« 寒村の恋・「老いを照らす」瀬戸内寂聴より | トップページ | おそろしや生き人形 »

2017年8月22日 (火)

夢のカリフォルニア・California dreamin'



アメリカに行ったことが無いもので、アメリカの地理がよくわからない。
デカイ国だということは分かる。
アメリカが切られ与三郎なら、日本列島なんて頬っぺたの傷くらいか?

夢のカリフォルニア(California dreamin') 1965
は、60年代ポップスというより、フォークロック。
我ら”ドンジャラホイ”のメンバーが深夜ラジオにかじりついていた中・高校生時代に流行った曲である。

曲の内容でございますが
何言うてはるのか、さっぱりわかりません。

ここ、むっさ寒いわ。
そんな冬の日(on such a winter's day)に散歩してます。
もしロサンゼルスやったら、暖かくて安全やろなあ・・
カリフォルニアを夢見てる。そんな冬の日

       わからん

「ここ」ってどこ?
LAでもカリフォルニアでもなさそう。
寒かったら散歩はおやめ。
この人、寒さに耐えかねて、この後教会に入りますねん
(stop in a church    I passed along the wway)
ここの人(聖職者)は寒いのが好きなんやなあ
(you know the preacher liked the cold)

などとつぶやきながら・・・

さらに

もし、彼女に告ってなければ(if I didn't tell her)
今日にでも(ここを)立ち去るのに(I could leave today)

「彼女に告って自爆」?辛い事情があるのね。
背景が読めないわ・・・

今更ながらにアメリカの地理を勉強していないことが悔やまれますよ。
カリフォルニアってオレンジで有名だから暖かいところなのよね。
底抜けに明るいイメージがあります。

ロスアンゼルスは(私だけかもわかんないけど)娯楽の都市と言う感じ。
きっと、この人もそう言ってはるから「安全」なんだ。そして暖かい。

ちなみに、サンフランシスコは学研・文化の街。
この曲が作られた時代はベトナム戦争を背景に平和運動の中心となったところで
フォークロックやヒッピー文化が世界に向けて発信されます。

そっか。「ここ」はサンフランシスコなんや!
きっと、サンフランシスコってむっさ、寒いところなんや・・

そう勝手に決定しよう。

と、その前にこの曲をウィキペディアで調べたら・・
駆け落ちした二人がNY/ニューヨークで作った。とありました。
そこって。寒い?

もう、よくわかんないけど、

十月のヘッチバルfestivalに向けて猛練習中。

(追記)
ネイティブ男子が、「ストップStopの"O"ですがね。”お”ではなく、”おとあの間”だとおもうんですよね。彼ら(パパス&ママス)はアメリカ人だから、ここイギリス式だったらおかしいでしょ。トランプ氏もきのう「すたっぷ」って発音してました。」

と。おっしゃいます。

 どうでもエエがな。
それより、歌を覚えなはれ!「木より森や!」


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 寒村の恋・「老いを照らす」瀬戸内寂聴より | トップページ | おそろしや生き人形 »

ボーカルレッスン」カテゴリの記事

コメント

サッチャウィラーデイ♪
 (サッチャーウィラーデー)
ちゅうてハモってましたわい。

その後はなんやったっけ?

投稿: NANTEI | 2017年8月22日 (火) 12時11分

NANTIさんへ
オザリザブラー♪ですわ
この曲、「楽勝や」と思っていましたが
耳で覚えた曲って、滅茶苦茶な音程で身に付いているのですね。
兄ちゃんは、ちゃんと譜面通りに正しく歌うのね。きっと。うん。

投稿: おたま | 2017年8月22日 (火) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寒村の恋・「老いを照らす」瀬戸内寂聴より | トップページ | おそろしや生き人形 »