« ロマンティックなオープンガーデン | トップページ | そして巡り合い。於・空港 »

2018年5月22日 (火)

ハンカチ


baseballbaseball


汽車の窓からハンケチを振る。
そんな奴 おらんやろ。

あの子がそっと涙を拭いた
赤いハンカチ、持っていない。

ハンカチの端をかんでキーッ!口惜しい!って人
見たことない。

一投ごとに尻ポケットからハンカチ出しておでこを拭いていた彼
頑張ってはるのかしら。

「お嬢さん。ハンカチが落ちましたよ」とナンパされたこともない。
この場合落とすのは白いレースのハンカチですわ。パハップス。
美しいお嬢さんは真っ白なハンカチを小さくたたんで小さなバッグに忍ばせておくべきだと思います。。
今どきのお嬢さんが持っているハンドタオルでは恋は生まれないだらう。

tulip

小学校の時、持ち物検査ってありました。
ハンカチ・チリ紙・名札・・ついでに爪が伸びていないかも検査。

グッ坊に「チリ紙」といってもわからないでしょね。
ハナ紙とも言った。昔の子、はなたらしてたもん。
今そんな子いないわね。
名札もつけると危険danger 個人情報を自ら発信してたんだ。

tulip

「あっ!今日は持ち物検査だったsweat02
学校の行きがけにS子さん(今75歳)が泣きそうな声を上げると
K姉さん(今78歳)が「ちょっと、待っとり!」と言って自分のハンカチを糸切り歯でキーッと二枚に裂いて小さくたたみ「こうやって先生にお見せ」と言って渡してくれたそうだ。

いいわねえ。姉妹って。ハンカチ一枚でこんな思い出があるんだものねえ。
そしてそれは涙ふく「木綿のハンカチ」だったわけだ。
あれって、ちっとも水分を吸収しない。役立たずだったけど。

実用とお洒落と二枚を使い分けると素敵だけど汕頭のハンカチの使いどころがわからない。
いつが出番なのかわからない。

Img_2555


tulip

ハンカチは夏の季語です。
一年中使うものでも夏の季語。

先日神戸で見かけた結婚式。で一つ作った。
句の出来不出来は別にして実景は類想類句を避けるためにもよろしうございます。記憶にも残るし。
   「ライスシャワー新郎ハンカチ握りしむ」

ハンカチを振ったこともない人間がハンカチの句難しいわ。

   「ハンケチを咥えて手水京マチ子」

映画で見たのは山田五十鈴さんだったけど、そこは字数の関係で京マチ子さんにご登場願う。この場合は「カ」ではなくハン「ケ」チでなければいかんのです。
ああ。苦しい・・あと一句。
 

仕方ない、使い回しでい!
ただうつむいていただけなのに・・・
   「泣くつもりなくてハンカチ渡さるる」

tulip

こんな時こそ泣きたい気分。ハンカチどこどこ?

出せるものなら鳩でも句でも出してほしい。

 


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« ロマンティックなオープンガーデン | トップページ | そして巡り合い。於・空港 »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

おたまちゃん。
私ね、元夫が関西人、私は関東人だったので、若夫婦の時代(そんな時代もあったねと)、
よく「どうやって出会ったの?」と聞かれました。
で、恥ずかしげもなくワタクチ、「新幹線のなかで、『ハンカチが落ちましたよ』って拾って渡してくれたのが彼で・・・」と言ってました。
もちろん、真っ赤な嘘でございます。
でも、おたまちゃんはホント面白い。何度も言うけど、面白い。
どういう環境で育つとそんなおもろい奥さまになれるんだろう?というのが最近の謎!です。

投稿: 風のフェリシア | 2018年5月22日 (火) 13時17分

名馬ライスシャワー!
いい馬券をありがとう!!

ハンカチは、やはりハンケチがよろしいな。
京マチ子にハンカチは似合いません。

ハンカチでこんなほろリとするお話、
どうですか。

通勤電車でのことです。
座席で居眠りしていた男性のズボン。
チャックが下まで開いておりまして。
その前に立っていたお嬢さんは、
声をかけようかどうか迷っていましたが、
何を思ったかご自分のハンケチを、
男性の股間に落としたのでございます。

これで気がついてくれはるやろ・・・

しばらくすると男性は、
慌ててハンケチをチャックの中に仕舞い、チャックを上げてしもうたそうです。

なんもほろりとする話ではなかったようで。


投稿: NANTEI | 2018年5月22日 (火) 22時04分

baseball風のフェリシアさんへ
へ~~そうだったんですか(もう信じてる)
我が夫は「出会い」をたずねられると
夜道を歩いていて何かにけつまずいた。それがヨメだったと人に言っていました。
犬と棒の関係やね。アタシ電信柱の傍に落ちていた雲古扱い。
それに比べればフェリシアさんのお話はロマンティックで心温まります^^
塗り固める嘘にも品格の差がでるものだと思いました。

baseballNANTEIさんへ
そっかあ。あの新郎は最終コーナーでムチがはいるところだったんだ。それでハンカチを握りしめていたのね。
甘い!調教はこれからだぞ~~

ほろり。アタシだったら凝視続行やけど^^
お嬢様。ハンケチを返してもらいはったんやろか・・。
心温まるお話ありがとうございました。

投稿: おたま | 2018年5月23日 (水) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロマンティックなオープンガーデン | トップページ | そして巡り合い。於・空港 »