« プロとアマチュアの違い | トップページ | ピカピカの入学式 »

2018年2月26日 (月)

おらおらでひとりいぐも


baseballbaseball


深い事情はよく分からねども
Googleポイントというものを頂戴した。1000円分だ。
うれしいよ。
世間の片隅にひっそり暮らすこんな未亡人に誰が1000円も下さるというのだ。

使い方を周辺の人(真綿嬢)に聞いて
有料アプリというものを入手することにした。
水原秋櫻子の歳時記がエエなheartと思ったら1350円だった。

アタシのスマホは明星氏が契約して明星氏が月々の支払いをしてくれているのでいくらかかっているか知らない。
その上、1000円は賄えるとしても「後、350円足らんから払うといて!」とはいくら生みの親でも言えたものではない。
つーか。手続き(操作方法)がわからない。なんと、うぶな女だ。

「書籍」の最初に出てきた「おらおらでひとりいぐも」(935円だっけ?)を購入した。
芥川賞受賞前から新聞の書評欄で取り上げられているのを知っていた。

関心を引いたのは何と言ってもタイトルである。

clover

教科書ではなかったと思う。
たぶん・・謄写版で刷ったプリントが配られた。

机の端から順番にワンセンテンスずつ読まされた。
多分、4番目くらいだった、私の時に教師はそのまま続けて読むように言った。

長いんだ・・これが・・
方言がはいっている。
「ああ トシコ・・」

クラスにトシコが居た。ちょっとみんながクスッと笑い、私も笑った。
そしてこの言葉に出会う

「ora ora de hitori egumo」

前身の毛穴が開いたような感覚。それを覚えている。
教室中がシンとしていた。

今、まさに死にゆこうとしている「ワタクシの妹」
賢治の悲しみが理屈ではなく迫って来る

なぜ、この部分だけがアルファベットなのか!

clover

風の噂ではトシコは5人の子どもを産んだらしい
(クラスメイトのほうのトシコね)

今頃どうしてるんかな・・
などと思いを馳せながら、この初めての電子書籍を読んでみよう。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« プロとアマチュアの違い | トップページ | ピカピカの入学式 »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

明星氏、孝行息子で羨ましいわぁ~
育て方が良かったのねgood

「おらおらで・・・」賞をとる前に図書館予約すたけんどまだっす。
東北弁のiとe、siとsuとかの違いや鼻音とか、耳に柔らかくて好きですheart
オリンピックで「そだね~」が有名になったけれど北海道弁も東北弁からみたいですね。
「雨にも負けず・・」の朗読をYouTube長岡輝子さんで聴いてますear

投稿: 熱烈 | 2018年2月26日 (月) 19時25分

baseball熱烈さんへ
孝行息子でしょhappy01
その代り、散々痛い目に合わされましたがな。校長室で何度頭を下げさせられたかannoyま。いいんだけどね。
大急ぎでYouTube見て来ましたよ。
長岡輝子さんいいですね。素敵ですね。
「永訣の朝」いろんな方が朗読しておられましたがピンとくるのに出会わず残念。

投稿: おたま | 2018年2月26日 (月) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロとアマチュアの違い | トップページ | ピカピカの入学式 »