« イタリアンリヴィエラ⑪健さんの愛した港町 | トップページ | イタリアンリヴィエラ⑬世界遺産の漁村 »

2016年11月14日 (月)

イタリアンリヴィエラ⑫おたまポルトフィーノに果つ?



Dsc07319

宴の後の寂しさから逃れるように「男・高倉健」が訪ねた街

 

いやいやいや。この賑わいじゃねえ・・。
おちおち港に佇んでなんかいられやしませんわ。

さすがセレブが集まる街。世界で一番小さなLouis Vuittonの店なんかがある。
この日はあいにく棚卸で閉店です。
残念だったわ・・って用事はないけどね。
Dsc07311

 

フェラガモは開いていました。
用事がないので未入店。

 

ほんとに小さな小さな街なんです。
中心の広場から伸びた通りは4本しかありません。
それも端から端まで歩いて3分

海の見える教会に寄ってから遊歩道を散策して灯台へ行きました。
Dsc07327
こんな雰囲気のある遊歩道を上ったり下りたり

 

Dsc07323お金持ちっぽいお家。
著名人ね。きっと。

 

Dsc07326ここは
ドルチェ&ガッバーナのお館です。

 

ピンポンダッシュ?

 

するわけないでしょ!

 

Dsc07328
灯台に到着しました。
険しい断崖とリヴィエラ海岸の紺碧の海がパノラマで見渡せます。
遊歩道の突き当りはジェラートのお店です。


ここらへんから、アチクシの身に異変が・・
ジェラートを食べた。冷たくておいしかった。
それは覚えてるの。

帰り道。遊歩道の後ろを歩いていた仲間が「どうした?おたまちゃん。寒いの?」と言った。

フェリーに乗ってサンタマルゲリータリグレのホテルに戻り、この日のディナーは港沿いのレストランに行くことになっていたのです。
それまでに3時間くらいあるから、みんな思い思いに散歩したり、お買い物したり・・・
なのに・・
この数日、葛根湯でだましだまししていたけど。もう「限界」だと思い
パブロンSを3錠飲んでお布団かぶって寝ました。
同衾中のタニモッチャンも「あたしもシエスタだ」とお出かけしなかったらしい。

で。お食事に行く時間になったけど、「無理」とおもい・・
そのとき「今日は海の幸料理で、パスタはエビとズッキーニ」ってわかっていたけど、パスしました。(あたしにとっては余程のことです)

お部屋にお湯と器とスプーンを運んでもらい、持参していた「大人の玄米雑炊・わさび味」を食べる(お薬飲まなきゃいけないのでね)
またまた、パブロンSを3錠飲んで布団をかぶる。

夜中に自分の咳で目を覚ましたら、タニモッチャンがスペアのブランケットを一枚掛けてくれていました。

いやん!明日からどうなるの~~~

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« イタリアンリヴィエラ⑪健さんの愛した港町 | トップページ | イタリアンリヴィエラ⑬世界遺産の漁村 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イタリアンリヴィエラ⑪健さんの愛した港町 | トップページ | イタリアンリヴィエラ⑬世界遺産の漁村 »