« 僕を好きなのは誰?キエン・セラ | トップページ | いつも二人 we're all alone »

2018年2月 1日 (木)

久しぶりの「そして神戸」



Img_2067_2神戸市立博物館へ行ってきました。

 

 

500円のロングスカートがとってもお似合いのおたまちゃんです。写真ではわかりにくいけれど濃ゆい紫のニット。

 

黒のウールのコートに、お誕生日にエミリーに貰ったファーと自分の力で買ったベレー帽を合わせてみました。

もうね寒くって都会に出て行かないから今どきのファッションがよぐわがんね。

ダウンジャケットにロングブーツなんて中高年おばさま以外は皆無だったよ。
若い娘っ子は、みんなオレンジ系の赤い口紅だ。
’80バブリー時代を思い出します。色が白く見えてみんなとっても可愛い。

ボストン美術館の至宝展がそろそろ閉幕とのことで誘われたのだけれど。
絵画とかゲージュツとかの初心者おたまには古今東西いろんなジャンルのビッグネームが一度に観られて楽しうございました。
一番見たかったのは、英一蝶の「涅槃図」でした。
丁度、「歴史勉強会」で一蝶の絵を見る機会があって関心がありましたの。

涅槃図は春の季語になっているんだっけ?
「気を失せしアーナンダ居る涅槃絵図」 おたま  イマイチ

65歳以上の神戸市在住者は半額なのよね。
いいねん。あたし65歳でもないし神戸市民でもないし
といいながら、JAFカードで200円値引きしてもらった。

アタシ、不思議やねんけんど、みなさんなぜコインロッカーを利用されないのだろう。
みんな着ぶくれて大荷物でご鑑賞なり。100円入れても100円返ってくるんだよ。

元、アメリカ領事館がお店になっていて
Img_2073

こんなキレイなスターターが出て来てランチでごじゃる。
右下ごぼう、泡はすだち、その下はお姉さん早口で聞き取れなかったドレッシング。

Img_2071
こんなところにこんな建物あったけ?
震災後に移築してきた?
いや。もともとあって改修したのかな?

 

Img_2074お食事が運ばれる前に
こそっと、室内をパチリ

Img_2072


画家の自画像のコースター、おたまはゴッホ。
ガチャピンはピカソだった。

 

そそ。ガチャピンと行きました。

行くとき駅までヒロシ(ガチャピン夫)が送ってくれた)。
「ゆ~っくりしてきなさい。お昼も夜のお食事も済ませてきなさい」って。

よっぽど一人になりたいんやね。

それでゆ~っくりブラブラして、夜ご飯も済ませて帰りました。
むか~し、二人で色違いのカーデガンを買ったお店がまだあったので入りました。
でも、ときめくものが無かった。
帰りにニシキタでお茶をして、おもちゃのようなイヤリングを買いました。
二人、お揃いです。女学生みたいでしょ。
年喰ってるけどね。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 僕を好きなのは誰?キエン・セラ | トップページ | いつも二人 we're all alone »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

ボストン美術館、名古屋にあるけど今年の10月で閉館みたいです。2月18日から7月までこの「至宝展」があってそのあともう一回展示があるらしいです。暖かくなってから観に行ってきます。

投稿: ばんび | 2018年2月 1日 (木) 18時01分

ばんびさんへ
米国の姉妹館があったとは知りませんでした。閉館は残念ですね。
お金持ちはもっとゲージュツを育てるべきだお金を出すべきだと思います。
佐川急便とか大塚製薬とかがんばってはります。
展示は古代エジプトから中国・日本・フランス・アメリカの絵画や版画や写真や現代アートまでが「ちょこちょこ」と美味しいとこどりというか。松花堂弁当みたいな展覧会でした。
もし行かれたら、ひっくり返っているアーナンダを探してくださいね。

投稿: おたま | 2018年2月 1日 (木) 18時23分

「ボストン」が神戸に廻ってきましたか?
なんだかいろんなものが飾ってあって、
何を見たのか忘れてしもーた。
ま、今朝食べたものも忘れるくらいやし!

だいたいに、美術展見てくる、
ちゅうのはその後の居酒屋目的で・・・
ここだけの話でっせ!

モツ煮こみでチューハイ舐めたとたん、
今日見たのは北斎やったかな、
ゴッホかな?八代亜紀かもしれん。。。

てなことになるんですわな。

投稿: NANTEI | 2018年2月 2日 (金) 14時50分

NANTEIさん
知識とか理解とかがペラッペラなので教科書に載っていた名前を見つけてはホ~ッ。ヘ~ッてな感じで見ています。
ゾーケーの深い兄ちゃんにガイドしてもらったら100倍楽しいと思います。
せっかく見に行ってもあまり残らないからもったいない。
アタシのバヤイはそのあとで酒を飲むからではない。それ以前の問題ね。
それにしても、たくさんの日本の作品がはるばる海の向こうに行っているのですね。

投稿: おたま | 2018年2月 2日 (金) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 僕を好きなのは誰?キエン・セラ | トップページ | いつも二人 we're all alone »