« 和太鼓が始まらない | トップページ | 夢がいっぱいヨカちゃんの未来 »

2017年3月27日 (月)

太鼓にまつわるなにやかや


baseballbaseball


まだ、太鼓を引きずっているんですけどね。

別に太鼓が好きなわけではないんです。
(「ブリキの太鼓」っていい映画がありましたね。関係ないけど。)
つーか。おへその辺りがくすぐったい(早い話。藁蹴る)和太鼓コンサート。

なんで「ふんどし」やねんって思ふ。
博多ではふんどしの事を「へこ」っていうのですよ。
「青竹割ってへこばかく」かくとは締めるということです。
青竹のふんどしってごわついてるやろな。
博多の男はそれが出来るってことです。イェイscissors
別に無理しなくてもエエのよ。へこが晒し木綿でも貴方の値打ちは下がりません。

clover

今回、太鼓のコンサートに誘ってもらって色んなことを知りました。
あれって、映画「無法松の一生」がヒントになってるんですって!
「あれ」というのは

  後ろ向きに(背中を見せて)太鼓をたたくスタイル。

何で、客に尻むけるねん!と思っていましたわ。
そういふ事らしいです。

阪妻です。男純情です。小倉生まれで玄海育ちです。
美しき未亡人。荒くれ男が嫌いでは御座いませんわ・・
遠慮なさらないで・・・
(おたまちゃん。妄想が暴走ちう)

clover

実はエミリーはアタクシの誕生日プレゼントにチケットを取ってくれていたようなのです。
コンサートが数か月先という事を考えずにね。
間が抜けるとはこういう事だわね。アタシとっくに強制的に鰻丼をご馳走させた後です。
だからチケット代はお支払いしました(以上。内部事情)

で。なぜ「太鼓」だったのかといいますと
話せば長いのでザックリ申しますと

Dsc03722

一年前、東京で太鼓にやられましたの

う~ん。何と言えばよいのでしょう。不思議体験happy01
(やっぱりまたの機会。時間のある時にします)
ごめんなさいねもったいぶってるようで・・ちょっと説明しにくい。
そんな話をエミリーにしたので・・太鼓の機会をという事だったのだとおもいます。

太鼓にやられてむっさ元気になって東京から帰ってきました。
あれから一年です。早いわねえ・・。

一年前の東京行きの時の俳句。

のぞみ号鞄の中に青林檎

病室の窓に手を振る樟若葉

青葉雨ベイブリッジに灯の殖えし

丈六のお顔の揺らぎ春灯


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 和太鼓が始まらない | トップページ | 夢がいっぱいヨカちゃんの未来 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和太鼓が始まらない | トップページ | 夢がいっぱいヨカちゃんの未来 »