« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

僕を好きなのは誰?キエン・セラ



12月からレッスンしている
キエン・セラ(僕を好きなのは誰かな?)ですが

なんちゃってスペイン語もうまいこと口がまわるようになってきてエエ感じです(自己評価)
キエン・セラ(re) ラ(le)ケメ の二つのララも意識できとります。

これも、わが友、バイリンギャルのお蔭です。
ありがとう。
ただ。先生がびっくりしはってね。

ご自分がCD入れるときはその筋のひとから
「他の愛があるだろうか」なんて哲学的な歌の解釈を受けていたから

「今晩もどうよ!オ~ラッ!」みたいな恋のささやきだったとは
目からうろこ。う~ん。肉感的!
と大層気に入られています。

いえね。これは友人の願望でして・・・。
とは。滅相も無い!言っておりませんのでね。
(以上。業務連絡でした)

秋からメンバーが倍増した「どんじゃらほい」でございます。
その中にこの人ら絶対勘違いしてはるわ
と思われるふしの「本格派」がヒーフーミー。

グリークラブ出身男子(直立不動)

コロラトゥーラ大得意の、変声期前のウィーン少年合唱団の声をお持ちのソプラノマダム。
ご夫婦です。

お二人とも今のところ、嫌がらず機嫌よくレッスンに来てはります。
それで、ご主人様がこのケン・セラを2部(たまに3部)に楽譜を起こしてこられました。

いやいやいやいや。頭がさがります。
ウチラ。鼻歌で「今夜もどうよ!」と調子こいている場合では御座いません。
思わず背筋が伸びますわ。(ウソ)

そんな事でなかなか苦しい楽しいキエンセラになりそうです。

てっぱん パンチョスではなく
へっへ。へへへへ(なんちゅう不気味な笑い)
IL DIVOが歌いあげておりますので。どぞ! 

おっとこまえがヒー・フー・ミー・ヨー
(束になってかかってこんかい!)
いい男パラダイス。

顔が良いのに声がいい。
神様って不公平。ね。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2018年1月22日 (月)

坂東玉三郎を考える



今日こそは行こう!と思っていたのに
シベリア大陸から-60℃の寒気団がやって来るというニュースにビビって
結局、ストーブの上で蕪と鶏肉を煮込んだりしている。

案の定みぞれが降って来た。
これでいいのだ。間違いない。ほんまか?後悔していないか?

大阪松竹座新築開場二十年で初めて「初春」を欠席した。
今年は坂東玉三郎の舞踊公演である。
舞踊ってむつかしいんよね。
特に玉三郎のような心理主義の踊りは知的素地がスカスカのあたしなんか
「きれいやなあ」とポカンと口を開けてみているだけでいいんやろかとおもってしまう。

そんな理屈いわんと。目のお正月を楽しむだけでよかったけど
ちょっと、勉強してから見たい・・なんて思ってしまった。

しかしっ!お臀部がもぞもぞする。

やっぱ。明日行こうかなあ。

人は玉三郎を「天才」という。
傑出した美貌と技芸で女形としての地位を築きあげた。
しかし、万人が認める第一人者で在りながら、彼は歌舞伎界の頭領には成りえない。
だからこそ、歌舞伎以外の世界に目を向けたのではないか。
ひたすらに一本道を歩き通し頭領の位置に押しあがった歌右衛門にはなれないのだ。

歌舞伎ファンとしては純粋に歌舞伎の芸の道だけを進んでほしい(もったいない)と思ったこともあったが、そんなこと心配しなくとも彼は「美しい才能に恵まれただけの人」ではなかった。
努力と深い洞察と哲学者のような論理的な思考を持ち合わせた、やはり「天才」なのだと思う。

Img_0672


NHKEテレ「にっぽんの芸能」特集回
「伝心~玉三郎かぶき女方考~」を見た。再放送も見た。

「京鹿子娘道成寺」が玉三郎の解説でほぐされてゆく。
芸の神髄を惜しげもなく伝えてくれる。

恋をした女の「恋のバリエーション」という見方しかしていなかった私は。顔面真っ赤!恥ずかしい。思わずテレビの前で正座しちゃったよ。
特に、恨み・・それは男への恨み、恋をしてしまった自分への恨みだけではなく、「時間」への恨み。誰にも平等に与えられた時間への恨みだという解説に感動で立ち上がれなくなった。
老子だよ。「道」(タオ)を語る老子だよ。玉三郎さん。

ゴーン。ゴーン。
玉三郎だけに聞こえる鐘の音。
鐘に恨みは数数ござる
そうなんだ。鐘って時間だったんだ。

恋に落ちる。ということ。
それは「恋をする」という事とは違う「落ちる」ということ。
といいながら清姫の手拭いを肩口から落として見せる。
そっか!「恋は引力」かあ。φ(..)メモメモ

