« 夢のカリフォルニア・California dreamin' | トップページ | 賢すぎて面倒くさい »

2017年8月25日 (金)

おそろしや生き人形



新聞のテレビ欄がチラリと目に入っただけだから
詳細はわからないんです。
でも、なぜかワクワクする。ドキドキしてしまう朝のワイドショー「ビビット」のタイトル

ナゾ拡大!? 消えた生き人形作家新たな証言続々

どうよ!
続々・・ぞくぞく・・ゾクゾク・・ワクワク

どないしはったんでしょ。生き人形作家さん
もしこれがただの「人形作家」だけだったらゾクゾクは半減する。

小学生のとき世にも怖ろしい本を読みました。
江戸川乱歩だったのでしょうか。明智探偵とか小林少年とか出てきたのでしょうか。そこらへんはうろ覚えです。

とても悪い人がおりまして、この人の趣味が「美少女集め」なんです。
美しい令嬢をさらって来ます(はい。令嬢です。原っぱでズロースのゴムにスカートを挟んでゴムとびをしているような野趣豊かな子ではありません)
それでもって、コレクションなんですから展示しておかねばなりません。
まるで生き人形のように・・・
その方法たるや・・・ああ。おそろしい。
小学生のワタクシ、何かをちびりそうになりましたわよ。

部屋の壁にコンクリートで塗り込むんです。
(小学生にこんな本読ませてはいけませんね)
工法(?)は分からないけど四方の壁に数体ずつ・・。
部屋の真ん中にすわって四方八方、令嬢たちを見て暮すという算段であります。
変わった趣味です(それ以前の問題やろ!)
最後の一人と言うところで明智探偵(たぶん)に捕まります。

同じく小学生のときですが、世にも怖ろしい映画をみました。
三本立て55円の東映映画です。
俳優さんは覚えていません。あくまでも「っぽい」ということです。

上田吉二郎or安倍九州男(っぽい)悪徳商人が山形勲(っぽい)お殿様に貢物をいたします。
等身大のでっかい箱です。
中をあけますとなななんと・・・
田代百合子or長谷川裕見子(っぽい)お人形です。生きてます。
生き人形です。忖度です。

このあとのお人形の運命は知りません。子どもなりに、あらぬ想像はしましたが、たぶん覆面ヒーローが馬に乗って助けに来たものと思われます。
それにしてももし自分が梱包されてお城に運ばれたら・・と思うと(んなわけないやろ。とおもいながらも)恐ろしかったです。

ワイドショーの見出しからの
「生き人形」にまつわる怖ろしい思い出二つでした。

それにしても「生き人形作家さん」どないしはったんでしょうね
事件に巻き込まれておられなければいいのですが。

とりあえず、今日は「ヨカちゃん人形」を作って下さったK子さん(84歳)にお目に掛かることになっています。
あの方はご無事です。たぶん。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 夢のカリフォルニア・California dreamin' | トップページ | 賢すぎて面倒くさい »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

人形作家にならなくて良かったと思ふ今日この頃。岐阜だったかの仕掛け人形芝居に出てくる人形、衣装を剥ぐと胸に「命」と書いてありました。気色悪ぅ~~( ̄Д ̄;;
市松人形も、よく怪談話に出てくるので嫌いです。祖母から目鼻のあるものは供養してから捨てなきゃいかんと言われたけど、うちの人形たちはとっとと廃棄処分しちゃってました。

投稿: ばんび | 2017年8月25日 (金) 09時26分

ばんびさんへ

お人形どうされるのかなあって思っていました。そうなんですか。

人形でも、ぬいぐるみでも、目鼻のあるものは半紙でもなんでもいいから「目隠し」して捨てなさい。と、骨董屋のおっちゃんに教えてもらいました。
どうなんでしょね。

投稿: おたま | 2017年8月25日 (金) 23時08分

あの人形作家さんの作る人形
クオリティー高かったよね~
少し「銭、金」が絡んでるぽいけど
それであのおメメの人形 欲しいわぁ~

案外 自分が人形になってたりして・・・
や、怖い!

投稿: 海子 | 2017年8月26日 (土) 09時40分

海子さんへ
なあんだ。金銭がらみかあ・・。
生の令嬢を人形にした容疑かとドキドキしてたのに、がっかり。
興味半減。なにを期待していたんだか
話変わり、「金鳥少年」をご存じですか?
大沢君と高山さんの「夏物語」です。
シュールでっせ。

投稿: おたま | 2017年8月26日 (土) 15時27分

↑ 「金鳥少年」ラヂオで聞いてます。
ちょっと怖い時がありますね。

投稿: ばんび | 2017年8月27日 (日) 22時17分

ばんびさんへ
今年の大沢君は声が少し太くなり大人になりました。ワクワク。
高山さんに翻弄されるだけではないところを見せてもらいたいです。
「ねえ。大沢君」「何?高山さん」が耳について離れません。
奈良と三重の県境であると勝手に想像しています。根拠はありませんが・・。

投稿: おたま | 2017年8月27日 (日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢のカリフォルニア・California dreamin' | トップページ | 賢すぎて面倒くさい »