« 梅見かな | トップページ | 涙・涙の卒園式 »

2018年3月21日 (水)

奈良から春がやって来た


baseballbaseball


関西に春を告げる行事といえば

奈良・東大寺のお水取り です

お水取り(修二会)は3月1日から二週間かけて行われます。
行事が終わる頃には
「春やなあ。春が来たなあ」と、もう1200年の昔から関西人がつぶやくわけです。
そんな昔、書き込み投稿なんてあらしませんからね。
ぼそぼそとつぶやくんですわ。

おたいまつの火の粉を浴びようと二月堂の欄干下に大勢の人が集まる映像をご覧になったことがおありではないでしょうか。
お堂からは声明が聞こえてきます。
この声明。CDにもなっているんですよ。
たまあに、リサイタルあります^^

clover

Img_2242


ガチャピン(ご近所友)の姪御ちゃんが、この東大寺・春日大社の町内に住んでいまして、
ご町内と言ってもほとんど「境内」です。
こういう行事はお寺関係者のかたは元より近隣の大勢の方が協力してたずさわっておられます。
で、行事というのは年がら年中なにかしらあります。
その代りといっちゃあ何ですが東大寺落慶法要の時にはアタシ関係ないのに関係者しか入れないお席に座らせてもらったり
鹿がいつもご迷惑をおかけしますと言っては春日大社からおしゃもじいただいたりします。

姪御(Y)ちゃんがお水取りのお手伝いをしてきたと言って
おまかないのお弁当二つ(ひとつはおたまさんにって)と
「だんぐ」というお供えのおさがり餅を持って来てくれました。

だんぐの「ぐ」は「供」かな?

Img_2241


こんなレジ袋にはいっていました。Img_2243
飛竜頭・ごんぼ・ねじりコンニャクのお煮しめ
法蓮草の胡麻和え
おこうこ
白ごはん

おたまのおばあちゃんはヒロウスと言っていましたが
ヒリョウウズというのはポルトガル語なんだって!
去年の旅行でおそわりましたよ。

おだんぐはグッボウ達が来た時に皆さんで少しずつわけわけしてね
と言われたのに

とっとと、一人で食べました。 が~~ん。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 梅見かな | トップページ | 涙・涙の卒園式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

春分の日だけど寒いですね。
お水取りが終わると春が来ると母がよく言ってました。こちらの街で2月10,11日に鬼祭りというのがありますが、そこまでは確実に寒い。そのあと、お水取り、お彼岸と順々に春がやってくるはず…。うちは「ひりゅうず」です。

投稿: ばんび | 2018年3月21日 (水) 15時56分

桜は咲いたけれど、今日は雪で寒かったです。
お凌ぎといった感じのお弁当、1200年前と変わらず?bleah
質素ゆえ有難味が!good

こちらでは「がんもどきorがんも」です。

投稿: 熱烈 | 2018年3月21日 (水) 20時34分

baseballばんびさんへ
昨日は寒いお中日でしたね。
彼岸参りを週末に延ばしました。牡丹餅作って食べちゃいました。どうしよう。
鬼まつりは節会ですか。行事で季節を感じるこれが脈々と受け継がれ、体感(DNA)に組み込まれるんだわ。
だ~か~ら。よさこいソーランと違うのはそこなんです^^(突然思い出して怒る)
お祭りを都会のイベント会場に持って行って時をかまわず見せても意味ないじゃん。と思ふ。
飛竜頭←すばらしい漢字変換good

baseball熱烈さんへ
関東は雪が降ったそうですね。
こちらも冷たい雨の一日でしたが、桜の開花予想は例年より9日早いらしいです。
パッと咲くんだわね。きっと。
御凌ぎ、いい言葉ですねえ。しみじみ。
もう、お茶席なんてご縁がなくなってしまったわ。
御凌ぎほど上品ではないけれど、こちらには「むしやしない」という言葉があります。
おばあちゃんと京子ちゃんがよく使っていました。京子ちゃんはお祖母さんっ子でした。

投稿: おたま | 2018年3月22日 (木) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅見かな | トップページ | 涙・涙の卒園式 »