透明感のある気高い踊り
やはり、見られるうちに見に行っておこうかな。

今年一年。生きる張り合いが出来ました。
今後。年間数回の放送が予定されているそうだ。
四年前から既に40演目の収録済み。

NHK。恨み言いたいことは数数ござるが
やっぱり。エエ仕事しはるわあ。

惜しむらくはウチ、録画機能がないんよね。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (3)

2018年1月19日 (金)

不審物を分け合う



年末の句会での事でございます。
お手洗いにいきましたの。(ワタクシとて人間です)
個室が4つほどのこじんまりとしたお手洗いです。
感心するのはさほど新しい建物でもないのにいつも清潔でピカピカなんです。

人間というものは3種類にわけられます。

一番手前。真ん中。一番奥に入る・・・・の3種類です。
さて、あたくしはどのたいぷでせう。
正解の方には「不審物」を差し上げます。

あらま。そんなに真剣に考えていただいて恐縮です。

 

で。

 

小さな棚にパウンドケーキの大きさの箱が置いてありました。
「ご自由にお持ち帰りください」と鉛筆書きのメモが貼ってあります。

はは~~ん。びばのんのん。
ピピンときましたの。

先ほどここから出て来られた魔法使いみたいな小っちゃなおばあちゃまの仕業だな。って。
挙動不審だったのです。

中には、入浴剤が入っていました。
ちょっとためらったけれど、手に取りました。

何時から人は人を疑うようになったのでしょう。
怖ろしい事件が発生して、もし駅や電車の中でケーキの箱を見つけたとしたら、車両を移ったり、ドキドキしたり通報したりするでしょう。
昔なら「忘れ物」とまず考えたものですが。


ご自由にお持ち帰りください
それが誰かの素朴な善意だとしても、ちょっと身構えてしまうそんな世の中になっているのですね。
悲しいけれど仕方がありません。

断捨離の最中に見つけたものを捨てるに捨てられず誰かに使ってもらえたら・・と思われのかなあ。ウチの姑さんの世代は「もったいない」が体にしみ込んでいるんです。

 

Dsc04683
   (最近おりこうな春駒Ⅱちゃん)

教室に戻って、皆さんにお見せしました。
宝塚マダムも西宮マダムも芦屋パパも
「喜んでいただくわ」とおっしゃいました。

この日は歳末の用事やら風邪ひきやらで欠席が多く12名でした。
旨い具合に一人三個ずつ行きわたりました。
私はセージの香りの入浴剤をいただきました。


この日は一年の最後の句会で、庭の柚子をよいこらしょと持ってこられた方。
アメリカ土産のチョコレートを持ってこられた方がありまして、
ついでに、私のポルトガルの金平糖も参戦して
入浴剤と共にわけわけしました。

クリスマスプレゼントやね。といいながら。

残念なことは、魔法使いさんサンタさんにお礼を言えなかったことです。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2018年1月18日 (木)

恋をしましょう恋をして・・



わたしたちの恋の始まりが希望の始まり
ひとつだってそのことを疑ったりしない
きみのことを考えて道を歩きながら
きみのおかげでわたしはさびしくない
ひとつだってさびしくはならない
わたしは口笛を吹き春の雨に濡れてどこまでだって歩く

 

わたしたちの青春は花ある青春だ
ジンジャエイルで喉をうるおし
歓喜の果汁でからだをぬらす夜明け
悲しみの風にからだをかわかす午後
一九六〇年 あまいムードにつつまれたわたしたち
ニッポンのうつろにやさしい恋人たちに幸いあれ、だ。

  (小長谷清実詩集より・花ある青春抜粋)

 

Dsc08017
昨年末最後の兼題が「古暦」(ふるこよみ)だった。
手持ちの歳時記によると。
来年への期待感からそれと相反する「年暮るる」ものがなべて古くみえる。古暦はその象徴。とある。

わたしはごく平凡な句しか作れなかったが、ある一句に話題が集中した。

 

    「雨の日にはじまった恋古暦」 M

 

自慢じゃないがこの句会。平均年齢がかなり高い。
このワタクシが(たぶん)最年少ではなかろうかと思っている。
いったい、このメンバーのどなたの御句?ということで少しざわついた。

もうね。ちんまりまとまった、枠からはみ出さない、予定調和な句ばかり作っているので
非常に刺激を受けましたよ。
俳句にフィクションを取り入れることは「アリ」です。
絵空事ではない「虚」は時として詩的です。

但し、私の属する結社(こちらの句会ではない)では「虚」を詠むことはあまりしないのです。
あくまでも写生第一ね。写生から詩をすくいあげる。

納め句会の帰りに、指導してもらってる先生から
「おたまさん。来年は恋の句。期待していますよ」と言われてしまった。

私ね、今度生まれ変わったら
恋多き女になりたい。
美しい恋を数えきれないくらい経験してみたい。
自分で言うのもなんだけど「汚い」人間なので、自分が一番好きなんだ。
恋の経験値が低すぎる。
はあ~っ。

