« 父親参観日 | トップページ | あいつ今何してる? »

2017年6月13日 (火)

ゆりかごのうえに揺れる


baseballbaseball


似ているけれど・・・

Dsc06712_2
ではない・・・。

clover

コチラ・・・(以下画像はウィッキペディアよりお借りしました

Photo    
(大好きheart04)   イチジク                               
でもない・・

Photo_2

さいな!
「枇杷(ビワ」

clover

枇杷のは仲冬の季語で、どことなく寂しげなたたずまいが魅力です。
おたま作、昔の句。

 「開け閉ての難き雨戸や枇杷の花」

 「花枇杷や慰めに行き励まさる」

ひっそりとつつましく冬に咲く花が「実」になるのが今の時期なのです。
ちょっと!奥様。
実になるまで、時間がかかり過ぎってお思いになりません?

そうそう。「花」ではなくて「実」の方を今は考えなければいけません。
来週の兼題ですねん
俳句では「枇杷」だけだと「実」の事になるようです。

clover

例句を抽いて「枇杷」を考えてみる。
そして、チャート化してみる。
事実を論理で結びつけると新たな発見がある。
俳句は発見だよ。科学だよ。(ああ。訳ワカラン)

黄色い実・明るい。可愛い。甘い。瑞々しい。
種・大きい。黒い。思いがけない。
皮・薄い。剥き方。剥いた後。
そして・・・懐かしさ。寂しさ。つつましやか。

「枇杷」の本意が見えてくる(ような気がする)

 「癒えて旅せんと枇杷をすする兄」 鈴木公二

 「遠き日の屋根に兄をり枇杷青実」 小檜山繁子

 「枇杷並ぶ店の庇の雨雫」 ※

 「びわすする妻をみてをり共に生きん」 ※

 「びわ熟れて釘とか父とかぼろぼろに」 ※

(※は作者不明です)

clover

あたし?おたまちゃん?はい。作りましたよふたつみつ。
ちょっと出す勇気はないけど(いまさら何を!)

   「枇杷熟るる犬とゐた日々遠かりし」 おたま

はらほろひれはれ。
いいもん。時間はまだある。がんばるもん。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 父親参観日 | トップページ | あいつ今何してる? »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 父親参観日 | トップページ | あいつ今何してる? »