« 子どもにきつくない?絵本編 | トップページ | 法事はちょっちブルー »

2017年4月29日 (土)

来世でお会いしましょう


baseballbaseball


早急に必要なわけではないが、前から欲しいものがあり
気に入ったものが見つかったら買おうと思っていた。

大阪へ出たついでに卸売りの商店街を歩いた。
友人と二人店内にはいろうとしたとき、入り口に立っていた店主らしき人が「あーっ」と小さく声をあげ続いて「えーっと。顔・・・・」と言って自分の顔に両手を当て押し付けるようなしぐさをした。

「私の事知っていますよね」
「どこかでお会いしたことありますよね」

先に店内に入った友人のことか?私か?という意味で彼女?私?と指を指した。
私だという。

友人が振り向いて「それは女性へのアプローチの常套手段よ」と笑いながら言った。
しかし店主はかなり真剣で自分の記憶を手繰り寄せるような眼をした。

「この店に来られたことありますね」
「NO」
「店の前を通ったのかなその時、おみかけしたのかな」
「ここに来るのは10年振りです」

「前世で会ってるのかもしれませんね」
冗談めかして言ったのにその人は真面目に「そうかもしれません」と言った。
不思議な気持ちがしてお互いの顔をみた。

男性とこんなに見つめ合ったのは、もう何十年ぶりの事。
同年代だと思うけど、オジサンにしては珍しく非常に清潔感のある人だった。

やっぱりわからない・・

clover

ガレ風の卓上ランプがずらりと並んでいた。
西洋アンティーク。特にガレは退廃的な香りがしませんか。
見ている分には美しいと思うけど・・。

私が探していたのはシンプルでどこか懐かしいシェードのついた卓上スタンド。
ベッドサイドに置きたかった。今使っているのはソファーを買ったときに家具屋さんがサービスでくれたもので、もう長いこと使っているがお洒落すぎて落ち着かない。

一つの商品を見ていたら「気に入ったのがあればアドヴァイスさせていただきますよ」と言って店主が近づいてきた。
「胴が陶器なんです」指ではじくと心地よい音がした。
「これいいですよ・・・」
私もそう思った。きっとどんどん好きになる気がした。

お店の人に梱包してもらい会計をしてもらっているあいだも、店主は不思議そうに首を傾げていた。

「じゃあ来世で・・」
「そうですね」

と言って店をあとにした。

clover

友人が「あの人、本当におたまちゃんに会ったと思ってはったみたいやね」
「たまに電車なんかで”懐かしい・・”と感じる人に会う事あるよね」

彼女は「人間は何回も生まれ変わる。だから男だったときもある」と言って女人結界なんか平気で破ってる(数メートルだけど)人なのでとっても楽しそう。

前世を覚えていたらいいんだけどね。
ま。それもややこしい話やな。

P


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 子どもにきつくない?絵本編 | トップページ | 法事はちょっちブルー »

不思議話」カテゴリの記事

コメント

素敵な朝が迎えられそうな
おしゃれなベッドサイドですね。
陶器のフォルムがとっても綺麗です。

素敵な出会いがあって良かったですね。
来世で会いたい人がいるなんてロマンチック~notes

投稿: kimi | 2017年4月30日 (日) 08時46分

baseballkimiさんへ
形が絶妙でしょ?色も深い紺のところなどすごくきれいなんですよ。良い出会いでした。
スタンドのほうね。

他生の縁。
私がキョンキョンを他人とは思えないような感じなのねきっと。まあキョンキョンは可愛すぎるからなんだけど・・

今月松竹座行きますyogood

投稿: おたま | 2017年5月 1日 (月) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子どもにきつくない?絵本編 | トップページ | 法事はちょっちブルー »