« 夏子さんの夏 | トップページ | 夢のカリフォルニア・California dreamin' »

2017年8月19日 (土)

寒村の恋・「老いを照らす」瀬戸内寂聴より



「読む?」と言って友人が置いて行った本。
瀬戸内寂聴著「老いを照らす」

坊さんの説教かぁ。
「老い」や「死」に関するテーマかぁ。
と、積ん読カテゴリーにあったのを、この盆休み、ちびっこから逃れるため早めに自室にこもることが多く、たまたまベッドの中で開いてみた。

瀬戸内寂聴(晴美)の文章は簡潔で読みやすい。
頭のいい人は無駄口をきかない。易しい言葉で深く伝える。
この人の小説より、評伝物が好きだ。上手いと思う。
本の中に、大杉栄とその周辺の人物について書き続けていたとある。
「美は乱調にあり」「諧調は偽りなり」・・・
私が20歳前後に読みまくっていたものだ。

余談だが、後年、大杉栄と伊藤野枝の遺児であるルイズさんにお目に掛かったことがある。美しい目の人だった。物ごころ付いたころからずっと公安が貼りついていたことなどを静かに話された。
(当時のミーハー気分を思い出し今深く反省している)

話を戻す。
元気の良い内容に軽く読み進んだ本の最後の最後で、ページをめくる手を止めてしまった。

懐かしさで鼻の奥がツーンとした。

そこには多彩に交誼を結んだ人の一人として、荒畑寒村が登場し「寒村90歳の恋」のエピソードが書かれていた。
90歳の時40歳の女性に恋をし原稿用紙20枚の恋文を一日三度送り
彼女と行きたいために90歳にしてアルプス登山を敢行する。

貴女(瀬戸内)が僧侶だから話せるのだと泣きながら彼女への思いを打ち明けられた。
とある。

Dsc02601

もう四半世紀以上も前の事だが、半年ばかりの間、ある社会運動家の事務所兼住居に出入りしたことがある。御本人は1980年ごろに亡くなっておられたが、そこは、時代がまるで1960年代で止まっているかのような雰囲気で、教科書や本でしか知らない(ミーハーの私にとってはワクワクするような)事柄が濃密に詰まっていた。

荒畑寒村の染筆が掛けてあった。
「わ!アラハタカンソン!」

実はそのとき、長年その方の秘書のような事をされていた女性から件の「寒村の恋」の話を聞いたのだった。

彼女は「お使い」で度々、東京の寒村先生を訪ねた。
ある時先生から相談をされる。「一人の女性を好きになったのだが、どうしたらいいか。思いを打ち明けたいが、もし嫌われたらどうすれば・・」というまるで少年の悩みである。
本に登場する「恋」のことである。

寂聴さんによると「貴女が僧侶だから・・」とおっしゃったと言うが、寒村先生は年に数度しか会わない顔見知りの若い(当時30代)女性にもあふれる思いを打ち明けておられる。

彼女のその時の回答は「言っちゃえ!言っちゃえ!」だったそうだ。

「老いてなお、熱烈な恋に身を焦がすその姿には、「恋と革命」の時代を生き抜いてこられた革命家の気骨、パワーを感じました」(老いを照らす)

彼女も全く同じ感想を言っておられた。加えて「あんなにピュアで魅力的な人を知らない」と。
本の中では触れていないが、お相手の女性の情報も少しお聞きした。

思いがけない時に思いがけないことで記憶の扉が開く。
私の30代終わりから40代の始め。
何でも知りたがりで、キョロキョロしていたあの頃。
吸収できたのか実になったのかそれは疑問ではあるが
何だか、楽しくていきいきしてたぞ。じぶん。
と思ふ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 夏子さんの夏 | トップページ | 夢のカリフォルニア・California dreamin' »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏子さんの夏 | トップページ | 夢のカリフォルニア・California dreamin' »