« ポルトガル⑭ファドの夜 | トップページ | ポルトガル⑯リスボンの世界遺産 »

2017年11月23日 (木)

ポルトガル⑮二夜連続でファド三昧



Img_1753
リスボンは7つの丘の街といわれます。
石畳の道を上るか下るかのどちらかです。
電車も浮いて(?)おります。

アルファマ地区は最も下町の味わいを残す旧市街であり、
ぶっちゃけ柄が悪い(ごめん)石畳の上に犬の雲古が落ちてるし、ゴミ箱の隣にオジサンが座っていたりする。
そして、ここにファドを聴かせてくれる素敵なレストランが固まっているのです。

ファドの演奏は大体20時ころから始まり翌日の2時(深夜!)くらいまで続きます。
観光客の夜のお出掛けだいじょうぶ?
大丈夫なんです
テロやデモなど政治的なことも含め治安の心配はいりません。
なぜなら、国に体力がないから(ごめん2回目)
・・・などと勝手な理由をつけGO
一応タクシーで行きました。根性ないんかいっ!

Img_1700オーナーが世界的に有名なポルトガルギターの名手であることを、知っている人は知ってる(アタシは知らない)このお店。
名だたる方が訪ねているようです

Img_1702

若き日のRyuichi Sakamoto
ウッディ・アレンとか・・あと
顔は分かるが名前が出てこないお年頃でごめん3回目。

お店はアットホームで良い雰囲気です。
Img_1704
おたまちゃんは左の手前(いわなくてもわかる?写真は中央で写りたいタイプ)
で。このセーター。ちょっと覚えておいてね。この日のお昼に買いましたの。

そんなことよりファドです
Img_1710

中央の男性はギタリスト。女性(ファディスタ)は柱に背を凭れて歌います。
ええぞ~。このやさぐれ感。
2・3曲歌っては休憩が繰り返されます。登場するファディスタの力量もだんだんと上がってきます。このオネイサンのあとに腹話術の人形みたいな男性が登場し、次に出てきた女性ともなると聴かせる。聴かせる
ポルトガルには コインブラで学んで、ブラガで祈って、リスボンで遊ぶ。という言葉があるそうです。遊ぶぞ~。
とは言え、旅人の悲しい宿命。明日は明日で色んな所へ行く予定があるのです。
もう帰らなきゃ!午前零時のシンデレラは

Img_1717お店を出たところをパチリ。

お値段ですが。
料理によって変わる。
コースで頼むと70€。それにワインを頼むので1万円以上になります。
我々は、ここが友人旅行の良さなのですが、お料理を単品でとって、ワインもシェアしてチップもタクシー代も含めて@40€(≒5400円)でした。
結構、お腹いっぱい。大満足です。

Img_1826

リスボンはまだまだ。宵の口。
路面電車は夜中の1時2時まで走っているそうですよ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« ポルトガル⑭ファドの夜 | トップページ | ポルトガル⑯リスボンの世界遺産 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

11月25日(土)10:25~読売テレビ「あさパラ」でポルトガル特集やっています。
ハイヒールの二人がリスボンの街を……。

投稿: Kana | 2017年11月25日 (土) 10時30分

Kanaさんへ
わ~い。ありがとうございました。
Kanaさんのコメントを見たのが10:43大急ぎでテレビをつけたら、
ペナ宮でした(ここ行かんでもエエやろと行かなかった)それで、オビドス、コインブラと。きゃっ!もはや懐かしい場所が・・ジンジャの店のオネイサン。二人いて綺麗な方が映ってはった^^。モモコさんの忘れ物のエッグタルト。私たちも行列して買ったんですよ。オビドスの金平糖も。
タイムリーな情報ありがとうございました。
しかし、映像的には赤いお洋服がよく映えていましたね。寒い暑いだけで服えらんだらあきませんね。今更おそいわ。ゲーノー人じゃないしまあ。いいです。

さんへ
年寄は夜に出歩かん方がよろしいです。
正解です。
私たちもタクシーでドアtoドアです。

投稿: おたま | 2017年11月25日 (土) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポルトガル⑭ファドの夜 | トップページ | ポルトガル⑯リスボンの世界遺産 »