« ピザを初めて食べた日 | トップページ | 三つ編みの三人組 »

2017年10月 5日 (木)

花嫁御寮はなぜ泣くのだろ


baseballbaseball


昨日のばんびさんへのコメント返信で、突然S子を思い出しました。
S子。高校時代一番仲の良かったクラスメイトです。

何だか、気があいました。
コツコツ勉強するタイプで成績も良かったです。

家は、我々の税務署管轄区域で毎年、納税者トップに上がるお金持ちでした。
当時は、そういうこと新聞に載ったのですね。

私がS子んちってお金持ちやなあ、と思ったのは
彼女、月に一度、天満橋にできたマッチャカヤ(松坂屋デパート)の中の美容室に顔そりに行くんです。
「ナンデ、顔剃るのん?」
「だって、髭生えるやん」
「ふーん」
そんな会話を覚えています。

高3の冬休みを利用して車の教習所に行っていました。
卒業まじかになると、「お見合いするねん」と打ち明けてくれました。
秋の婚礼はすでに決まっていたようなものですから、進学は考えていなかったのでしょう。
でも、どうしても「OLさん」になりたくて、当時はカンパイ(関電)やNHKを押さえて就職したい企業ナンバーワンの会社に親のコネで就職しました。

Img_0880 Img_0875


四月生まれのS子は同級生の誰よりも早く19歳になり
秋にお嫁にいきました。

ほんの半年前まで、
先輩と交際しているK子ちゃんの「体験報告」をわーわーきゃーきゃー大騒ぎして聞いていた、私たち、いまの高校生から比べると、本当に子どもでした。
「えっ?なんでそんなことしはるのん?」
「えっ?そこからどうなるのん?」

そんな、仲間のS子がお嫁さんになるんです。

clover
婚礼は三日三晩続きました。
嫁入り道具は時間をかけて、長持ちのようなもので大勢の人に運ばれました
私は両手で持つのがやっとのおおきな宝石箱をしずしずと運びました。
先方の座敷に面した縁側がすべて解放されそれらが並べられました。
応接セットなどは夏用冬用と揃えられていました。
近所の大勢の人が見に来られました。

お色直しの度に友人がぞろぞろと花嫁の後に続きます。
それが何回も繰り返されます。
アチラの家とコチラの家でそれぞれ宴席が設けられていますので、新郎のほうの友人たちはお酒でへべれけになっていました。

clover

18歳(彼女は19歳)の私には色んなことが待ち受けていました。
振り返りたくない18.19歳 happy01
彼女はすぐにママになり
それぞれ歩く道が分かれて行きました。

clover

わたし、気障だけどS子の「悲しみ」を知っていたんです。
なんとなく・・・。

そうだったんだ。と数年前に聞きました。

・・・・
たぶんS子は私の事を好いてくれています。
そう思っています。わたし。^^
勿論私も大好きな友達です。
わたしたちここまでやって来たけど
最後はブイサインで締めくくろうぜ!とそう言いたいです。

電話しよ~っと。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« ピザを初めて食べた日 | トップページ | 三つ編みの三人組 »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

「彼女の悲しみ」なんだったのでしょうか、気になります。
小説になりそうだし、映像に残しておきたいような~~movie
嫁入り支度って財産分けの意味合いもあったのでしょうね。
「嫁入り行列・長持ち」分かる世代も少なくなりました。

投稿: 熱烈 | 2017年10月 5日 (木) 19時10分

結婚式のアルバイトやったことあるんですけど、たいてい新郎が泣くんです。昔みたいに家だの身分だのにとらわれてないし、新郎はたいていアホ面してたし…。花嫁はしたたかで^^;
三日三晩のお式なんて時代劇みたいですね。
田舎の叔父の結婚式で一晩かかったのを覚えてます。小学生だった私は花嫁さんの袖を持って歩く役でした。寒い日の夜、近所回りの最中に花嫁さんは風を引き熱を出して寝込んでしまいました。
広間で飲んで騒いでるお客様がうるさくて、よく眠れなかったし、多分おねしょしたと思います。親戚一同に笑われました><

投稿: ばんび | 2017年10月 5日 (木) 21時08分

baseball熱烈さんへ
あれは財産分けだったのですね。
家ももちろん用意してもらっていましたが荷物が入りきれなくて半分は夫の実家に置いてあると言っていました。(その後もっと大きな家を建てて貰いました)
着物などもどうしたのでしょうね。
花嫁衣装はウチラ友人が借り倒しました。
だからみんな同じ打掛の結婚写真持ってるんです、可笑しいでしょ。
「悲しみ」はナ・イ・ショです^^

baseballばんびさんへ
昔の婚礼風景ですね。
小さな男の子と女の子が介添え役で三人官女が持ってるようなものでお酒を注いでいました。ばんびさんアレだっったのね。
式場で挙げるようになってからも花嫁衣装で家を出たいという人が多かったのかな、子どもの頃はよくお嫁さんを見に行きましたもん。

投稿: おたま | 2017年10月 6日 (金) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピザを初めて食べた日 | トップページ | 三つ編みの三人組 »