« 93歳 | トップページ | 87歳 »

2016年11月29日 (火)

垣根もアタシも曲がり角


baseballbaseball


よその旦那さんの夢を見ていました。
いけない未亡人・・・scissors

Dsc05942
朝、ゴミを出しに行くと
伸び放題だった我が家の生垣が
    なんということでしょう。
美しく刈り込まれているではあ~~りませんか。
   夢みたい! (夢や!っちゅうねん)


え~ウソウソウッソ~
heart04と、可愛いお口をとがらせるおたまちゃんであります。
そこへご近所夫人Aさんが登場。
例の(ってご存知ないわね)ビブラートの掛かったソプラノで
「山本さん(仮名)のご主人様が刈っておられたわよ」って教えてくれる。

え?なんで?なんで?山本さんのご主人が・・?

山本ご主人に最後に会ったのは15年くらい前。
(ご近所でも滅多に顔を合わせないものです)
隣に奥さんがいないとどなたの旦那様か不明!程度の知合いです。

動物に例えたらヒグマ。乗り物に例えたら農耕用トラクターみたいな・・
頑丈で実用的なお方(イメージです)。

遠く山本家の方向に目をやれば今まさに、ヒグマがちり取りとほうきを持って家の中に入って行かれるところでありました。

訳が分かりません。
山本さんってエエ人なんや~~
って夢の中で感動しています。

sleepy sleepy sleepy

気になっていたんです。生垣・・(←リアルの話ね)
夢に見るほど気にしてたのね・・・

こんなときひっちゃんがいてくれたら・・・sweat02
缶ビール2本で働いてくれるのに・・・・

   つ・・・つらいわ・・未亡人って・・

よそのご主人さま。
しかも15年も顔を合わせていない人を頼るなんて・・
夢から覚めて泣きました。号泣です(ウソやで)
しっかりするんだ!おたま!

キリッshine ガタッ!(涙を拭いて椅子から立ち上がった音)

clover

この夢には後日談があって、夢の事はすっかり忘れていた4・5日後。
バッタリ出会ったんです。ヒグマに。
たまたま、山本家の前を通りかかったら白い車が止まって
車から降りてガレージをあけるのはまさか泥棒ではあるまい。
しかし記憶の中にあるヒグマではない。
なんかね、しぼんではる。しょぼんとしてはる。空気、抜けてはる。
経年劣化も甚だしい頭部の寂しくなったクタクタのクマのぬいぐるみ・・

って、あーたねえ。いくらブログだからってそこまで言う?
夢とは言え、あんなに親切にしてもらったのに・・

思わず深々とお辞儀をしましたよ。
「先日はお世話になりましたっ!」ってこれは言わない方がいいね。ただでさえ満面の笑みを浮かべてるから怪訝そうな顔してはった・・ははは。
変なおばさん。と思われたらいやだな。

でも勝手に人の夢に出てくる向こうが悪いんじゃない?

clover

平凡氏がやってきたので生垣を刈ってくれるように頼みました。
「ちょっと、間が空いたな」
「おかげでやまもっさんのおっちゃんの夢見たわannoy

訳の分からないことを突然言い出す母には慣れっこなので完全スルーです。

「この生垣抜いてもらおうと思うねん・・」
これは半分、本気。
夫のあと平凡氏がよく手入れをしてくれました。12年です。

「樹勢も衰えてるしな・・」
そんなに素直に同意されるとなんだか複雑。

どないやねん。アタシ。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 93歳 | トップページ | 87歳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 93歳 | トップページ | 87歳 »