« 仮歯クンさよなら | トップページ | ピザを初めて食べた日 »

2017年10月 3日 (火)

ここが一番



イソップ・田舎のネズミと町のネズミは

「そんな芋とかトウモロコシとかばっかり食っていないで、都会に来ちゃいなYO!」
と町のネズミに誘われた田舎ネズミが街へ行きます。
パンやチーズのご馳走に大喜びの田舎ネズミでしたが・・

昨日は夕方から出かけました。。

電車が梅田に到着すると、ホームは帰宅の人でいっぱい。
一日のお勤めご苦労様でした。

皆さん。誰に言われたわけでもないのに,お行儀よく並んで電車を待っておられます。
停車位置の印に先頭の人が立って次の人からは整列です。
二人分スペースだから二列縦隊。

おりこうさん
これが社会秩序なのね。

でも、はじめっからこんな風ではありませんでした。
40数年前なんて

「白線の内側にお並び下さい」
「黄色い線まで下がって二列にお並び下さい」
「降りる方が降りられましてからご乗車ください」
「押し合わずご乗車下さい」



・・・・・・・

子どもかっ!

私たち、電鉄会社に教育してもらって、こんなおりこうさんになったのね。

電車に乗ってからも指導は続きます。
「お荷物は膝か網棚の上に・・」
一人でも多くの方が座れますよう座席は譲り合ってお座りください

こんなこと言われなきゃできなかったのよ!私たち。

来るときの事ですが、ある駅から年配のちんまりした紳士が乗って来られました。
若者がちょっと腰をずらすと一人分のスペースができました。

「て~んきゅみ!」紳士は若者の顔を覗き込み、おっしゃいました。
若者はギクッ!としてそののち固まりました。

「Thank me」 だと思うんですよ。その「て~んきゅみ!」
なんで、「いえいえ」とか「なーも。なーも」とか、100歩譲って会釈だけでも返せないのかな。
電鉄会社にはここいらへんも、ご指導をお願いしたいものです。

Img_0672

大阪は日々変化をとげていますわね。
キタの女王と言われたこのワタクシが!
何処へ行くのも最短距離を熟知していたはずが!

地下鉄を二回乗り換えるのにウロウロ・オロオロ
都会では生きていけないわと痛感しました。

アタシ、田舎ネズミでいいわ。
ここが、一番安心安全。落ち着く。

音程のはずれたごみ収集車のオルゴールを聴きながら
熱いほうじ茶が旨いよ。としみじみ思ふ。

今朝のひととき。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 仮歯クンさよなら | トップページ | ピザを初めて食べた日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仮歯クンさよなら | トップページ | ピザを初めて食べた日 »