« おめでとうございまシタッ! | トップページ | 我が家のお正月でシタッ! »

2017年1月11日 (水)

カレンダーガール・CalendarGirl


baseballbaseball


若き日のまだ「こたま」だったころの「おたま」に、
Mさんという7歳年上の先輩が、おっしゃいました。

「おたまちゃん。恋愛するんなら明るい気持ちになれる恋愛をしなさいねっ」


Mさん。なんか重いものを抱えてはったんやろか・・
なにしろ「こたま」だっだのでよくわかりませんでしたが

・・・・・・・・

note note note

ハ~イ。恋愛なんぞから遙か遠くに来たもんだ!の中高年の皆様。おげんこ?
2017年度、第一発(曲)目のレッスン曲はコレ。
ニールセダカが1960年にヒットさせた、ノ~天気なこんな曲からスタートです。

note好き 好き 好き カレンダーガール
イエイ!僕の素敵な カレンダーガール
一年中 いつも一緒さ! 
heart04

自分の恋人をカレンダーのピンナップモデルに見立ててるねんね。
Every day、 Every day 、Of the year
年がら年中、一緒だぜぃ up

Yeah Yeah my heart’s in a while
イエー イエー 僕は有頂天さ
好き好き好き 僕のカレンダーガールup

heart

それにしても’50~’60年代のロックンロールはいいですね。
非常に単純。とことん明るいsunsunsun



これを時代の空気というのでせう。
あのころのUSAは明るかったよ・・って親から聞いた話だけどね。

ヒット当時、ニールセダカは21歳。
この曲の前後にキャロルキングに捧げた「おおキャロル」や「恋の片道切符」をヒットさせています。(恋の片道切符はボーカルレッスンの初期にやりましたよん)

カレンダーガール。
心ウキウキわくわくnote調子よく乗ってsnowboard歌えばエエようなものやけど、そこにたどり着くのが大変なんですからも~。
日本人特有のリズム感からの脱却にもがき苦しむウチらドンジャラホイ。でございます。
英語の発音は「空耳」でごまかせても、リズム感はほんまに「持って生まれたモノ」のように思います。しみじみ。

note

歌詞にThey’d let me take you to the junior prom
というのがありまして、この「junior prom」が判らなかったんですわ。

高校のダンスパーティらしいです。
げ!こいつら高校生やったんかい!

6月にダンパがあるのね、それで5月には君のパパとママに頼んでみるよ。君を誘えるようにね・・・という内容です。可愛いわね。
9月には君の16歳の誕生日を祝おう・・だってさ。うふ。

いいわね。こんな頃に戻ってみたいわ・・


と夢見ながら合計年齢500歳くらいで歌っておりますのよ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の最後のレッスン曲だった「ラストクリスマス」
何とか猛練習で仕上げまして年明けの持ち越しは免れました。
ワム!のジョージ・マイケルが奇しくも2016・12・25に死去されて、我々にとっても印象的な一曲になりました。「風呂で屁」なんて言ってゴメンネ。上手く歌えるようになったのでとても好きになりました。ほんまです。ご冥福をお祈りします。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« おめでとうございまシタッ! | トップページ | 我が家のお正月でシタッ! »

ボーカルレッスン」カテゴリの記事

コメント

なーんとなく覚えてます。
風呂でXのほうも…
あの記事の直後に亡くなったんでびっくりこきましたcoldsweats02
風呂です。ギフが一晩中浴槽にいたらしい
幸い?水は抜けてて溺れてはいませんでしたが、
低体温で救急搬送。
不死身なのでまだ生きております^^;

投稿: ばんび | 2017年1月11日 (水) 12時54分

baseballばんびさんへ
それは大ごとではありませんか・・
義父さまよくぞ御無事で・・
あたしも風呂で爆睡するから気をつけなくっちゃ!救急隊にただでヌードをみせるわけにはイカン!ってそんな問題か?

投稿: おたま | 2017年1月12日 (木) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おめでとうございまシタッ! | トップページ | 我が家のお正月でシタッ! »