« 神戸散歩・山本通を北へ | トップページ | 神戸散歩・パワースポット »

2018年5月 9日 (水)

神戸散歩・小さな写真展


baseballbaseball


Img_2410_2Img_2404_2

神戸市中央区

clover

clover

初めてのブラジル移民船「笠戸丸」が神戸港を出港したのが今から110年前です。
そのころ、高知県の農家に生まれた大原治雄は17歳で新天地ブラジルに渡ります。
1927(昭和2年)の事でした。
奥地の密林を切り開きコーヒー園を作り上げていきます。
・・・・・
開拓農民でありアマチュア写真家であった彼の作品はブラジル国内で高い評価を受けますが日本人がその存在を知るのは今から3年前。NHKのドキュメンタリーと日曜美術館に取り上げられてからのことです。大原治雄の死去から15年の歳月が流れていました。

clover
知人宅へ遊びに行き、沢山のチラシやパンフを眺めていて「おっ!」と目に留まりました。
二科の会員であるその人に「是非みていらっしゃい」とすすめられました。

「押すだけで誰でも写せるカメラ」でさえもうまく使いこなせていないワタクシでございますが、
その知人のおかげで、昔からいい作品はい~~ぱい見て来ました(エヘン)
だから、私がどんな写真が好きかをよくご存じだったからです。

Img_2430

30数点の展示でした。
どれも温かく豊かでキラキラしていました。
ゲージュツや写真は全く知らないわたしでも
「写真っていいなあ」と思わせてもらいました。

興味のある方はコチラで数点の作品が見られます

大地に生きた人のどっしりた生活感。強さとやさしさ
この作品をみて「懐かしい」と感じる方ならきっと好きになられると思います。
ブラジルはサウダーヂの国だったと、そうそう去年の旅行で習ったんだわね。

Img_2402 Img_2407

会場の海外移住と文化の交流センターの建物は戦前からのもので、以前は看護婦さんになるための学校だったそうです。
外観はもちろん。内部のむき出しの配管などレトロ感いっぱい。
これも。わたくしにはウハウハでございました。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 神戸散歩・山本通を北へ | トップページ | 神戸散歩・パワースポット »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神戸散歩・山本通を北へ | トップページ | 神戸散歩・パワースポット »