現世で「実」はありそうにもないので
「虚」の世界で創作してみたいわ。


で。きれいな詩集なんかを開いてみたりしている。
ああ。遠い世界だ。

Mさん(↑の作者)に経験談ですか?ときけば
歌謡曲の中にあったのよ(うふ)

 

とのことでした。
やりますのう。

 

Dsc08016

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2018年1月17日 (水)

夢に腹を立てる



あ。忘れてた!
POO氏。お誕生日おめでとう!
(ここ見てるかどうか怪しいけど)

きのう、だったのかしらね。幾つになったの?
体重の半分?わ~~い。おめでと~~~。

昨日はお母ちゃんの命日でした。

朝方、夢を見ていました。
母の妹(NHKのど自慢で見事!鐘一つの過去を持つ)の旦那さんが、自動車を買いたいっていうの。
(夢の話ですよ)
それで、とっても困ったことになっていて、母が私に78万円貸してほしいっていうんです。
母と叔母と私はカーディラーのショールームにいるらしい。

私は仕方がないな。と78万円(も!)渡します。
何故仕方がないかと言うと、
私は母の弟、M叔父さんから「これで車を買いんさい」と言って100万円を貰ったことがあるのです。
(これは現実の話ね)←おじいちゃん(M叔父さんの父親))が夢枕に立って命令したらしい。

(夢の話に戻ります)
私って、夢の中でもしっかりものなのね。
ディラーの営業マンに計算書を見せて下さいって言います。
なんと、そこには28万円と書かれているではありませんか!

やりおったな。おやじ
叔母の夫は大きい声では言えないけど小さな声では聞こえないのでここに書くけど、
メタンコ「堅い」お仕事をなさっていたのが退職と同時にネジがはずれたのかギャンブルに走り晩年の叔母を散々泣かせたのです。(これは現実の話ね)

ギャンブル親父は50万円をぽっぽにないない
腸内ガスを放出(屁をかます)したのです。
腹が立ちます。叔母が可哀想でねえ。(ここは夢)

目が覚めて、母の命日だって気が付きました。
叔母に何かあったのかしら。連絡してみよう。
と、アドレスブックを開くと前の住所と電話番号です。
(そうだ!持ち家をたたき売ったんだっけ)
ギャンブル叔父さんが迷惑を掛けるからと親戚中に付き合いを断っていたのです。

Dsc06656

ああ。可哀想な叔母さん。
母が生きていたら92歳なので叔母さんは87歳になるんだわ。
従弟はしっかり者だしお嫁さんも良い人だから心配はないと思うけど

○○小町って言われて評判のベッピンさんだった。叔母さん。
そうだ!「りんごの唄」でも歌おう。
若き日の叔母さん、これで鐘一つ鳴らしたんだ。

でも・・・・・・

お母ちゃんに報告できないな。
きっと妹の事が心配で私の夢に出てきたのだろうからね。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2018年1月16日 (火)

築浅未入居物件アリマス



何処へ行ってしまったの

何があったの
あたしのせい?

あなたは居ないのね
いくら呼んでも・・
Img_2061

旅行中に庭に入ってくれた植木屋さんが張り切って、どこもかしこもツンツルテンに切ってくれたお庭。

はあ~。来年、花は無理だな。
と、大好きなこでまりを眺めてため息をついたけれど

年末にこんなものを見つけた。

アタシのじゃんけんグーの二倍の大きさ。
ドラえもんのグーくらいかな。知らんけど。

Img_2062_2
どなたのお住まいだったんだろう。
出来るだけ庭に出ないようにしていたのに。

今朝、そっと お家の中を覗いてみた。

団栗が2個入っていた。

カワユイ かわゆすぎる 

帰って来てくれないかなあ・・


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2018年1月14日 (日)

見習いたい。あやかりたい。



歴史の勉強会はただいま13・4人で定着している
漢字の「回」の字に机を並べて、若いあたしは外周の席だ。

前の席の女性がくるりと振り向いて
「今年もよろしくね」とおっしゃった。

「アタシね、昨日で91歳になったのよ」

91歳。一人暮らし。見習いたいわね。
この方の素敵さは何なんだろう・・と思っていたが
言葉がきれいなんだな。と会話をしながら思う。

しばきあげるぞ。あほんだら。

なんて、心の中ででもおっしゃったことは無いだろう。
見習わなきゃね。

Img_2043

見習いたいといえばM氏
昨年は二度ワシントンへ抗議行動へ行かれた由。
年賀状には
反核条約国連通過 これからですね。と書かれていた。
旧制中学14歳のときヒロシマで被曝。
という事は、今年卒寿?
70代の半ばまでエロ爺さんだったのに、とつぜん仙人になった。
それ(生臭くなくなった)をいうと(いうほうも言うほうだが)
いけませんねえ・・。と仙人顔でおっしゃる。

