« Everyday Everyday | トップページ | キエン セラ »

2017年12月 4日 (月)

結構楽しいゾ



893なアニキの真似をしてこんなことして遊んでみました。

写真俳句というのは写真からイメージを広げたり、発想を飛ばしたりするもののようです。
アタシのは写真に俳句を乗っけただけ。
と。まずお断りをしておきます。

Img_1095_2


Img_1182

いやいや。893ながら兄ちゃんは凄いとしみじみ思いました。
文字の色や書体をえらぶことも計算し尽されています。

写真のクオリティは足元にも及びません。カメラの所為にしておきませう。
俳句はね・・
いいんです。これでいいの。自己満足の世界だから。

見た儘をそのままに詠む。詠むといふ事は何かが心に触れたからに違いありません
てなことを、水原秋櫻子センセも、もっと難しい言い方で言っておられます。

あ。決して満足はしていません。

Img_1809_2

リスボンを漢字で書くと「葡」だそうです。
漢字検定天才キッズでも読めないと思うのでカタカナにしました。

・・・・

兄ちゃん!顔を洗って出直してきますわ。
                          極道妹より


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« Everyday Everyday | トップページ | キエン セラ »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

漁師のオイラに俳句の優劣は判りませんが、N亭師匠の鰈と平目の句にはお世辞抜きで素晴らしいと感じましたです。今度の日曜は親友の結社の吟行でアッシ-として手伝いの予定。 (蛇足、B息子は宿直の多い超変則勤務の職業で、BとはBAKAの略でやんす)

投稿: 坂口あんちゃん | 2017年12月 4日 (月) 12時15分

誰が893やて?

読んでゆくとなにやら思い当たるふしがある。
しかし893やないで!極道やで!

写真俳句は面白いでしょ。
写真俳句ちゅうのは、
ぱっとしない写真にどうということない十七文字を入れることで、なにやら意味ありげなもんに化けるわけで。
いわば互助会のようなもんです。

極道の妹はん。
第一作にしては、よく壷を押さえてます。
栗鼠凡の焼栗屋に「天」。


投稿: NANTEI | 2017年12月 4日 (月) 20時36分

坂口あんちゃんへ
一人息子さんとお聞きしていましたので、てっきりどこかに隠し子A君がいらっしゃるのかと・・・
いやあ。その結社うらやましいです。
アタシも連れてって~(船ならば・・)
俳句やる人って物好きでしょ?どこへでも行く。

NANTIさんへ
あはは。互助会!旨いこと言わはります。
某NHKの元アナウンサーに披講してもらったことがあります。どんな名句やねん!と錯覚しそうでした。
それに似たものがあったです。
兄ちゃんはちゃいますよ。作品になってる。
いやほんま。
栗鼠ねえ。「天」じゃなくて「凡」だす。

投稿: おたま | 2017年12月 5日 (火) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Everyday Everyday | トップページ | キエン セラ »