん。と今考えています。

今日はテストのため「字」をいっぱい書きました。
サクサクサク。それでは皆様さようなら。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 懐かしい人 | トップページ | ひょんなことからお近づきになる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 懐かしい人 | トップページ | ひょんなことからお近づきになる »