F氏の年賀状には
It`s never to late to lean
と。太字で。
80の手習いで何かを始められるらしい。
駅の階段一段飛ばしは続行中。

O君はタメだけど爺さんには違いない。
いまだに ビーチ・ボーイ 
あと何年できるかな。といいながら今年はケラマの海へ行く予定
相変わらずギター抱えてホーム慰問しているのかな。
(聴かされる)お年寄りの体に悪いで

・・・・・・・

みわたせば。女性より男性の方が元気だなあと思います。
アタシも元気を出して・・・
今年の目標・・・

 

   あれ? なんだっけ!

 

二週間しか経っていないのにもう忘れてる。

あかんやん

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2018年1月13日 (土)

年賀状に考えさせられました



Dsc07212


毎年、年賀状にその年の干支にちなんだお話を書いてくださる方があります。
今年は戌年。

「’45年8月の暑い夏の日、軍隊への供出として首にナワをまかれ引っ張って行かれた○○を思い出します。
悲しそうな遠吠えは耳にやきついています。」

先日、歴史勉強会でした。
雑談の時間に先生にお尋ねすると
「食用でしょうね。ほとんどの場合」
とのことでした。

「我が家の馬は兵隊さんになって大陸へ行った」
と、きいたことがあります。

北方戦線の防寒用の毛皮を作るためウサギを繁殖させていた島へ行ったことがあります。

戦争を教科書でしか知らない自分には知らないことだらけです。
いったん戦争が起きれば巻き込まれるのは人間だけではありません。

2011_031  2011sicilia_101_2 2011sicilia_067


今、勉強会は「南宋の初期」をやっています。(日本では清盛の時代の終わりから室町時代直前ですかね)
南宋の全盛期を築き上げた「孝宗」は名君と称えられた人です。
この人を学ぶにつけ、真の名君とは
戦に強いかどうかではなく、平和な時代を築いたかどうかであるということを強く思います。

隣国(金)とのもつれにもつれていた関係の修復を図り、
内政においても改革に取り組み大いなる成果をあげます。

・・・・・・・・・・・・・

2011sicilia_252 2011sicilia_690 2011sicilia_893



強い姿勢で闘い続けるという我が長期政権に「修復」の気持ちがあるのかどうか・・
気持ちがあったとして、その姿勢のままでよいのか・・
修復をはかる(と思っている)手段を見誤らないで欲しい・・

今年はいぬどし。

すべてのワンコが幸せでありますように!

Dsc02014←我が家の愛犬に
あまりにもそっくりで
つい。パチリ
(バンコクにて)


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (3)

2018年1月12日 (金)

あけましておめでとうございます



動作が遅いのは老人だから仕方がないとしても
終末処理がもたつくのは困ったものでございます。

いえね。
春駒Ⅱ(マイPC)のことですねんけどね。
5年。
そんなものなんですかね。

シャットダウンが出来ませんねん
何かのアプリが妨害しているようなのですが、一体それが何なのか。
ニフにもめっさ入りにくい

年末から、ご機嫌斜めで里子(メンテ)に出しました。
若干サックリして帰って来たけど抜本的な若返りと言うわけでは御座いません。

Img_2035

明星氏が何でも欲しいもの買ってあげる。
と言います。
心のどこかで、春駒Ⅱがくたばったら、もうPC要らんかな?って思うています。
いいもん。他の事して遊ぶもん。

と、年頭からしょぼいハナシですが
いけるところまでいきますんで、とりあえず今年もよろしくお願いします。

お正月。とってもいいお正月でした。
(思い出すのもくたびれます)

今年も(私にとって)穏やかで幸せな一年でありますように
と心から祈念しております。

ギョーム連絡

スマホでご訪問の際はPC表示で見ていただければ、たいへん嬉しうございます。
これでも写真のレイアウトとかセンスないなりに頑張ってまんねんやわ。

このブログはリンクフリーです。
あなた様の三里のツボでもお尻のえくぼでもどこに貼っていただいても結構です。
見知らぬどなたさまかのところから来られた見知らぬ方とのお出会いを楽しむことも多謝でございます。

たまに載せておる俳句。実力ないなりに作ってまんねんやわ。
転用・盗用はやめてね。・・・・こんな俳句・・・・
あなた様のセンスが疑われます。と申し上げておきますね。

よぷ子ちゃん。たまに覗いてるんやて?
一笑で明太子一切れ。送ってきなはれ。


パスワードなんたらて言うてるぞ!どないなっとんねん!
のご指摘ありがとうございました。
ただいま、出玉処理いたしましたので・・。ごめんちゃい。

                          以上


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (13)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »