« スカボロウ・フェア | トップページ | 入学式・・・でした »

2018年4月10日 (火)

春の季語・風船


baseballbaseball


風船は春の季語になっている。
年がら年中あるんだけど春の季語なの。
なんでやろう・・・。

「風船」・・・ なんと斬新で独創的な言葉なんだ!
最初に「風船」と言い出した人を知りたい!

と誰かがどこかで書いていた。

「風」の「船」 

ほんまやね。
風の船でっせ。(オチ。ありません。あしからず)

何処までも大きくて色んなものを載せて遠くまで運んでくれる。
ああ。ポエムやheart

tulip

紙とゴムの二種類あるのね。

紙風船と言えば、小さい頃家にやってきていた越中富山の置き薬のおじさんからおまけに貰ったなあ。
元々薬を包む紙で風船を作ったのだろうか。
子どもの聞きかじりだけれど、薬売りのおじさん。あれは世を忍ぶ仮の姿で実は全国を行脚する忍者だといふ。あたしは信じていた。
だから、おじさんが来るとすっごく観察しました。
「毒けしゃいらんかね」と歌っていた毒消し売りの宮城まり子さんも女忍者だとおもってた。



     妄想ぽん幻想ぽんと紙風船  おたま

tulip

次はゴム風船

宝塚ファミリーランドが閉園したのが2003年4月
この可愛い遊園地と別れを惜しむ人で園内はいっぱいだった。
私は俳句、ハハウエ(というあだ名の年上の友人)はカメラが目的で美しい桜を楽しんだ。

     荷の番の祖父風船をあまた持つ おたま

おじいちゃまが浮き上がるのではと思うほどたくさんの風船だったっけ。

tulip

俳句を作っていてたまあに、自分でも「好きheart04」と思う句ができる
そのことは人に言わない。
でも、自分の好きな人にその句を「好きheart04」といってもらったら
それは飛び上がるほど嬉しくて、自信たっぷりに「好きheart04」な句になる。

・ 

    ともだちのやうに風船ついて来る    おたま

tulip

ささ。今月の兼題は「風船」ですよ。
ここ最近ずーとぼんやりしている
(クールワン咳止めのせいだわ。きっと)

ので。頭のなかふわふわです。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« スカボロウ・フェア | トップページ | 入学式・・・でした »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

風船という字を見るといつもあの“風船おじさん”を思い出します。ファンタジー号に乗って飛び立ったおじさん、どうなったんでしょうねえ。バカって言い捨てられない気がするんです。

投稿: ばんび | 2018年4月10日 (火) 15時33分

baseballばんびさんへ
おじさんねえ。アメリカで縫いぐるみショーに出てますよ・・・なんてね思いたいですわ。
ずいぶん前の話ですね。
あの時わっさわっさやっていたテレビ局。
最後まで追いかけてあげてよ!って思ったことを思い出しました。
人の噂(関心)ってすぐに移ろう・・
人情紙風船だわ。アレはヘリウムだったのかしら。

投稿: おたま | 2018年4月11日 (水) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スカボロウ・フェア | トップページ | 入学式・・・でした »