« G坊と二人で行く春の旅・越前攻め② | トップページ | スカボロウ・フェア »

2018年4月 6日 (金)

G坊と二人で行く春の旅・越前攻め・おしまい


baseballbaseball


(昨日の続きです)

Img_2317興奮度MAXで入館

博物館は恐竜の卵の形をしています。
入り口(地上)は3階になります。
⇐地下へのエスカレーター

なぜか無言のG坊の後頭部です。

heart02

帰りの電車から逆算すれば3時間半滞在できます。
十分やんupと思っていました(最初は)
まさか、最後の30分で
「帰りたくない・・」と涙目で訴えられるとは!

親も妹も捨てるといいます。
アカン。それはアカンでG坊~~

Img_2320Img_2318
Img_2321
Gサウルス。叫ぶ叫ぶ。

Img_2335

見学に夢中でお昼ご飯の時間がずれました。
それが幸いしたのか、館内レストランは3分ほどの待ち時間で席に案内してもらいました。
あまり広くないので行かれる方は上手に利用してください。
チケット提示で館の出入りは自由ですのでお弁当を持っていかれるのもいいですね。
外は遊具のある公園などもありました。

restaurant

Img_2326Img_2328
フクイラプトルのレッグです

肉食恐竜になりきるG坊。食事をしながらしみじみと申します。
「おたまさんと来る(行く?)のが一番、楽しいheart
そして、通りかかった(美人)スタッフさんに軽く片手をあげ
「美味しいですheartとニッコリ笑いかける。
さらにソフトクリームをあっちとこっちからスプーンですくっていたら
「一つを二人で食べるのは幸せheart

    ひ・人たらしか?・・この人 

cherryblossom

Img_2333館内の様子を書くときりがないので、各自入館料払って確かめませう。

お土産は
自由帳¥180
ヨカちゃんへ恐竜の缶入りお菓子

おねだりしないのがいじらしいので(そこが甘い!)
博物館発行の恐竜book¥1,000
10種類くらいの見本誌を念入りに見比べて
「16番おねがいします」
と自分でオーダー

いよいよ帰りのバスの時刻が迫ってきました。
一番お気に入りのポイントををしみじみ回ります。

博物館を出て
バスを待つ間、ちょっと濃い目のカルピスを自販機で買いました。(興奮して喉が渇いてたんや)
JR福井駅で早目の夕ご飯を食べておくと言いますので越前そばを召し上がり、道中が長いので大きなあんぱんと、もうジュースはアカンよ。と言われ天然水をサンダーバードへお持ち込み。
自分で掲示板をみて「しらさぎが入って来るから早く行こう」とせかされる。
bullettrain

朝の同じ場所で会社帰りの平凡パパと待ち合わせ。
G坊を御引き渡し。

これにてミッション終了でございます。

この日真綿ママは一日中スマホを握りしめていたんだとか。
サンダーバードで一人でtoiletトイレに行けた(ついてこないでといふ)
と聞いて大感激。そこ?

Img_2322最後にオマケ

鏡コーナーでは
恐竜と自撮りが出来るわけ。

知らんかった。
何であたしが映ったんやろって不思議だった。
そういうことか・・

(これで旅行記をおわります)


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« G坊と二人で行く春の旅・越前攻め② | トップページ | スカボロウ・フェア »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

そりゃ主役だもん、ご両親よりもグランマと一緒がいいに決まってます。
甥っ子や姪っ子が小さい時にもっと遊んでやればよかったな。
今年の秋の旅行のコースに入れてもらいますっ!!

投稿: ばんび | 2018年4月 6日 (金) 10時40分

ああ、面白かった。一番、感動したのは「帰りたくない・・・と涙目で」オイラのほうが泣けてきたじょ。これでG坊も親離れ出来る事がわかりました。次回ヨカちゃんとの候補地を挙げておきます。関東は、たま市に在る「サンリオピューロランド」、オイラは行った事なしです。

投稿: 坂口あんちゃん | 2018年4月 6日 (金) 22時55分

なんて賢い坊ちゃん!
何から何までgood boyで驚きました。
ハナクソほじりながら、ぼんやりテレビ観てるうちの孫と大違いbleah

投稿: 甘夏 | 2018年4月 7日 (土) 08時24分

baseballばんびさんへ
息子たちと母子旅行をよくしました。
あの頃「お母さんっていつもビール飲んでるな」と言われました。
で、今回はビールなんて思いつきもしませんでした。
すっごい感慨にふけっています(年取ったことに)
ばんびさん。一刻も早く行って来て下さい。
秋?いいですねえ。

baseball坂口あんちゃんへ
あの方、親より恐竜ですから^^
サンリオってキキ・ララ。キティちゃんですか?
う~ん。ヨカちゃんねえ。たぶん・・
そんな「やわ」な女じゃないと思います。
今の彼女の得意技は恐竜の声でお返事することです。

baseball甘夏さんへ
賢いでしょうcoldsweats01
小学生を目前にして「フ」「ラ」以下いっぱい字が書けない。
簡単な計算をたずねると、しばらく黙り込み
「その話は又にしよう」と言います。
でも、いいんです。人の子だからhappy01

投稿: おたま | 2018年4月 7日 (土) 10時10分

グッ坊ちゃん、出世すると思いました♪
これだけ感謝を言葉でちゃんと表せる子って、
そうそういない気がいたします。

しかし、恐竜ってどこがそんなに子供の心を掴むのでしょうね~。
私も家族で恐竜博物館に行ったことを思い出しました。

ヨカちゃんも負けずに恐竜好きになりそうですね!

投稿: 風のフェリシア | 2018年4月 7日 (土) 16時54分

baseball風のフェリシアさんへ
出世しますかねえ^^
俳句の季語で「竜天に昇る」というのがあるんですよ。あれって元は「鯉」だったんかなあ・・・。
私は大人になるまで「めだか」が「鯉」になると思っていたのでせめて「鯉」になってくれれば大出世です。でも、めだかの学校に入る時点でなんだかんだつまずいているようですので前途多難!
いいんです。人の子だからhappy01

恐竜ね。かっこいいんですかね。男心はわかりません。
ヨカヨカ恐竜は雄叫びをあげながら兄ちゃんを追いかけています。変。

投稿: おたま | 2018年4月 8日 (日) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« G坊と二人で行く春の旅・越前攻め② | トップページ | スカボロウ・フェア »