« 私が95歳になっても・・ | トップページ | 大人の遠足・夜version »

2017年6月28日 (水)

高原のお嬢さん


baseballbaseball


青春はスローモーションでやって来る。

きゃはは・・待って~アキラさ~ん・・・
はははは。こっち、こっちだよマサコちゃ~ん。

牧場の柵までやってきた二人
ゼーゼーハーハー互いの顔を見合わせてニッコリ。

走って来たお嬢さんは冒険家になる前の和泉雅子ちゃん
白いセーターにつぶらな瞳・・

今じゃ走ろうと思っても簡単には走れない。きっと。
人の事は笑えないわ。

・・・・

「高原のお嬢さん」heart04
この映画を見たわけではないけど
澄んだ空気・白樺・白い柵・自転車・ボート・・。

そして幸せな二人の影で泣く男カズオ(舟木一夫)

note僕の恋は消えてしまった~リーフリーフ
(あ。リーフって葉っぱのことよね)

「高原」・・・・懐かしい響きだわ。
そう思うのは昭和歌謡青春映画のせいかもしれない。

Dsc06928
去年行った森の中の美術館

Dsc06917

那須高原にある
藤城清治美術館です

Dsc06921


玄関までのアプローチ
色んな動物が案内してくれます

Dsc06920_2

メルヘンやわ。
高原のお嬢さん。こういうところがお好きね。きっと。

Dsc06927

ここが玄関の自動扉です。

あとは入場料を払って、各自でご覧になってね。

clover

clover

そんなわけで、今年の夏も「高原」へ行きたいと思っちょるわけです。

那須高原か・・・ちょっと遠い・・

「ほととぎす合宿一日目のカレー」 おたま

こんな昔もあったっけ。

・・・・・・・・・

合宿ではお嬢さん気分は味わえないな。
やはりベッソーだわね。

だれかプレゼントしてくれないかな・・高原の別荘一棟。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 私が95歳になっても・・ | トップページ | 大人の遠足・夜version »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私が95歳になっても・・ | トップページ | 大人の遠足・夜version »