« ポルトガル⑰やってきました岬のはてへ | トップページ | ポルトガル⑲彼らは世界の果てのプリンスと紹介された »

2017年11月29日 (水)

ポルトガル⑱女の子なら憧れる。誰が女の子やねん。



(シントラ王宮)

そらもう姉さん。何ですわ。
今回の旅行では、アズレージョ。アズレージョ。ってようけタイルを見せてもらいましたが
まあ。飽きることはありませんわ。可愛い・綺麗・温かい。
(写真はクリックで拡大できます)
Img_1670Img_1643Img_1672
右は王宮が建てられた14世紀のオリジナルです。

Img_1663

Img_1666

シントラももちろん世界遺産の街です。王宮を中心にした街の景色や王室・貴族にまつわるどろどろのお話は、老若女女の心をとらえて離さないことでありましょう。
エゲツナイでっせ

Img_1640 Img_1641
Img_1653料理の器。
ウシには牛の料理を。
カモには鴨料理を。

 

たまに猪に魚を入れたり
(ナイナイ!)

 

Img_1677


それを、こんなところで調理して

 

Img_1682
こ~んなところで召し上がるのかしらね。



Img_1654 Img_1657
旅箪笥。航海の時に運んだのかなあ。

 

Img_1665天井絵の一つ一つに物語があり

 

Img_1638
Img_1675華麗すぎて言葉が出ない。
キラッキラしてたんやなあ。
ゴールドラッシュのブラジルから金を一杯運んできてたんやなあ。違うかなあ。

 

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

ポルトガル記。明日最終回(たぶん)です。

 

|

« ポルトガル⑰やってきました岬のはてへ | トップページ | ポルトガル⑲彼らは世界の果てのプリンスと紹介された »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポルトガル⑰やってきました岬のはてへ | トップページ | ポルトガル⑲彼らは世界の果てのプリンスと紹介された »